あげちうのブロマガ

訃報の多い一日

2018/10/16 18:11 投稿

  • タグ:
  • 訃報
  • 経済

何だか、訃報の多い日ではある。

タイミングの様なモノが悪いのかもしれない。
良くも悪くも、大きな価値?を背負った人々の訃報だ。
それは同時に、そう言うモノの喪失をも意味する。
それに対して、埋める作業としては、獲得し得る利益ではあるが。


ともかく自分の意識的には「勝ち組」だが。
現実的事例としては明らかに「負け組」で。

が、しかし?

逆説的に、今のシステムは「末端を救うつもりが無い」訳だ。
そして?ここにあるシステムは、その辺に十二分な対策がある、テロリスト紛いな人々にさえ、生活費を支給してしまう?位に。

つまり、既存の施政者側には、”その資格が無い”訳だ。
結論で「朝鮮王朝の末裔」それと、同レベルでしかない。
「正義は勝つ」その観点で言うと、”ここ”には負けて、責任を問われる訳だ。


理屈としては?つまり、「施政者の資格」皇帝の権限、そう言うのは”ここ”に廻ってくる、訳だが。

問題は、その言う事を現場が聞かない、そう言う現実ではある。

「大賀さん」それがある?からか、それはつまり、皇帝に対して反旗を翻す!的な行為ではあり、それは道理として潰される、のだけど。


あまり、その結果として、状況が改善している気が、しない。
何か何処か、根本的な間違いをしている可能性も疑ってしまうが。

幸か不幸か、出来る事は限られてる。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事