赤い女神の怪奇目録

足ちょうだい

2020/06/08 00:04 投稿

  • タグ:
  • 怪談
  • ホラー
  • 怖い話
仕事終わりにふとスマホを見ると、LINEにメッセージが届いていた。
メッセージの主は従姉妹。

従姉妹「ねぇ、足ちょうだいって言われたらどうする?」

私「どうするって・・やれないだろ」

従姉妹「だよねーww どうしよっかなぁ」

従姉妹について説明します。
私より3歳年上の女性で、3人姉弟の長女。
大学卒業後、看護免許を取得して今は病院で看護師をしています。
又、彼女を含め姉弟3人とも所謂「視える人」で、特に彼女はかなり霊感が強い人です。

子供の頃から一緒に遊んだりしてましたが、たまに誰もいないところに向かって喋ったりしてたので、薄々「もしかして・・・」と思っていましたが、私の勘は当たっていました。

そんな従姉妹は、何かしら霊体験をすると特にヤバい時は連絡をよこします。
今回もLINEが来たということは、またヤバい者に会ったのでしょう。

従姉妹の話を要約すると、従姉妹の勤めている病院に女の子の霊が出る。
女の子の霊は当直日の夜中、午前1時頃にナースセンターに現れて当直の看護師にこう言うそうです。

「ねぇ、足ちょうだい!」と。

この女の子の霊は困ったことに、当直担当になった看護師全員に視えているらしく、「霊が視える」とか「霊感の強弱」は関係ないみたいです。

女の子に対面した看護師の応対は様々、遊びだと思い「あげる」と言う人、逆に「あげない」と断る人。

「あげる」と答えた人に女の子は「ありがとう!今度取りに来るね!」とにっこり笑って走り去って行くのですが、女の子とやり取りした数日中に何らかの形で足を怪我をする。
これまで骨折が4人、片足切断が1人って状況です。

「あげない」と断った人には女の子は何も言わずに俯いてとぼとぼ歩いてその場を去ります。
断った看護師は6名、この中に従姉妹も含まれますが、特に何かケガをしたとか言った話は聞いていないらしいです。

ただ、「あげる」にしろ「あげない」にしろ当直になれば決まって夜中に女の子はやってきます。
そしてまた聞くのです、「足をちょうだい!」って。

今では看護師だけではなく、患者さんにも話が漏れ伝わっていてちょっと有名になっているみたい。

当直を露骨に嫌がる看護師も出てきて大変らしいです。

幼い頃から心霊体験をしてきた従姉妹ですが、霊が視えるだけで除霊とかはできないので困っている、と言うことでした。

幸い女の子がやってきて足をねだられても、「あげない」と断るという選択肢を取れば怪我もしないので、当面は断り続けるしかない。
今後女の子が諦めてどこかへ行ってくれるのか、もっと恐ろしいことが起こるのかは従姉妹はわからないみたい。

女の子はこの病院で亡くなった子なのか、何のために足を要求しているのか、謎な事が多いですが、今現在でもその病院では当直の夜中に女の子が足をねだりに来るので新人看護師にはベテランが教えているみたいです。
女の子が来て足をねだられても絶対「あげる」と言ってはいけない・・と。
























コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事