あげちうのブロマガ

妄想たくましい休日の一時

2020/10/14 16:12 投稿

  • タグ:
  • PS5
  • デザイン
  • ユダヤ教

悪夢の想定は続く。


結局、今の?か、「ユダヤ教」は、王の権威、その存在を容認し得ない訳で。もし?昭和のVHS対β戦争、と言うのが「王の権威vsユダヤ教」と言う”それ”だったら、その敗北は彼らにかなり深刻な執着を産んでいる、かもしれない訳だ。「特別な存在など居ない」それはでも、逆説的に極論化と矛盾と、そして倫理上の問題をも誘発していく。

人間も、所詮は量産されるPCの様なモノなのだ。みんな同じだ。
一つ一つ異なる、個性が有ると言うのでは、平等とは言えない。
”それ”に出来た事は、他の誰にでも出来る、訓練その他の問題でしかない。
いずれ人間も量産される、そう言う時代に成るのかも。

「お金」と言うのは、万人に対してほぼ共通する価値観ではある、差異の無い、しかし不動なる何か。ユダヤ教はともかく”そこ”を支配し得た、が。発生した経緯ゆえかそれだけに、微妙に深刻な問題を内包した、可能性が不意にあり。ともかく王の権威とユダヤ教の理念とが衝突する、と言うのは、かなり稀な事態だったのかもしれない。それは深刻な問題と対立を残し、平成が始まって、ユダヤ教は密かな暴走を始めていた?


ともかくその経緯の果てに、PS5の、個人的には感じる事態がある。

放置して良いモノだろうか。


今の個人的な感覚で、自分にはこの「PS5」そのデザインには、上から1/3辺りに”横溝が入る”のだ。それが入らないと、多分”それ”が示す物が、違う物に成る。現状のままだと?或いはうっかり手を出したかのデザイナーが上記のイメージに陥ってまた深刻な問題を発生させかねない、のでは。さらに不安を煽るのが、「ビルゲイツ氏の父親が、ある意味で突然にか、不意に亡くなった」事だ。もし?彼が、何かの影響を行使してこうなったとしたら、windows8.1が破壊?されたりしたのも、何となく理由が出てしまう。

そして、その彼が、SONYに、実は、強い影響力を持って居たら?

ともかくビル・ゲイツ・シニアを呪い殺した”それ”が、結局は彼が何とかしようとした存在をまた、殺すかもしれない?訳だ。そして、そう成ったハードを、”神”は好ましい物とするか?壊滅的な破綻の引き金でもそこにないのか、その悪夢は悪夢でしかないのか?この奇妙なストレスは何か。

シンプルにそれは多分、自分を誇りたいだけだ、出来損ないのゴミでは無く、しかし。

善意と言うべきか、その介入はむしろ、その女性?をより追い込んでいないか。


大丈夫なのか?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事