赤HELL党の鯉に恋した故意日記

【4/7 ヤクルト】2-3● あと一点が走塁ミスで届かず

2021/04/08 14:00 投稿

  • タグ:
  • 広島東洋カープ
ランナーがいたと思ったらいつの間にか消えていた。
今年はちょくちょくこういうミスが見えますね。


昨日はランナーを出すものの得点圏にランナーを送る事が出来ず、
点を取るのに苦労していると、
四回に山田・村上の二本の長打で先制を許してしまいました。

ランナーを還す事が出来なければ、
ボールをフェンスの向こうに飛ばせばいい精神で、
直後の五回に會澤が同点ホームランを放って試合を振り出しに戻すと、
六回は打撃好調の菊池がレフトポール直撃の勝ち越し弾を放ってリードを奪います。

その後もチャンスを作ってバッター會澤の時に誠也が二塁から三塁を狙って走ると、
キャッチャー中村の送球がそれる間に本塁を狙ってタッチアウト。
今シーズン三つ目の走塁死となりました。

冒頭にも書いた通り、
こういうランナーに出てからのアウトが、
まだ1/10も終わってない段階ですが少し多い気がします。

私の数え漏れが無ければ、
盗塁死四つ、牽制死二つ、走塁死三つと1試合にあるかないかレベルで出てます。
その内走塁・牽制は昨日の試合で一つカウントされていますが。

足を意識させて投手にプレッシャーをかける作戦は悪くないと思いますが、
ちょっと成功率を見ると首を傾げてしまいますね。
とりあえず牽制投げとけって思われるとプレッシャーにはなりませんし。

試合後に積極性は続けるべきと監督はコメントしてましたが、
積極性と特攻隊を履き違えない様にプレーしてほしいですね。

床田にはこのリードを頑張って守ってほしかったですが、
六回裏に高校野球よろしく荒木のセーフティを狙ったスクイズで同点に
追い付かれてしまいます。

そして昨日のブロマガに書きましたが、
失点していないルーキー三羽烏の一人森浦が遂に失点してしまい、
更にその失点が決勝点となってしまい負けも付いてしまいました。

最終回も誠也・長野でチャンスを作って同点を狙いましたが、
會澤・代打松山が倒れてしまいあと一点届きませんでした。

誠也が本塁突入しなければ、
代走曽根が牽制で刺されなければ、
たらればで語るのはあまり良くありませんが、
どうしてもランナーがいた時のチャンスを活かせればと思っちゃいますね。


カード二戦目の敗戦は今年初めてですが、
勝ち越しのチャンスはまだ残ってます。
中村祐の今季初勝利が勝ち越しを決める試合となりますように。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事