あげちうのブロマガ

古い記憶と今の執着

2020/12/15 07:38 投稿

  • タグ:
  • アサルト

不思議な位に、執着はある。

「アサルト」と言うゲームの続編を考えた。反逆し、事態の主導権を握った首謀者に対して排除命令、最新鋭特務戦車「タイガークロー」が発進する、という導入からの、戦車TPSと言う感じ。結局は最後、その、状況のコントローラーをハックした?敵戦車は、突破してきたタイガークローの砲弾一発で大破し、事態は”打開”される、訳だが。

ちょっと無視出来ない様な、「ふざけんな」それはそこに、何故か有る。

”その”意識にとってこの戦車と、それが(ゲームの中で)無しえた事?は、それだけの重要度が有る訳だ、「たかがゲーム」というニュアンスに成ってない。”それ”が破壊される可能性に対して、重い否定感が有る。「スプラッターハウス」とは、異なる感覚だ、無かった事にされる事に、狂気に近い否定が有る。

漫画でしょう?

何故かその先に、リアルな殺意も有る訳だ。

事態の想定が正しい、それを不意に感じる感覚でもある。”ここ”に乗っているのは自意識的には「神」ではある。「王の権威」昭和天皇の後継者、”その座”だ、それが何故か「ここに有る」訳だ、そこに居るから俺は神だ。当時の或いは逆に、売れなかった「ゼビウス」を売れた事にしてしまったモノ?それを、その意識は乗っ取っていた?訳だが。

有って良い物、という訳でも無いが、税金を集める、その理解からは必須な物。

ともかく経緯的には”これ”は失敗している。売り上げ的には微妙で、更に「この戦車、あげちうの(子供の頃に創っていた俺ガンプラの)ブルーガンダムを下敷きにしてませんか?」その懸念が今はある、”盗んだ”のだ、思いの外か、それは価値が有った。”それ”を相手が認める事は無いだろうが、結果と現状から考えると、ほぼ断定して良い感じはする。

ともかく把握として、”それ”を可能にした権力?そう言うのは今は、無い。

それを後ろ盾に好き勝手出来る、そんな状況では無い。

つい最近の変化、だ。良い変化か?と言うと微妙だ。良くも悪くも「親殺し」暴走を始めたそれを止める、そんな肯定の結果ではある。そこに最大の壁となっていたのが、何というか古い「天聖龍」というゲームだ、そこに登場する竜?と、物語は、奇妙な程の壁を”そこ”に残していた。

親を助けてこそ、そこに利益はあるのだ。

避けた、とも言い難い、ダメージはそこそこ深刻には出てる。それは邪魔だ、古くて役に立たなくなった”何か”だ。理解もしないし面倒でしかなく状況のストレスでさえある、それを排除して、何が悪い?

不意に居なくなったその存在は、果たして何故、居なくなったのか。

その時、自分は何かをした可能性は無いか。

平成が始まる時には、確かに色々あったのだ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事