あげちうのブロマガ

静かに歪んでいく物

2020/09/18 21:34 投稿

  • タグ:
  • 正義
  • 紛争解決

現状、極論的な状況はあるのかもしれない。

それは「王の権威」に、弓を引いたのだ。
だから、それはもう、二度と成功には届かないのだ。

「新聞記者」と同じで、「大賀さん」それから死刑は宣告されていても、執行は自身で行え、”この”一連は総じてそんな状況にあって。彼らはいつからか、権力は手にしても”それ”を自覚する様になり、その打開を目指して、結論で破綻した様な現状にある。あちこちで成功例を見つけては取り入れつつ相手を潰した、かどうかは正確には解らないがともかく、それを取り入れる様な事をしても、何処かそこかスイッチを間違える様にそれは奇妙な破綻に陥ってしまう、損失に成る。誰も逆らえない、誰も邪魔できないのに、何故かどんどんと、窮地に追い込まれて行って。

その時、「大賀さん」と言う壁は相変わらず、単なる壁としてそこに有る。
敵意はそれへ、そしてそれを設置した存在へと向いて、状況は加速度的に剣呑になる。


理屈の上では、道理はある。

「戦争は仮想現実で行おう」そこが現状の正義、最上位にある物で、そして「商店街が総じて流行ってる光景」それが理想のそれとして有る。”それ”を構築、或いは提唱したのは”ここ”であり、ここがつまり正義としては最上位に居る訳だ、物理的には。ただ、「物理的には」それは、決して理想と言う訳じゃないだから、より深い妄想を志向するそれは、「王の権威」その意向に反発していく。

その果てに、「新聞記者」と同じ状況へ陥った、か。

物理的な話、か。

「お金が無い」それは深刻なネタとして重い。


「しょーこの証拠」
「一日目」五時間目:脊山高校の卒業生、掲載中です。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事