あげちうのブロマガ

100点取って不採用な問題

2020/01/25 08:46 投稿

  • タグ:
  • 採用
  • 試験

自分としても、中々言えない。

結論で言えば「大賀さんには逆らうな」が大前提だが。
その上で、物言いがある。

「次を創れないって事は、自分の作品が自分を助けてない、それだけの価値が無いって事だ」

”必要”な価値を精製出来てない、その程度の人の創作では採用できない。


で?

現状から考えて、何だか後ろに闇が有る。

最終的には「要求する定型」があり、”それ”を十分なクオリティで形成できる上で、「仕事が出来る」そのオーダーを前にして応えられる、と言うのが採用の大前提だ。そして?その先に今は「ポイント制」それは有る。”そう言う創作”を創り続ける事で得られる評価、ポイントが有り、その「備蓄されたモノ」が、そこにどれだけあるか。

その時、その時の試験では両者同じく満点でも、前者は採用、後者は不採用、そう言うのは、ある。

創作に関しては、何となく”こういう基準”はあるのだけど。


学校等の採用試験に関しては、同じ事は言えない(´・_・`)。

結論で、「高卒以上をそんなに特別視する必要は無い」のだけど。とは言え、「すると大学なんか必要ないと?」とか言う論調で蹴りが入ってくる、そこは少し考える所。学校の必要性に関しては混沌もある、その辺はその世界の話ではあり。勿論、学歴が無いより有った方が良い、しかし+1点がどれだけ重要か?と言う話は、重い。そもそも会社が求めているのは、「社内での実務能力」だ。システムを理解し、それを適当に順当に期待されるクオリティで熟す事が出来れば良い、それは?

「パックマンの二面をクリア出来れば要求値には達する」のだ。

で?

後はもう、「大賀さんに聞いて?」そこに至る訳だが。

「解らない」時点で、コミニュケーション能力に著しい欠陥がある、と判断しても良い状況かもしれない。ともかく、「大賀さん」それに逆らった奴の帰結は誰であろうと”同じ”だ。程度の差はあるが、ダメな物はダメだ、どれだけ頑張ろうと無理。

何かの安堵と、そして同じく停滞はある。
「採用できない奴しか居ない」のに、人手が無い。

その場合は?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事