あげちうのブロマガ

当時の自分は何を視ていた

2019/10/11 14:31 投稿

  • タグ:
  • インターネット
  • 教育

それは、誰の懸念だろう。

「ノートPC買ってー」

高校生位の子供から、不意におねだりがある。
それに対して、どう返答するべきか。

状況を考えても、まず間違いなく、目的は「ゲーム」だ。金銭的な懸念もあるし、そもそも自分がまだ、”こんな”状況で居る関係上…その辺にはまだ、重い懸念がある。そして?ネットに触れる事に関しても懸念だ。多くの要求がネット動画だろう。その時、そのカウント数値はほぼ、当てに成らない。

自分には彼らが、数値の高い情報に触れる事も、逆に低い情報に触れる事も、どっちも懸念がある。

教育上の問題と言うよりむしろ、「身の安全に関して」だ。「中華思想の皇帝」その意向、それはまだ重くあり、中国は情報のリークや盗聴に寛容で、「誰がその情報に触れているのか?」それは常に監視対象にある。と言う事は共産党も、中華思想に汚染された領域も、同じく”そう言う環境”な、意識な訳だ。そこにうっかり触れる時、賛同しても否定しても、どっちにしろ良いイメージが無い。

ネットを与えたが故に、それは誰かの監視下に成ってしまった、と言う事も、無いとは言い難い。
その時、それは誰の責任で、親はそれに対して、どうにか出来るのか?だ。
そして、それに対して「良いんじゃない?」とか言った時、その責任は。


…とは言う物の、台風19号が接近中、である。
今回は前回以上の被害、それが懸念される、何とか出来ないのか。
その時、「大衆」それは今、何処に居るのか?と言う不意の懸念がある。
結局、大衆の、”その要求を”蹴る時、そこに厄災が産まれるのだ。

”これ”がその、大衆の要求では無いと、誰が言えるのだろう?


全く無関係の可能性も、ある。

ただ、自分に不意に思いつく、と言う事は。正規ルートでのオーダー?では無いと言う事だ。”神様”を介した、殆ど天啓に近いルート、その可能性はあり…判断を求められている?としたら実は、重い話かもしれない。

大衆が、ネットに繋がるPCを求めているのだ?

…そうなんだろうか。


状況の改善が無いのに、懸念ばかりが増えていく気は、する。

「良いんじゃない?」とは、”ここ”を相応面白いと思う向きには、言うべきか。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事