あげちうのブロマガ

漫画の後ろに有る笑顔

2017/12/08 09:00 投稿

  • タグ:
  • 著作権
  • 中華思想

納得できる帰結は、有る。

「これは犯罪です」

賠償を請求して良いですか?

「ダイコンフィルム 帰ってきたウルトラマン」
それは、そう言う作品だった、訳だ。
ウルトラマンに対する著作権侵害と、その作品への冒涜。

「遊んでんじゃねーよ」

では、何処まで行ってもオチに成らない理由だ。
これでは”犯罪だから”だ。遊んでる訳じゃないのだ。
ウルトラマンと言う作品から、利益を不正に、ちょろまかそうとした、のだ。

その業界から?締め出された…のも、「窃盗をする様な奴を雇う気はない」それなら、当然の話。今までの、彼に関わる疑問?彼は非道を受けた、と言う話…それに対して、「アレは犯罪です」それをはめていく事で、ほぼ説明は出来るのでは…あるまいか。

一人だけ、不幸に陥った訳じゃないのだ。
一人だけ、軽微でも犯罪者だっただけだ。

…いつ、気づいたのだろう。
「軽犯罪如き、犯罪じゃない」

その、そこに有った悟り。絶対的な逃げ道。

ともかくその、支援的な人々に言える事は有るのでは無かろうか。

「犯罪容認を支援してもダメじゃないですか?」

些細であっても、それが迫害、否定された事には、ちゃんと理由がある。
意味不明に迫害された訳では無い。天網恢恢疎にして漏らさず、大衆の判断は帰結で正しい。

ただ、ちょっとここで疑念。

「ならば、ユダヤ人はどんな罪を犯したのか?」

迫害され、流浪の民となり、今もなお、自身の国家を持てない。
金融を支配していても、結局は”何かの排斥”を受けたまま、だ。

…中華思想の皇帝を、何が支援していたのだろう?

ともかく結局”彼ら”だって、経済を回復させる様な事は…出来ていないのだ。
悪妙高いナチスのホロコーストも、犠牲者数には水増しがかなりある、と言う話で。
しかも、「アンネの日記」も実際には創作である、と言う。

この辺、日馬富士の引退問題にも繋がってくるのではあるまいか。
貴乃花は何故、高ノ岩を軟禁し続けるのか。何を喋られたら調べられたら困るのか。
メディアは何故、”その辺”に関して追及しないのか。


身を守る為の嘘は許される。
神は見ている。
犯罪は身を亡ぼす。

時。

中華思想の皇帝それは、犯罪を肯定している。
その結果は?だから。

で、或いは良くあるパターン、現在、皇帝は、死なばもろとも!に陥ってる。
が、それに対して或いはユダヤ系は、なんと反応するのだろう。

私もお供いたします?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事