天空の愛~天の無償の愛を伝え続けます~

最後の転生~実録自伝人間<蓮友 心>~ 28 コラム 「あずみねぇねぇ」

2019/12/18 17:00 投稿

  • タグ:
  • 自伝
  • 天からのメッセージ
  • 天の声
  • 最後の転生者
  • ツインレイ

20代前半頃に出逢った

あずみねぇねぇ



出逢った当初の私は

全身黒づくめ

化粧も黒

棘や髑髏のアクセサリーを好みつけていた時代



天然お馬鹿キャラ

できの悪い泣き虫な妹的な存在だった私


あずみねぇねぇにとっては

そんな私は可愛く見えていたらしい

甘えやかしてくれたり

唯一

理解してくれる相手

相談相手ともなった



何度でも

死にかけた私を助け出したり

言いたいことはちゃんと言葉にしてくれて

心に響いた

本気で怒り 然り 褒めて

お互いに抱き合い泣き合うこともあった

常に真剣勝負で向き合ってくれた


お互いの

辛い時期

苦しい時期を

もがき共に共有しあいながらも

逃げずにちゃんと前を見て

一歩一歩歩んでいた


励まし合い

いつも側で寄り添い

静かに見守ってくれた

大事な大切なかけがえのない愛しき人となった



時が経つにつれ

私にとって 

姉であり 

よき友人であり 

家族であり

心友となった

大事で大切な存在 

ツインソウル



ツインソウルは

恋人や配偶者となる場合だけではない




何千回何万回と転生を繰り返してきた中

一緒にいたことが多いから

出逢った瞬間から安心できる



お互いに支えあい 

一緒にいたとしても

離れていたとしても 

時が経っていようとも

変わらず 

信用しあう仲間としていることもある





恋愛だけの愛ではない

愛の形は違えど 

かけがえのない存在

私の大事な人の一人




ねぇねぇ

出会って15年以上になるか笑

あっという間だったね



ねぇねぇや

百合

七瀬

武いなければ


私は

既に

この世には存在していない



命を紡いでくれて

生かせてくれて

助けてくれて

見守ってくれて


ありがとう


目には見えない存在たち

大いなる存在

自然界を司るものたちが

愛おしくて


1日1日が

愛おしくて


私自身が

愛おしくて


世界中の人々

一人一人が

愛おしくて


命あるもの全てが

愛おしくて


地球

宇宙が

愛おしくて

愛おしくて

愛おしくて

愛おしくて

たまらない



全てのものたちに

心より

感謝と敬意を込めて


見守っていただき

感謝します

ありがとうございます






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事