あげちうのブロマガ

新春でもそこに有るのは定番の混沌

2021/01/02 11:50 投稿

  • タグ:
  • 異世界理論
  • 博打

理屈の上では問題は無い。

「ストリードの連携」それは、異世界理論、その辺を重く土台にはしていて…その辺に理解があるか無いか?は、その先の発展というか、それに重い制約を発生させはする。

Aに出来ない事はBに任せる、と言う感覚が有って、初めて万全はある。
結果、Aで全てを!それは無理、と言う現実は許容する事には成る訳だ。

↓世界 →要素
A 1234567890
B 2345678901
C 3456789012
D 4567890123
E 5678901234
F 6789012345
G 7890123456
H 8901234567
I 9012345678
J 0123456789

世界の構成要素は、抽象化として、0~9で成り立っている。その上で、「異世界はある」ユニークに、現実とは異なるしかし「等価な現実」として”それ”はある。異世界である限りは”この”現実では無い、が。図?の様に、”構成要素は同じ”で、単にその並びが違うだけ、と言うニュアンスではあり。結果、世界同士は実は「意思疎通が可能」ではある。

単に、Aでいらない物は、B~Jの、何処かには必要だ、と言う事で、そして逆も真なり、な訳だ。Aで「いらない」とされるモノを0を通して”捨てる”と、それはその他の異世界へ、「受け入れる所へ」捨てられる。受け入れ先が無ければそれは「物理的に無理」と言う意味で、それはそのまま0のまま、だ。それはそれで、0と言う領域の必要性ではあり、或いは”それ”をブラックホール、「放射されたエネルギーが何故か消えていく理由」そこに見ても良い。

という事で?「異世界が有る」と言う理解の上では、「それは無理だ」それは”言って良い”訳だ。他で必要な所に移動させれば、そこでは必要性が認められるのだけど。

結果、「その目的を達成する為には、彼女の意向は不可欠です」そう言う”感じ”は、どうしても出てくる事には、成る。理想とする状態を維持する為には、”その”物差しに対しての過剰、不足、欠陥、そう言うのは「いらない」否定して良い。世界は数多の「環境」が隣接し、多層化されて存在する。それらが相互に必要と不要を上手く交換して、存在は維持され続け、改良され続ける事には成る、訳だが。

その時、一つの環境、そこには何やかやの「不足」それは絶対に出る訳だ、けど。

スマートフォンにある問題その物かもしれない。”これ”で全部やろうとすると?どうしても不足は消えない訳だ、それは無理だ。思想などに関しても、それは出てくる。物語一つでそれは実際は「一つの思想」である。その時、他との連携を考慮しなければ?その物語は大した必要性を持てない事には成る。

「出来ない事はある」のだ。

今の代表的な「それは無理だ」それは、二択の選択を”任意に”決める、そこではある。道理的にそれはブラックホールと成って消えていく、マーチンゲール法それは、実は有りえない。”それ”が二分の一の博打である限りは、勝ちの裏には負けが有る、つまり単純には勝ちと負けが交互に発生、そして「勝ちの後には負けが”必ず”ある」訳だ。その道理で計算?すると、±は0にしか成らず、そしてショバ代はその限りでは無く。結果、終わった後には、その挑戦した期間が長いほど、重い損失がそこに残る事には。

「楽しかっただろ?」

結局、それだけの為に、或いは彼は、そんな嘘を付いたのだか。

現状、博打での利益性、それは無い。ただその結果で「不用」或いはその失われたお金が有れば戦争が出来たのに!?が、そこで消えた事で出来なかった、それは意味が有る。”それ”に価値を感じ、失ったお金を納得し得れば、そこには消える筈だった損失がそこに残ってる事には成る訳だ、少なくとも暴力による致命的な喪失は、そこには無い。金本位制では納得し得ないにしろ、人本位制なら?そこには必要性があり、そしてその方が、或いは土台として重い。

理屈の上では問題ない、が。
人は人として個性を持ち、そしてそれ以外にも人はいるのだ。
夢魔は意識の中には、脅威として残り続けては居る。

あまり強力な独裁性、それは厄災の元ではあって。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事