暁瑞樹のブロマガ

ああっ厄神さまっ あとがき&最終話の軽いコメ返信

2015/05/17 11:26 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 幻想入りシリーズ
  • 現代入りシリーズ
  • 鍵山雛
※最終話を未視聴の方はネタバレが含まれてますのでお気をつけ下さい。

今回で『ああっ厄神さまっ』は無事に完結しました。
一話からリアルタイムで視聴して頂いた方、途中から追いかけて頂いた方、たくさんの御視聴、コメントありがとうございました。



初投稿から約2ヶ月、全十二話(13動画)にて完結となりました。
以前にもブロマガで書きましたが、ノリと勢いだけで第一話を作って投稿したところ、短期間で今まで見た事もない再生回数になってました。
恐らく、九割くらいは『タイトル』『サムネ』のおかげだと思います。

今回、初めてカテゴリの『東方』を付けてみましたが、ランキングに自分の作品が載ってるの見ると嬉しいですね。

動画製作を見返してみて、全十二話と言う話数は自分にしてはかなり多めの方だと思います。
熱しやすく冷めやすい性格なので、ダラダラと長く続けてそのまま『フェードアウト』しないように、大抵は5~6話くらいで完結するようにいつもは作ってました。

今回も、邂逅編(後付)、日常編と区切りはやはり6話程度で入れましたが、動画製作はおおよそ継続的にしてました。

一度、手を離すと作らなくなると思うので、投稿期間が短い(平均4日くらいですかね)のもその辺りを危惧してるせいでしょうね。

今まで以上に何も考えず始めた今作品ですが、何とか形になって完結まで漕ぎ着けられたのは、視聴者さんのおかげだと常々感じてます。

毎度、コメントからネタを貰っている私ですが、今回の作品に至っては物語の『核』とも言える強制力の仕様をコメントから丸パクリする参考にさせて頂きました。

それ以外にも毎回投稿するたびに、コメントからネタを貰ったり、指摘などがあれば次回に生かして行ったりと大変助かりました。

『望月灯』ちゃんもそんなコメントから生まれたキャラの一人で、当初は「娘もいるよ」程度のつもりで文面に入れてただけでした。

一話にて、とりあえず入れていた伏線の回収もいくつかは出来ないままの完結となりましたが、私本人としては物語を作る上で最大の目標である『ハッピーエンド』で締め括る事は出来たと思います。まぁ、あくまで私の中ではですが…。

ラストシーンで、心楼が描き掛けていた絵は自作ですが10歳くらいの子が描く絵と言うのは難しいですね。



過去作で描いたクレヨン画とはまた一味違う難しさがありました。

最後になりましたが、作品を作る上で切っても切れないのが『素材』です。
背景、立ち絵、BGM、効果音等々、全て自作出来れば一番良いかと思いますが、時間もなければ技術もない、でも物語は作りたい。
そんな想いを叶えてくれている素材提供者の方々には本当に感謝しています。

今回の動画の主となる立ち絵をお借りしたdairiさん。
第一話から最終話まで皆勤で使用させて頂いたBGMをお借りしたふみ切さん。
その他、ニコニコモンズにて様々な素材を提供して下さっている方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

ここからは、最終話の軽いコメント返信をしていきたいと思います。

・まぁ、あの状況じゃああしちゃうわなぁ…
・雛を庇って前に出た為に斬られたと言う衝撃の事実でしたね。製作裏話的なものになりますが最初に11話が完成した時には、もう少しヘビーな内容だったのですが私自身がチェックしながら読み返していて耐えられなくなったので、かなりソフトになりました。

・そういや俺たち長いこと神主サン見てないなぁ
・最終話後編で、神主さんが登場する場面はこちらのコメントを見て作りました。あと余談ですが、ラストの心楼ちゃんの絵に神主さんがいないのは、別に省られてる訳ではないのでご安心を。

・「厄」神としてはさよならで単なる「女神」になるとか?
・はい、九割方正解でした。このコメント見た瞬間「あ、もうバレてらw」って思いました。

・諏訪子様と神奈子様のやった事には、意味があったんですね♪
・自分達がシステムを破壊したせいで、自分達が犯した罪がばれましたがそれも含め強制力のせいであり、結果的にこの事が長く続いた雛の苦難の日々を終わらせるキッカケとなりましたね。

・幸せな終わり方を、切に願おう
「大丈夫!暁瑞樹の現代入りだよ!」
基本、ハッピーエンド以外は作らないので安心して下さい。今回のコメ返でも言ってるように自分が作ったものを読み返して耐えられなくなって、内容を変えちゃうくらいですのでw

・いよいよ最終回か…嬉しさと寂しさが込みあげてくるな 他、多数のうぽつ
・毎回、多数の「うぽつ」や「おつかれさま」コメントありがとうございます。ひとつの「うぽつ」を見るだけで、10話くらい作れる意欲が湧きます。

・何と言うイケメン、ここでウダウダウジウジ何十話費やすのが…以下略
・一応、主人公のモデルが本家の螢一なので、彼の性格なら相手を信じて即答するだろうなと言う事で。決して尺の都合ではありませんよ?

・嘘でしょwwwwさっきの期待を返せwww 他、神主さん関連コメ
・どなたかがタグも付けてくれていましたが、ネタを挟まないと死んじゃうんです。…と、言うかシリアス(ぽい)シーンは苦手なんです。

・ゆかちゃんかわいいよゆかちゃん
・ゆかりん大好きです。因みにゆかりんと雛は同期入社でゆかりんは管理側のトップ(室長)で、雛は営業側のトップ(一級神)です。能力的には神奈子や諏訪子の方が強い部分もありますが、勤務態度や営業成績など諸々の査定も兼ねてあの二人は二級神と言う位置づけです。

・少しなの?www少しかよwww 他、足ブレーキコメ全般
・一応、足ブレーキくるくる回るのは雛の得意技と言う事で、今後も使えます。ただ、足ブレーキをする時は多少なりとも「女神の力」を使っていたので、少し辛いと言う事になってます。

・おお、やっぱり暁瑞樹さんの作品は絵が印象的だなぁ
・今回も絵心のない稚拙な一枚絵ですが、気に入って頂けたなら幸いです。この物語の主役は雛と晟ですが、心楼の存在が二人を長い苦難から救うキッカケとなった事は間違いありません。心楼は両親を亡くしていますが、晟と雛がその役割を担っているという意味でも『家族の絵』を描きたいなと思って描いてみました。…はい、そこ!神主さん涙目!とか言わない。

・暁瑞樹の提供でお送りしました
・無料広告チケットが届いてたので、最終話だし良いかーって、自分で広告しちゃいましたw
本当は心楼の絵の場面をバックに「御視聴ありがとうございました」と入れたかったんですが、幾ら頑張ってもその位置にいかないんですよね、何か5秒単位くらいでシークバーが動くので…。

・最後に…。
・最終話まで続けて御視聴下さった方、毎回コメントを入れてくれた方、広告までしてくれた方、本当にありがとうございました。
厄神さまの番外編になるか、新作の現代入りになるか、はたまた全く違うジャンルのものになるかはわかりませんが、また動画を作る機会があれば、暇つぶしにでも見てやってください。

それでは、また次の物語でお会いしましょう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事