天空の愛~天の無償の愛を伝え続けます~

最後の転生~実録自伝人間<蓮友 心>~5 人間3年目 「弟 善輝誕生」

2019/11/03 06:25 投稿

  • タグ:
  • 自伝
  • 蓮友心
  • 天からのメッセージ
  • 天空の愛

二月に弟善輝が誕生した。

私は三歳になった時だった。


決して裕福な家庭でなかったが、

愛情たっぷりとかけられて育った。


私たち家族親子4人は

祖父母の家からも近い

曽祖祖父母の家の隣の借家で暮らし始めた。



 父秀は異性にモテていた方だと思う。

誕生日やバレンタインデーなどには女性からの段ボール二箱分のプレゼントを家に持って帰ってきた。

バレンタインデーの時には箱いっぱいのチョコレートを食べられるのが凄く嬉しかった。


頭も良く、運動神経も良く、容姿に長けた父は、今思えば魅力的な男性だったのだろう。


しかし、過保護に育った為なのか、人一倍プライドが高く、

人の下で働く事やコミュニケーション能力に欠けていた。

その為、他人となじめなくなることも多々あり、一つの仕事だけを続けていく事が困難だった。



 一方、母晶子は両頬に笑窪が出て、太陽な笑顔で誰からも愛されるような人だった。

母の周りには人が絶えず、太陽のように人を和ませ愛嬌のある女性だった。


専業主婦の仕事の配分など

常識的なことがわからない

甘えん坊で一人では何も出来ないお嬢様育ちの母


縫物が得意で夢中になると時間を忘れてしまい

善輝が高熱を出ていても気づかないこともあった。




しかしながら、その頃、父の仕事が上手くいかなくて、

そんな過程で大阪に移り住むこととなった。

大阪には父が他の祖父母や親せきが以前から住んでいた

近くにあるアパートで生活することとなる。




ここから

人間世界へでの

身体をもつこと

自我をもつことでの

試練

すいもあまいも

味わう尽くす

人生が始まり

一歩一歩と歩き出していく



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事