あげちうのブロマガ

戦場かキャバクラかあるいは

2019/11/13 07:40 投稿

  • タグ:
  • メタルギア
  • ゲーム

常々ある疑問だ。

なんでゲームって、いつも”悪い”評価なのだろう?

それは、「メタルギア」が他者の嫁をNTRせんとしたゲームだったから。
物語としては「って言う悪夢だったのさ」で済む話が、ゲームは体験であり、そこに何かの現実はあって、そこには見たくない悪夢が、わんさと発生する。

それが、小学生がおばあちゃんにおねだりしてる、頃ならまだ可愛らしい。
「メタルギア」その当時も、主なユーザーは”その辺”でしか無かった。

だから、評価は”その辺”にしかない訳だ。

「子供の遊び場」である。

大の大人が関わるべき場所では無い。

それは今も、何かの重い断言と共にはある。


「メタルギア」は、本当に売れたのだろうか?
疑問は、若干発生中ではある。
不意に、「美鶴さんの長い妄想」それを、「メタルギア」と差し替えてゲーム界隈を見る、と言う感覚が少し発生中、ではある。
昭和の「メタルギア」それはもう”無い”のだ、作品として存在しなかった、或いは考慮すべきものでは無い、そこに有ったのは「美鶴さんの長い妄想」こっちである。

時系列の混沌は、ちょっと有るのだけど。

仮としてそう見る時、多少、ゲームへの評価は変わっては来る。

ここは戦場である。
世界は常に、何かの衝突を続けている、今は”ここ”がその主戦場だ。
ここで勝たないと、自身らの支持する何かは前に出れない、だからこそ。
ここには今、いわゆる「社会人」しか居ないのだ。自身らの生活を護る為に。

…「メタルギア」は?

忘れてください、無かった事に。

まだ、不満もある。
どうしても今は、勝ち組は、常に勝ち組から動かない。

どうすれば自分も?

返答は濁る。

ともかく倒そうと襲ってくる連中を撃ち殺し続けねば、彼らはここで立つ事は出来ないのだ。
「漫画で良かったよね」
そんな呟きと共に、トリガーを引き続ける。

メインは、そう言う人々の領域、である。子供向けはむしろ、今は副次的だ。
もちろん?子供向けの領域もそこにはあり、そして。
”それ”を護る為にも、彼らの戦いは必要にはなっている。

些細な、或いは重大な安定は理想としてはあるのだけど。

間違いなく、35年前に「美鶴さんの長い妄想」それは、片鱗さえ無い。

混沌を内包しつつ、安定するのか否か。
何かの理不尽と、それに伴う特権は、格差の或いは元にも成る。

令和もまた、問題と共に始まったのだろうか。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事