あげちうのブロマガ

その首を絞めたネクタイ柄

2017/04/26 16:57 投稿

  • タグ:
  • 今村雅弘
  • 創作
  • 投稿

暫く、我慢が必要になる訳だが。

…安定するのだろうか。

 状況的に、「皇帝が変わった」前の皇帝は失脚し消去され、今は”恐らく”女帝がそこに居る。”それ”を選択したのは「大衆は神様」大賀さん、ともかく「王の権威」側の機構であり、選抜理由は「ウケたから」で?”そこ”には「神の介入」がある。新たな皇帝には、以前の様な「王の印籠を盗んでいたし、それを隠していたし、自分が書いたと嘘を言っていたし、本来の作者を長く、自分に都合が悪いだけで排斥していた」そう言う過失はほぼ一切無い、ので。今後の「選抜」には、まともさ、「普通」それは期待出来る。古き良き選抜構造は、ようやく直ったのだ、が。

「…今までのは?」

今まで、そして今も。つい先日、だ。皇帝が変わったのは。だからアニメとか連載作品とか?或いは投稿作を執筆中の人まで含めて、突然「評価のベクトルが、180度変わってしまった」のだ。選抜側だって混乱するだろう、採用して貰いたい側だって同じだ。邪なりの技術を身に着けた人々は、それが今、むしろ自分の評価を下げる結果にしかならないのだ。それは理不尽ではあるまいか?

そもそも、この昭和から続く伝統的な選抜構造その物に問題があるのではないのか?カウンタ制御それは悪だ。民意を歪める、「大衆」の意思を明確に現さない。自分の作品はもっと評価されている筈なのに、カウンタを制御されているが故に軽んじられ、利益性も無い。そんな伝統的だろうが何だろうが、結局既得権益でしかないのではないか、そう言うのは破壊し、もっと民主的なシステムを導入するべきなのでは無いのか?

自分的にも、「けものフレンズPV3」で3000を超えるカウント数を得られた結果、どうにも微妙な領域には、居る。皇帝さえまともだったら機構その物に問題は無かった?だから以前の皇帝さえ失脚させる事が出来れば、今のままでも問題ないのだ。我々運営側は、それに四苦八苦しつつ今日まで何とか耐えていたが、ようやく打開出来た、だから。

…結局、「だから我々の言う事を聞け」オーダーを出すからそれに応えろ、そう言う話になる。「けものフレンズPV3」は、上手く出来た、とは思う。ストリード、”それ”を経由してのオーダーなら問題は無い。今までの皇帝は、”これ”を否定出来ないと自身の立場を守れなかったが…流石に無理が出た訳だ。今後は、採用されるには、問題ないオーダーを問題無くこなす、そう言うスキルが必要だ、今までの様な「それ以上!」など基本的にはいらない。

…そう、要求する人々?には、何の問題も無いのだろうか?今もなお、はっきりした事は雲の向こうだ。今村雅弘”元”復興相は、エヴァンゲリオンのネクタイをしつつ、あのインタビューに応えた、が。「この」問題は実際には”この辺”にまで広がっている、訳だ。どれだけ「王の印籠」は”権力その依存”を産んでいたのか?と言う、何かの表れの様なモノでは有るまいか。”それ”が瓦解しつつあるのは確かだが。その影響範囲は何処までか、今村氏の醜態は、氷山の一角に過ぎないのではあるまいか。

事態は、慎重に精査するべきではある。20年を超える月日と言うのは、軽い数値では無い。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事