あげちうのブロマガ

とあるペンギンの様な物言い

2019/03/31 10:09 投稿

  • タグ:
  • 艦隊これくしょん
  • 社会主義
  • 中華思想

それは、否定しているのだ。

「”それ”には価値が無い」と。

栗原容疑者は、今も何だか、心愛ちゃんを虐めている、そんな気分には成る。「栗原容疑者は自分の娘を虐待し殺した」それ以上に必要な情報など、後は刑期が何年に成るか位だ。陰惨な虐待内容などを、細かく伝える必要は有るのか?しかし。

一部か、報道は伝えて居る。

そこに、まだ残る、この新たな皇帝の影響力?それをふと感じる。

スマートフォンは誰が創った?と言う点で、一般論としてはスティーブ・ジョブスであり、そして平成の産物として、それは或いは「中華思想の皇帝」、その意向に寄る。そこに投影されている価値観は一貫している、「王の権威」その否定だ。マクロ的?には良い、王道ばかりでは無くマイナー文化にも光を!しかし、結論でそれはマクロな利益性の完全否定に陥り、”それ”が有ると言うだけで、この箱は、否定してしまった。

道理と、現実と、感情論の狭間にどうにも、納得のいかない理不尽は感じる。

現状の脅威?だろうか、そこに有るのは社会主義、だ。共産主義の先、と言うか、「皇帝に一任すると多様性が失われる」結果として、正妻と側室を重視する、と言う理解。正妻が認めた側室?は許容する訳だが。良くも悪くも「艦隊これくしょん」その、”秘書艦”その存在ではある。ゲームとしては単にキャラクターへの色付けに過ぎないが、社会主義では「この存在が有って他の存在が許容される」のだ。”それ”を否定するか否かは正妻の判断が重要になる、切り捨ては、有りえる。

「で、”誰”が秘書艦なんです?」

「艦隊これくしょん」その形が有り、それが大ヒットした結果、毎度の呟きが、重い。ソビエト連邦は崩壊したにしろ、資本主義に対して唯一対抗し得た存在だった事も間違いなく、資本主義はそれほど良いか?と言うと、そうでもない。民主主義も、結論で切り捨てを創ってしまい、それは今に繋がる面倒な混沌と悲劇の温床と化した。だから社会主義を!それは、微妙に残る欲求だ。

日本はその時、自然発生的にか、「ガンダム」を、その秘書艦的なポジションにした訳だけど。

ガンダムは、コンテンツである。天皇陛下と皇后様の合意の上でそこに有る「倫理観」価値観それを投影した、見えない物を視える様にした「造形」により、数多のそれを許容しよう、と言う形式。これが発生する前は、日本でも様々な騒動は起きた。これが発生してから、日本での大きな騒動は、それほど起きていない。かなりの精度で、紛争解決機構その原型として、これは今もまだ、ここに有る。この結果として、日本は世界で最も成功した社会主義国、その微妙な評価を得る事には成った。

そして、これは結局、微細な問題を発露していく事には成る。

「人間には、産まれついての差がある」

この物言いを、この構造は”否定し難くなってしまった”訳だ。
何故なら?最後に決着を付けるのは当時も、「王の権威」その昭和天皇だったから、だ。

作品の中でも「ニュータイプ」とそうでない存在の対立?は、時々描かれはする。良くも悪くも、「昭和天皇」とそれ以外、と言う「平等」を、ガンダムは創ってしまった訳で。昭和天皇だけは特別である、ここだけに、最後の決定をする権限がある。結果論だろうか、昭和での天皇家は、世間が平和だったのとは裏腹にか、それほど良い話が無かった。平成に成って、昭和天皇はか、”それ”を次の天皇陛下に引き継ぐ事をしなかった。それは民間に堕ちてしまい、”それ”を良くも悪くも「自分は拾ってしまった」訳だが。

その時、自身の「秘書艦は誰?」それは、想像以上に重い話に成ってしまった訳だ。

妙な話ではある。問いに対して、「艦これMMDの、ポンプ長式大和」と言うのが現在の、ある意味で一番軽い選択ではある。

それが何を意味しているか?は、それは解る人々だけで解っていればいい話だが。
ともかく”ここ”に、あの「大賀さん」それもある、それは或いは間違いも、無い。

つまり?

一体いつになったら、この牢獄の様な場所から出られるのだろう?

とは言え、外もそれほど良い環境にも見えないが。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事