あげちうのブロマガ

それはショーとしての脅威か

2020/04/03 10:56 投稿

  • タグ:
  • バイオハザード
  • デッドバイデイライト

”印象”の悪さではある。

「バイオハザード:RE3 レジスタンス」は、以前に自分が企画した「バイオハザードU」そのパーティモードその物?とは言えて、だから。かなり今回は、「使ってます」を隠してない訳だが。

「2BRO」でのプレイ風景、その印象には、微妙に緊張感が有る。

実際問題、「デッド・バイ・デイライト(DbD)」の動画にはそんなイメージ、雰囲気は、無い訳だ。形而上かでの「印象」それに、忌避感だろう、”それ”があって。でも?実際にはDbDは、バイオハザードUのパーティモード、それに対する皇帝創作、それに近い物として存在し…当初は、契約もされていなかった。だから、だろうか。最初の販売会社は何故かそのまま倒産してしまったが、今もこれは会社を変えて、続いている。

続けている、と言うべきかもしれない。

今もDbDは”ゲームとして”は、重大な欠陥を抱えたままだ。「釣り」の存在は残ったままで、ゲームが成立する上では、特にキラー側の”忖度”が必要になる。”それ”に遭遇するとこれは一気にゲームとしての魅力を失う訳だが、制作側はこれを改善するつもりはない。

だから、目指している?のは、あくまでも「ショー」としての”それ”な訳だ。”俳優ら”が理解し演じる時、そこには期待される絵が発生する、そう言う。

ゲームを遊ぶのは、基本的には一般人であり、”それ”を期待出来ないのだが。
「ショー」として世界を制御したい時、”それ”をしない奴は、この領域には不用だ。

だから、撮れ高は時に高い。「ゲームとしての白熱」はしかし、混沌として無秩序で。本気の罵詈雑言が飛び交っていて、全く美しくない。目指しているのは”ホラー映画の臨場感”である。ただ多分、”それ”をゲームユーザーは、微妙に求めては居ない。

ゲームとしての利益性、それを目指す時、DbDは改善か否定される理由はある。
ただ、世界を「ショーとして」制御する、その結果として理想が現れる!と言う思想の帰結としては、DbDを受け入れない世界の方が間違っている訳で。

場合によっては「新型コロナウイルス」それへの脅威を煽る側は、DbD側なのだ。
逆に言えば世界は、”この”意識によって強力に支配?か汚染されている、訳だ。

K1は、幸い罹患者は出なかった。
しかし、今の状況で「だから大丈夫」それは、言えない。
人命が掛かっている結果、「実験」それは非常識この上ない。
億が一の可能性は、良くも悪くも志村けん氏の死去により明示されてしまった。

”それ”その物が、新型コロナウイルスじゃないのか。
”そこ”へ繋げるのはまだ、材料が足りない部分はある。

「ストリードが張ってある場所には、新型コロナウイルスの羅漢者は出ない」何故なら、”この”システムは因果律的にも独裁性をほぼ完全に否定するから、だ。”神”の意思を最優先する、誰か人間の独善、それを良しとしないだから、ここには新型コロナウイルスの猛威は存在しない。

事実であっても、”それ”はそれを主張はしない。単に結果として現れる”だけ”だ。その時、「私が神だ!」その声の方が、時にパワフルだ。

何故か不意に、自身の上を求める時、そこにそれは常に、ある。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事