茜坊☆茶丸の「悪意あるベストテン!」

【鬼畜凌辱ラノベ小説】「僕は妹から産まれたかった!」(1)

2013/06/28 13:17 投稿

  • タグ:
  • ラノベ
  • 鬼畜
  • 凌辱
ーーープロローグーーー

僕のパパは金持ちだった。

パパは金持ちだったから奥さんもたくさんいた。でもそれは僕のお母さんじゃなくて、世間的には愛人と呼ばれる存在だったと思う。それで、そのお母さんたちにはそれぞれ子供もいた。

たくさんの奥さんとたくさんの子供の面倒を見られるほど大金持ちじゃなかったパパは、会社が倒産する日にそのことを僕に告げて、自宅の浴室で首を吊って死んだ。

そして間もなく、奥さん達はパパに遺産よりも借金の方が多いことを知ると、子供たちをパパの邸宅まで連れてきてそのまま置いていくようになり、僕が気付いた頃には幼い子供たちでいっぱいになっていた。

しかも、その子供たちは全員、「女の子」だった。つまり僕には、突如としてたくさんの妹ができた訳だ。

最初は面倒だった。殺してやろうかと何度も思った。でも、今まで一人っ子で育ってきた僕は、幼い妹達を愛おしく思えてきて、仕方なく働こうと決めた……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パパの親友を名乗るオジサンが現れて、その人の言う通りに手続きをしたら、すぐに国家公務員に採用された。とはいえ、公務員の少ない給料では、ざっと数えて108人もの妹達を養う余裕などない。オジサンもそう思ったのか、いつ頃からか、妹達を使って商売をするようになっていた。

自宅には、いつも何人もの男性達が列を作ってロビーにいて、オジサンが呼びに来ると、それぞれが部屋に消えていく。要するに、幼い妹を使った売春行為をやっていたのだ。

パパが死んだ直後ならば、見ず知らずの「妹」がそういった行為に利用されていても、何の感情も湧いてこなかっただろうが、その頃には多少よりもずっと強く、「妹」に対する愛情があったので、パパが死んだ浴室でオジサンをぶち殺してやった。

すると、妹たちは泣いて喜び僕に飛びついてきた。108人の妹達による抱ようは何とも幸福な時間だったけど、すぐに頭は現実に引き戻され浴室に飛び散るオジサンの処理をどうするべきかと悩んだ。浴室にこびりつく血液。肉片や骨もある。

「わたしたちにまかせてくださいなー!」

妹達の行動は早かった。浴室にこびりつく血液は「ずずずぅ」っと音を立てながら口で吸いこんだ。肉片は、包丁とまな板を使い細かくミンチにしていく。骨はトンカチを使って粉々に。最後は、ミンチと肉片を混ぜて草木の生える庭にバラまいていた。

妹達の行為を茫然と見つめていた。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事