あげちうのブロマガ

たーのしー!くない話

2017/03/31 20:14 投稿

  • タグ:
  • けものフレンズ
  • ガンダムビルドファイターズ
  • 経済

それは主観だ、が。



流れ的には、これが「本来のけものフレンズ」で。


これが、或いは二期になる、だろう理想的には。使用イラスト著作は各動画内でのイメージクリップ内に列記されてます_(-_-)_。いわゆる問題ない感じの「被せ」と言うのを自分なりに、ちょっとやってみた物。

理解として「けものフレンズ」その「フレンズ」って何?それは、「ガンダムビルドファイターズに存在するだろう、数多のエピソードの一つ」そう言うのを擬人化?した感じ、だと思うと、自分の感覚論では何となく、しっくり。ガンダムの様に、ガチな戦争じゃない、あくまでも可愛らしい競技性のある、そう言う「価値」が集う場所。A君がGMカスタムを、B君がSガンダムをぶつけ合って、何故かGMカスタムが勝ちました、的な”物語が”アライさんだったり(なぜ?)、そう言うイメージで見ると?微妙に肯定感はあって。

だから、本来は。この作品は?「ビルドファイターズ」その支援的な欲求により産まれたのだろう…そんな気はする、のだが。ただ本来の作品を見ると、何となく重い不愉快さがある。

原因だが、「ビルドファイターズ」この作品が目指す物が、一部の理想に対して?或いは大いなる壁になる事だ。大ヒット!したのが、尚更脅威には見える。


戦争の無い世界を目指す、それは人類の悲願でさえある、が。

方法論が二つある。
Aは、「強力な皇帝が神として全てを統治する」事で戦争を抑え込む道。
Bは、「戦争は仮想現実で行おう」それによって、戦争を中和し消す道。

理想論では、Aは「完全な消滅」が可能だ。世界は「神」の前にある、一枚の白紙に過ぎない。神の、皇帝の意思とその筆先こそが未来を決めていくのだ、それに逆らわない事で、そこには神の理想が描かれる。

 現実的には、”これ”は戦争の火種になり、国力を疲弊させる、しかし?太平洋戦争前の日本は要するに”これ”で、天皇を神とした理想郷を目指した…何とも今考えるとトチ狂った国家としてあって。
「…何だと?」
この辺で不意に発生する”感覚”が、もちろん今も生きている。そんな人々にとって、Bの「戦争は仮想現実で」それは唾棄すべき、バカ者なオタクの不真面目な妄言でしかない。

「王の権威」を、テレビの現場が認めなかった理由の一端には恐らく、”この”影響は大きい。求めているのは、昭和と同じ「皇帝としての王の権威」だ。強制力を伴う絶対者、それを目指さない王の権威になど用は無い。だから、彼らは「王の印籠」を持った皇帝を掲げ、王の権威を隠蔽し否定する事にした。

ともかく幸いと言うか?「ガンダムビルドファイターズ」この作品が描くのは、結論でBだ。「ガンプラバトル」それは、ガンプラの神意を具現化したモノ。”それ”を戦争の代わりにする事で、世界から物理的な紛争を無くす、或いは「それに成功している」世界。少年達の戦いは、或いは無自覚に、世界の命運さえも担っているのである。劇中で「大人」らの歪な真剣さが時々描かれたが、その辺がその理由には寄る。世界のパワーバランスさえこの玩具の戦いは握っているのだ。

「と言う世界は実現できる」
素晴らしいだろう?ここに居る人々は皆、幸福だ。「ビルドファイターズ」が大ヒット!したと言う事は?世間の人々にも”これ”に対する大いなる同意がある、そう言う事になる。

「…そうだろうか」

結局、ビルドファイターズの存在は、Aの人々にとって自分らの理想を妨害する、許し難き敵でしかない、訳だ。もちろん?民意は大事だ。物語とは!本来は”それ”を施政者の都合の良い方向へ制御し得るもので無ければ成らないのだ、的な感覚からすると。「ガンプラバトルの結果は絶対である」そう言うのは、ウザい。施政者が決めた事でも?ガンプラバトルに負ければ覆るかもしれないのだ。そのパワーとは、或いは「王の権威」それを軸にした正義である。悪代官を、正義の少年が倒す!ような話だって夢では無い、訳で。

が、王の権威を否定してしまったA側にとって、その台頭は由々しき事態だ。何とか!その影響力を抑え込みたい、時に。皇帝創作、標的を土台にしつつ否定し自己の優位を計る”それ”は。大きな攻撃力になる。何となく「けものフレンズ」それは、実は「そう言う意図」によって創られた、歪さを伴う皇帝創作の一つだったのではあるまいか。色々な不愉快さ、妙なコメント的評価の高さ、その内容の疑問そう言うのは、その辺からくる。まだ、皇帝を軸にしたパワーは存在し、その理想を具現化せんと、戦っているのだ。

ただ「大賀さん」それは、結論で”単なるゲーム機”だ。打開とは人々の意思による物だ。

世界は、何を目指すか。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事