赤HELL党の鯉に恋した故意日記

【3/27 中日】4-1〇 期待のルーキー、デビュー戦から活躍

2021/03/28 10:00 投稿

  • タグ:
  • 広島東洋カープ
  • 九里亜蓮
  • 栗林良吏
開幕戦は痛い逆転負けを喫してしまったカープ。

持ち越された今季初勝利を目指して第二戦は九里が先発します。
ですがいきなり大島に二塁打を浴びると、粘られながらも二死三塁までこぎつけますが、
前の試合で逆転弾を打たれたビシエドに先制タイムリーを打たれてしまいます。

早いうちに反撃したいカープ。
先頭打者は東京ドームの開幕戦で6打点挙げた田中俊太のお兄ちゃん、広輔。
その広輔が前の試合の弟から力を借りたのか先頭打者アーチで早々と同点にします。

初回以降立ち直った九里を援護したい打線は四回、
先頭の菊池がフルカウントからレフト前へヒットを放つと、
西川が四球で繋ぎ、チャンスで誠也に回します。

ここで誠也がレフト前へのタイムリーを放ち同点とし、
四番としての役割をキッチリと果たします。
落合に並ぶ六年連続三割25本に向けて今年も期待してます。

続けて前の試合でタイムリーを放ち、
この日は五番に入っている坂倉が二試合連続となるタイムリーを放って、
逆転に成功します。

大瀬良と違い、六回までに97球を投じた九里はここでお役御免となります。
少しでも得点を重ねておきたい打線はその裏に堂林のタイムリーでリードを3点に広げます。

ここから新しいカープの中継ぎ陣がお披露目されます。
七回はルーキー森浦。
平田・京田はアウトに打ち取りますが初登板の緊張感からか、
木下四球・根尾死球・井領四球と自ら満塁のピンチを作ってしまいます。
ですが、初回先制の口火を切った大島をセカンドゴロに打ち取りこの場を切り抜けました。
次の登板からは力は多少抜けていいピッチングを見せてくれるんじゃないでしょうか。

八回は連投となる塹江。
上位から始まる好打順でしたが、クリーンナップの周平・ビシエド・平田を抑え、
次につなげます。

そして最終回、カープの新ストッパーが登板します。
ドラ1ルーキーの栗林がプロ初登板。
下位打線でしたが、京田・木下と打ち取り、最後の根尾を三振に斬ってゲームセット。
ガッツポーズが飛び出しました。
華麗にプロ初登板&プロ初奪三振&プロ初セーブを記録しました。

この日のヒロインは九里と栗林のクリクリコンビでしたが、
栗林のコメントは九里に負けないくらいルーキーらしくない堂々としたコメントでした。
この堂々とした感じがストッパーの適正に合っているんでしょうね。


勝ち越しを賭けた三戦目。
滑り込みで開幕ローテの座を勝ち取ったノムスケが登板します。
来週の阪神戦に勢いを付ける為に勝ち越して開幕カードを締めてもらいたいです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事