赤HELL党の鯉に恋した故意日記

【8/22 巨人】1ヶ月前の屈辱をやり返し中

2020/08/23 09:00 投稿

  • タグ:
  • 広島東洋カープ
  • 大瀬良大地
  • 堂林翔太
1ヶ月前のズムスタで巨人に2-7, 1-12, 4-9と7失点以上で3連敗してしまいました。
それ以来となるズムスタでの巨人3連戦となります。

前日はルーキー森下が強力巨人打線を8回まで1失点に抑え、
打線も初回から活発にビッグイニングを作って7得点で、
初戦をものにしました。


打線を組み替えてから再び繋がるようになってきたカープ打線。
畠相手に菊池が高めのストレートを叩くと右中間を破るツーベース。
続く西川が引っ張ると一二塁間を破って幸先よく1点先制します。

初回三者凡退に抑えた大瀬良。
ズムスタでの巨人戦は5勝0敗と負けなし相性抜群ですが、
2回の丸への打席でレフト方向へ一発を放り込まれてしまい同点に追い付かれてしまいます。

3回はピッチャーですが打率の良い大瀬良からスタート。
畠の制球が乱れていきなり四球を出します。
更に長野にも四球を与え、菊池が送って一死二、三塁。

ここで先制タイムリーの西川が打席に立ちますがまたも四球。
誠也の打席も3-0とストライクが全く入らなくなってきた畠。
このイニング4つ目となる四球で押し出してしまいました。

ここで畠は交代になりましたが、
カープ打線は1ヶ月前の恨みを晴らすかの如く巨人投手陣に襲い掛かります。

堂林のしぶとく一二塁間を破る2点タイムリー、
ピレラの大きくバウンドするセカンド内野安打、
會澤のセンターへの大飛球を丸がキャッチしきれず更に追加点。
この回だけで6点獲得しました。

地元で大量失点3連敗の恨みはまだまだ晴らし終わりません。
続けて4回、誠也が四球で出塁すると、
一時期三割を切るぐらいまで打率を落とした堂林でしたが、
センターバックスリーンまで運ぶ第11号2ランを叩き込むと、
今度は會澤が逆方向へ飛ばしライト最前列へ運んで2発で3得点。

大量援護で大瀬良は気楽に投げる事が出来、
前日の森下に続き8回まで投げて2失点。流石のエースです。

最終回の薮田はモタに特大の2ランを打たれるなどキレイに締める事は出来ませんでしたが、
3カード振りの勝ち越しを決める事が出来ました。
あとは今季初の同一カード3連勝を決めるだけです。

3戦目は高卒2年目同士の投げ合い。
巨人の直江はプロ初登板初先発です。
殴り合いになるのか、予想に反して投手戦になるのか。
この2戦の勢いそのままに決めてほしいですね。

巨人相手に連続完投勝利だ、頑張れ遠藤。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事