赤HELL党の鯉に恋した故意日記

【5/12 ヤクルト】0-0△ 打撃陣の不振×不可解な采配

2021/05/13 12:00 投稿

  • タグ:
  • 広島東洋カープ
監督覚醒イベントを待ってるんですが、
発生率はSSR並なんでしょうか?

今季8度目、2試合連続0点という事で、
連続無得点イニングは再び20イニングに到達してしまいました。
得点圏であと一本が出ない打線にも問題はありますが、
そのチャンスを作る為の采配も問題があって、
マイナスにマイナスが重なってちょっと見てられない状況になってきました。


まず昨日少しTwitterのトレンドに上がった「森下の打撃」について。
二回無死一、二塁で打席には八番小園。

次のバッターは九番の森下でしたが、
小園に出されたサインは送りバント。

バントは成功しますが、
森下はキャッチャーフライ、
3, 4月月間MVPの菊池はライトフライで無得点に終わりました。

試合後の監督コメントで、
「森下は打撃がいいし、菊池にいい形で回したかった」
と発言しています。

確かに他のピッチャーに比べれば森下の打撃はいいんですけど、
小園を送りバントさせてまでと比べると、
回も序盤ですし、そのまま打たせてもなんら問題はなく、
むしろそっちの方が得点の可能性は高かったんじゃないかと。


そして九回の盗塁。
曽根へ盗塁させて、一時はセーフと判定されますが、
ビデオ判定でアウトにジャッジが変わります。

成功すれば勝負師、失敗すれば愚策になる采配。
そこまでして得点圏に送る必要あったでしょうか。
リードしているわけでもなかったのに。


そして得点が取れない打撃陣。
初回のクロン・二回の菊池・六回の坂倉。
いずれも一本出ていれば得点出来た場面で凡退。

得点が取れず1点が重要となってしまう事で、
余計に采配に目が行ってしまう状況になってしまっている気がします。


そんな事やってるうちにあと二週間したら鬼門の交流戦が始まります。
こんな状態だったら毎年やってる宝塚記念の投票馬が、
穴人気への投票になってしまいそうです。

何かキッカケを掴んでくれれば…。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事