あげちうのブロマガ

それは許し難き一言

2020/06/17 16:18 投稿

  • タグ:
  • 女子高生コンクリート殺人事件
  • 玉川徹

玉川徹氏は、何をしたのか?

ともかく自分にとっては、ワイドショーで「犯罪者には相応しい仕事をさせるべきだ」と言う発言が、ちょっと気に成った程度、だったが。その後、これを無視しない何かが不意に、持ちあがっては居る。

ちょっと、経緯を纏める。

ともかく、まず言動、「犯罪者には相応しい仕事をさせるべきだ」これは実際には、3K仕事とかをしてる人々を罪人扱いしかねない感覚で有り…主観では即刻謝罪するべきだった、筈だが、それについても彼はスルーではあり。まあ、この辺からまず、彼の人格に疑問?が発生した。

また、それから今までの経緯を思うに、玉川氏にはこれと言った業績はほぼ感じない。また、今回の言動等々も鑑みても、朝日新聞社の社員で有れば、相応の処罰や謝罪その他が発生してもいいのに、謝罪するのは自分以外の存在だ。彼は何だか権力に守られている?様な、そんな雰囲気が重くある、が。

朝日新聞社が”それ”をするのは或いは血族のみ、だ。ここまで特別扱いする?と言う事は彼は経営側の血筋、その可能性が高い、が。しかし、彼にはその情報は、あまり流れてない。今もってなお、「朝日新聞社の社員」以上の扱いが無い?と言う事は、そこは何故か隠されている?訳だ。それでも彼は、何故か特別扱いの対象である…?

その視点からあちこち色々見ていくと、端々に「こいつすげームカツク」と言う、どうも玉川氏に向けていたろう主張?そう言うのが出てた事に、少し気づく訳で。割と代表的なのが「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に出てる「グダル・カデル」と言うキャラの呪詛の様な「似ても焼いてもくえねぇ、死んで?!」とか言う罵詈雑言ではある。主人公への呪詛としては微妙に合致が無い?事から考えた時、彼に対して?不意に可能性。

”この”不満は、感覚では多くが、主に女性の創作者から、だ。その果てに、なんか怪物ネタ、近づくと人の皮の中から怪物が、

ってイメージも出て来てて、どうも女性からすると彼には「強姦(控えめな表現)されそうな雰囲気」が有る、らしい。非常に恐怖だ。これが実は玉川氏に向けられた物?と考えると…何だか、合致が良い。


それは彼が「犯罪者には相応しい仕事をさせるべきだ」そう言った、当時の状況でもある、「平成の当時、王の権威を超えた(とした)存在が、今の問題を起こしている」そう言う理解が自分も発生してて、それは”これ”に良く合致してしまった。「王の権威」は当時で無くても実は最上位の意向だが、”それ”を無視し、そして「死ななかった」的なそれは、絶対、物理を超えた様な”何か”のブランドか、奇妙な雰囲気を纏う事に成る…どうも彼に有るのは、”それ”?

とするなら、彼は何処かで女性を強姦してる…と言う事には成る、訳だが。

しかしだったら、その被害者その他は、何処かそこかで声を出してる筈だ。また彼に対して否定的な女性らがそれを無視する筈がない、しかし、それは感じない。

…とすると、「居ない?」どうした?殺したか、死んだか…ともかく不幸は想像する。

しかし、ただ自殺したとかなら?罪と言う事には成らない訳で。

彼は、想像では朝日新聞社の後継者的な血統を持ちつつも、”それ”を近年まで内部では否定されてきた、訳だ。実は犯罪者の戸籍変更、位の”何かの処理”が行われた?としたら、”それ”は相当な騒ぎではある。だったら、何かの犯罪として報道されていても良いが、もちろんそれは存在しない。

理解として、もしそれが強姦事件だとしたら、「王の権威」その影響が曖昧になった平成初期に起こった悲劇の筈、である、なら?30年は前の話と言う事にはなる、が。…何故か自分は昔、「女子高生コンクリート殺人事件」について「真相は」的な考察をした事が有る、「実はお偉いさんが女性を殺した、その隠蔽の為の大げさな処理だった」と言う、”それ”が不意に、ここに奇妙な合致を見せている?

あの事件は、何故起こったのか?

そしてだったら、残る”何か”が、「犯罪者には相応しい仕事をさせるべきだ」その彼の言葉に激昂した、それは感情論として、非常に分かりやすい絵、ではある。


非常に「面白い」話、だ。個人的な理解として「面白い」とは「正しい」様々な面で、という事でしかし、何故平成には、”この辺”の感覚が否定され続けたのか?を考えても、「面白い」の採用は、結局は”この”事件の真相を探ろうとしてしまう…だから、だったのでは。

しかし、ここまで考えても、これは推測でしかない。事実か否か…それは闇の向こうだ。
ともかく現場としては早期に、このおぞましい感覚を纏う人物を排除したい、が。
「大賀さん」は何故か、彼を断罪する、と言う結果をまだ、見せては居ない。

もし事実なら、何かの脅威はまだ、残っているのだ。
彼らは、「神」に逆らって女性を強姦し、殺した事が有る。

今は出来ないのか?

その保障は、何処に。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事