あげちうのブロマガ

神を前に神へ説教する

2019/10/10 11:13 投稿

  • タグ:
  • ゲームセンター
  • 神様
  • 独裁創作
  • 九尾の狐
  • インベーダーゲーム

それは、その通りだ。

ゲームセンターは衰退の危機に有り、方向性の変更を求められている。
しかし、或いは重鎮の何処かが、それに納得していない。

「ゲームセンターが生き残るには、売れるゲームを入荷するしかありません」

じゃあなんで私のゲームは売れないんだ?!

これは幅広く同調とストレスのある問題ではあって。


単純に、「独裁創作は利益に成らない」それは今も、揺るがない。
どんな正論も最後は、「貴方、自分が神様のつもりなの?」その返答で基本的には潰える。
結果、その返答があった時点で”それ”はどれだけ良い主張でも、利益に成らない訳だ。

普通は、物理的事実を前に屈するが、「九尾の狐」それは、一種の心神喪失状態、「私が神だ」自身の神、上位、「自制を促すモノ」を失った状態、そこに居るので、それに屈しなくなってしまう。

「貴方、自分が神様のつもりなの?」
私は神様だけど。

それは、これに勝とうとした結果、だったのだろうか。

太平洋戦争が起きる前は、ピカソにしろ、”そう言う人”が、「そう、私が神だ」それは結構居た訳だ。

神に成ってしまった存在に、神、物理の自制は意味が無い訳で、そして物理も実際には、それに対して強制はしない。

ただ、結果を示すだけ、だ。

人々は、どっちに付くか?ではある。
(自称)神か、物理か。

”神”は存在しない自由を目指す。
物理は、「それは出来ません」それを無言で示す。

「スペースインベーダー」ともかく戦争を題材にして始まった、或いはそして「ゲームセンター」は、戦争の後遺症かそう言うのを、今も抱え続けているのだろうか。

神様が居るのだ。

ただ、病室かもしれない。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事