赤HELL党の鯉に恋した故意日記

【4/8 ヤクルト】7-11● 四番復活信じて地元で出直し

2021/04/09 14:00 投稿

  • タグ:
  • 広島東洋カープ
初回の攻防でバカ試合になると思いましたが、
一方的な喧嘩になってしまいましたね。


雨の中、奥川・中村祐の両先発でスタートしましたが、
二人とも防御率に嘘が無い立ち上がりでした。

奥川は二死から西川・誠也・松山・會澤・安部の五連打で4失点、
中村祐は開幕三連打からの押し出し四球・連続犠牲フライ・西浦タイムリーで4失点と
初回から殴り合いでした。

二回表に入った途端雨が激しくなり一時間中断します。
両先発の防御率の事考えたら中止でもいいかなぁとこの時は思ってたんですけど、
結果中止になれば良かったなぁという気持ちに変わりました。

試合再開後の三回に中々一発が出なかった誠也の完璧な一撃が飛び出してリードしたのに、
中村祐がすぐさま2点吐き出して逆転。
四回に代わった中田もいきなり山崎に一発を浴び、
五回の島内もミスに引っ張られて3失点、
八回のケムナも村上にタイムリーを打たれて失点と、
今季ワーストの11失点とこっちが炎上してしまいました。

打線もヤクルトよりも1安打少ない14安打放ちますが、
誠也の一発以降得点が入らず、
最終回に誠也が意地の四安打目、二発目となる2ランで反撃するのが精一杯。

中々一発が出なかった四番にようやく1, 2号が飛び出した事だけが救いですね。
松山も負傷交代しますし、ミスもぽろぽろと出て良い所が見つけにくい試合でした。


移動日なしで地元に帰って今日からカード1周目最後となる巨人との三連戦。
丸や中島がいないとはいえ、現在二位の二連覇チームです。
もう一度地元の声援受けて締まった試合をしてもらいましょう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事