あげちうのブロマガ

プロとアマチュアと被せと侵略

2018/02/10 17:27 投稿

  • タグ:
  • けものフレンズ
  • ガンダムビルドファイターズ
  • 創作

主観の衝突は面倒。

勝手な物言いだが、”これ”を見た後に適当な一言それは。

「ガンダムビルドファイターズ、トライも含めてこの位には面白かったよね。後のはちょっと問題多いけど」

これ。

それは、この作品を創った意図に対して正しい返答なのか、否か。決してその「良かったよね」は「けものフレンズ」には向かないのだ。そう言う、作品の作り方。

いわゆる、最近は影を潜めてる?「被せ」の、割とパワフルな奴。規約的な?「批判は失点になる」その範囲内で、かなりうまく正確に?纏めている感じが…単純に巧いのだけど、やっぱり「利益的な評価」は、微妙な気は、する。スゴイとは言われても、お金は払って貰えない、感じの。以前のMMD動画としては、スタンダートなのだが。微妙だ。

これだけの労苦と技術を投入して「何の成果も有りませんでした」ゲームは面白かったです、それで良いのか?と言うのは…まあ。

しかし、技術的に既に「評価を待つ必要が無い」レベルではあるし。その時、コスト無視で突撃できる!それは、プロとしては問題のある感覚ではある、気は…する。「被せ」はあくまでも、元作品を”紹介”する事で利益を得る行為、ではあり…店頭での店員が商品をPRする行為でしかなく。その店員による、利益を無視した過剰なPOP、それは果たして正しいのか。

更に実際の所、”これ”は…被せの被せという、更に特殊な感じになっても居る訳だけど|д゚)。

ビルドファイターズに対して「被せ」ている何かがあり、”それ”に対して、被せている時。全く作者の意図?が解らない感じは…まずやっぱり、出る。

これならこっちの方が面白い、とか言われたら。

目も当てられない。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事