ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

あげちうのブロマガ

歪んでいるのか自由な様か

2019/08/28 08:00 投稿

  • タグ:
  • 皇帝創作
  • 天気の子
  • 曼珠沙華
  • 創作

意識すれば、かなり止まる。

「曼珠沙華」の姫、そのイメージとは?
まあつまり、「清姫」或いは竜の、それではある。

清姫大好きな作者が、或いはその救済?を歌に載せたと言う様な。
そう言う視点で見れば、何とか妥協と言うか、安定はするが。

…しかし、そう言う意味ではやっぱり、正確?な描写が出来てないって点で、失点のある作品なのかもしれない。

一応だ、「天気の子」それは、この混沌が今の所、無い。
方法論は多分「同じ」筈だ、人気作?に”被せ”る事で、何かの自由を買う。
或いは「土台に5%は払って下さい」その了承かで、何かの原理的な問題は消えて。
…やっぱり、その辺はその辺で、「上手い」のだろう。
「天気の子」はその後、問題なくヒットを続けている。

「曼珠沙華」は、今も何だか、ズレてると言うか…過剰さが?時々気に成る。

他人の奥様を、過剰にアイドル化してどうすんの…。
旦那さんの了承も無く、勝手に妙な話作って晒して良いんですか…?

イメージ、と言う点で、「清姫」そこを意識する事で、妥協点は見えるが。
意識しなければ何かの混沌はそこに有る。その点で、そこが不足な訳だが。

とは言え果たして「天気の子」も、何の問題も無かったのか?と言うのは解らないが。


一応、「天気の子」それが興行成績100億円突破?とか言う状況で、他の人々が”この”方法論を使ってないか?と言うと使ってる訳だ。

「なんで?」

他者は、微妙にと言うか、殆ど失敗してる。”これ”だけが、何だか上手くやってる。
現状、集中する”それ”を、作者も上手く裁けてない?から、このネタが上がってくるのだろうか。

とは言えその前に、これらは「土台」に被せているのだ。
方法論は危険だ。土台の想定外に踏み込むと、安直に問題になる訳で。
この方法論をしかし世間が優先する、そこに問題は無いのだろうか。

まあ、「天気の子」それが起こす問題ではある。
自分の理解では、「シン・ゴジラ」そのヒット?は、あの新宿アート展火災を招き、幼い子をその犠牲にしてしまった。シン・ゴジラ、「皇帝創作」そこに、何の問題も無いのか。

その帰結は、何処に行くのだろう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事