あげちうのブロマガ

外にある理想

2018/10/25 09:34 投稿

  • タグ:
  • 創作
  • 社会
  • 環境

理解として、お金はそこにある。

要するに、インターネットに加入している人々が、或いは自分の「ショートサーキット出張動画版」を見て、ともかくインターネットに加入し続けている事に納得すれば?それは、インターネットに対する”支払い”を了承している事になる、訳だ。

養豚業者はその時、豚を売って、お金を得ている事になる訳だけど。


「貴方、お金貰ってるの?」

”貰ってない”のが問題だ(-_-;)。


自分の感覚では「大衆は神である」から?視聴回数その「金額変換」はそのまま、神の意向、神からの利益提供…”そう言うモノ”となる、筈だけど。カウンタは制御されていて、そのフィードバックは妨害されてる、訳だ。「自分は不当に搾取されてる」訳だが。

…しかし?PS5草案、その感覚を突き詰める時、”ここ”はIAのコンサート中に自分の歌を歌い始める様な、場違いな”余計”でしかない。それは丁重に別室へお連れして、そこに暫く居て貰うしかない、ご理解頂けるまで永遠に、だ。そして、そう言う運営側の対応に対して、国民は理解し、それを問題と思わない。その時、自分はこの場に居られない、この国では暮らす事が出来ない、訳だ。

…そして、問題ある現実として、”これ”が発生する時、その国家は経営的には破綻し始めるのである、「国民の一部を切り捨てるから」だ、施政者の資格を問われる、天に。


「小さい」イメージで考えるなら?現実的にはその時、「外の世界」がある。自分は、自分が要られる世界をその外に探せば良い、それが可能な時、それは切り捨てに成らないが。

「何処よ?」

”無い”のだ、それは今も、だ。


思想の問題、理解の視野範囲外、ともかく平成まで続く”感覚”には、「外の世界」そう言うのは、理解として存在しない。その場の指針、運営方針、それに逆らうなら切り捨てる、それが正義であり、良くも悪くも昭和も実際にはそんな時代で、自分は「まだ我慢出来た」に過ぎないのだ。平成に成って、本格的に実は「切り捨てられる側」に居た?事から「大衆は神様」その思想を拠り所にする、事になる訳だが。経緯その物は、それが正しかった、感覚はある、しかし。

今いる場所であっても、ここにその思想?信仰、”それ”は無いのだ。
そしてその結果、昭和がそうである様に、どれだけ高尚な理想を掲げようと、末端の切り捨ては発生し、そこに「朝鮮王朝の末裔」が現れ、世界を歪めていく事になる訳だが。

自身らが神と仰ぐIAが、外ではその他大勢の一人でしかない現実に悲観するよりは、内に籠ってIAこそ至高!とか言ってた方が、気分的には楽ではある…それは間違い無い。

もちろん、”それ”は現実じゃないのだ。
でも果たして、現実は妄想よりも良い、だろうか?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事