赤HELL党の鯉に恋した故意日記

【8/16 阪神】お互いミスでみすみす痛み分け

2020/08/17 09:00 投稿

  • タグ:
  • 広島東洋カープ
森下のプロ初完封&初打点と、
大瀬良の乱調で1勝1敗で迎えた京セラ3連戦。
3戦目はミスすると勝ちに繋がらないというのが両チームに言える事でした。


初回の攻防。
カープは西川のヒットと熊谷の悪送球、誠也のヒットで一死満塁という
チャンスを阪神から貰いますが、
松山・堂林が丁寧にそのプレゼントを送り返した為無失点。

その裏、先頭の近本の打球を広輔がファンブル。
すかさず糸井がヒットでサンズが四球で無死満塁というピンチ。
ここで大山を併殺間の1点でツーアウトまでこぎつけますが、
ボーアにタイムリーを打たれてしまい、
追加で1点取られてしまいました。遠藤は自責0です。

3回には松山が後逸してランナーを出してしまいますが、
ここは阪神2つ目の併殺で助けられます。

そして6回、無失点好投していた秋山をここで降ろします。
継いだガンケルから誠也がもう少しでスタンドインとなる三塁打で出塁すると、
松山が続いて1点差とします。阪神の継投ミスが出ます。

8回、ガンケルの後を継いだのは岩崎。そしてセカンドに植田を入れます。
西川にヒットを打たれ、磯村が送りバントを決めて一死二塁で打席には長野。
長野の打球は代わったばかりの植田の方向へ。
それをファンブルして一死一、三塁と場面が変わります。
チャンスで誠也でしたがピッチャーゴロに打ち取られ二死二、三塁となります。
続く松山の打席。
外角低めの球を空振りするとそれをキャッチャーが取れずワイルドピッチ。
労せずに同点としました。
代わった植田・岩崎のワイルドピッチで同点という阪神は痛い交代ミス。

その後は両投手踏ん張ってそのまま引き分け。
両チーム盗塁失敗や併殺でチャンスを潰すなど壮絶な譲り合い合戦でした。

そして心配なのは今更ですが堂林。
あんなに4割打者か?みたいに騒いでいたのに、
今日の試合終了時点で.302まで落ち込みました。
3割切ってしまうんか?魔法は解けてしまうんか?
もう1回誠也塾開講してくれませんかねぇ…。


この引き分けでカープはまた単独最下位に転落してしまいました。
次のカードはズムスタでDeNA、巨人の2位・1位を迎えての6連戦となります。
ここを勝ち越し、もしくは3連勝出来ると首位との7.5G差も分からなくなるんですけどね…。
この夏大きな山を迎える事になります。
今週で脱落か持ちこたえるか決まりそうですね。
熱い夏をまだまだ感じさせてくれる事を祈って、頑張れカープ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事