ブログぐらい言いたいこと言わせて!

エッセイ「ラブレター」

2020/12/16 23:55 投稿

  • タグ:
  • ラブレター
  • 告白
  • エッセイ

深夜にラブレターを書いた。

非常に危険な行為だ。

くっさいくっさい歌の歌詞とかどこかで聞いたことのある言葉を並べて

相手のことなんか考えずに自分に酔って勢いでやってしまう。

朝になって読み直したら


それはそれはもう恥ずかしさで

目の前に核ボタンがあったら迷わず押して


この世界が滅亡してしまえと望んでしまうだろう。


しかし僕は読み直さずに深夜のテンションのままラブレターを封筒に入れて封をした。


小学六年の時、一番後ろの席になり、通路を挟んで隣に好きな女子がいた。

名前はさやかちゃんといった。

他の女子より見た目大人びていて美人だった。

壁新聞の企画でミス6年2組を決めようと、クラスの男子全員が投票した時

さやかちゃんは9割の票を集め圧勝だった。

帰りの会の時、さやかちゃんはいつも僕が自由帳に描いた漫画を見てくれた。

クスクスと笑ってくれている時、うれしいような恥ずかしいような、とにかく幸せな時間だった。

読み終えると「ありがとう、また見せてね」と言ってくれた。

帰りの会の中のこのこっそり感が、二人だけの秘密を持っているような気がして、

僕はさやかちゃんの中で特別なんだと思っていた。




運命の日、僕は自由帳の中にラブレターを挟み、いつものようにさやかちゃんに渡した。

横目でドキドキしながらさやかちゃんを観察していると、

さやかちゃんは間に挟まっていたラブレターを見て手に取った。

そして僕を見て小声で「これなに?」

と聞いてきた。

僕はドキドキしながら「どうぞ」と手で合図をした。


一瞬間が空き、

「あっわかった、これ不幸の手紙でしょ?」

まさかの言葉だった。

僕の頭の中のシュミレーションでは、

ラブレターだとなんとなく気が付いたさやかちゃんは恥ずかしそうに頬を赤らめ、そっとカバンに入れる。


なのにこんなの想定外だ。

「バレた? ふへへ」

と僕は気持ち悪い笑みを浮かべてラブレターを受け取り、急いでカバンにぶち込んだ。

家に帰り、ラブレターの封を開け、自分の書いたラブレターを読んだ。

自分の視野がぐにゃって曲がるくらいの衝撃だった。

あんな恥ずかしいラブレター読まれなくてよかった。


当時は気づかなかったが、今思うとさやかちゃんはラブレターだとわかっていながら

「不幸の手紙でしょ?」と言ったんじゃないだろうか




その他のエッセイ&4コマ漫画
↓ ↓ ↓ ↓
アフランブログ


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事