あげちうのブロマガ

女性の裸体を見る人々

2019/10/05 08:24 投稿

  • タグ:
  • 売春
  • 価値
  • 経済

それは売春だろうか。


自分も結構ろくでも無い事を考えたりはする訳で、企画の中には「ネット覗き小屋」それもある。

一応、自説ではある。

「異性との接触が無ければ、それは売春では無い」

と言う訳で、企画したシステム、と言うのが、上とは少し違うが「風呂場のライブ映像で気に入った女性を”ネットの個室”に呼んで要求通りの恰好をして貰う」と言う、それ。

こちらからの要求は、テキストでしか送れない。それにより時間内で相手と交渉し、自分の気に入った格好、ポーズ、行為をして貰うと言う。

売春は、男性との接触が疑われる(発生する)時点で始まる、とは思う。

だから、理解としての接触を完全に切れれば、それは売春では無いのでは。

だから、これは売春じゃない筈。

そうだろうか。

「大衆は神である」その信仰からすると、それが求める物は総じて価値に成る訳で、等価だ。
だから、「価値がある」要求される時、それを理由なく無下には出来ない訳だが。

価値が発生しないと、経済は破綻してしまう。
その価値を精製する時、しかし、誰かが独裁的にダメ出ししてしまうと、”発生その物が”否定されてしまう。
だから、こういうのも理由の無い抑止は問題がある。

売春は、費用対効果が悪い。売春婦の価値を1000万円位下げて、結果で自分の価値(順位)が100万円くらい上がる、そう言うのが売春であり、その対価はしかし、数万円しか発生しないのが現実ではある。そう言うのを放置すると、経済は破綻する、だから「基本的には禁止する」訳だけど。


香港の暴動も、結論では中国の支配下に成れば富が吸われて貧乏に成る!と言う危機感の様な気がする。独裁性の強い国家は価値が発生しなくなり窮乏、他国への侵略にしか糧を見出せなくなる、訳だが。「それがアメリカでは無い」保証は果たして何処に有る物か。ともかく「テレビは独裁者を育ててしまう」現状は有る。ネットの存在はその抑止に成り得るしかし、その結果が香港の暴動かもしれない。



「大賀さん」それは、自身が発案し設置したモノ、だ。
その発案者が発案したそれは果たして、売春では無いのだろうか。



じっと見る(・・・)。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事