『ATさん』って呼ばれ馴れてきた。

サッカーワールドカップ大予想最終版(決勝T&優勝予想)

2014/06/14 14:12 投稿

  • タグ:
  • スポーツ
  • サッカー
  • ワールドカップ
  • W杯
  • FIFA_World_Cup
  • World_Cup
  • worldcup
長々と予想書いてまいりましたが、
ようやくここに辿り着きました。

というわけで昨日までの自分の予想に基づいた
決勝トーナメント表がこちら↓

ブラジルvsチリ
コロンビアvsイタリア

スイスvsボスニアヘルツェゴビナ
ドイツvsベルギー

スペインvsクロアチア
イングランドvs日本

アルゼンチンvsフランス
ロシアvsポルトガル


このベスト16からベスト8を↓の様に予想してみました

ブラジル
イタリア

スイス
ドイツ

スペイン
イングランド

アルゼンチン
ポルトガル

ウルグアイコロンビアを軽視した関係で南米での大会なのに
ブラジルアルゼンチン以外は欧州勢になってしまいました。^^;

また、日本はグループリーグを突破したとしても、
そしてベスト16の相手がどこになったとしても、
いずれにせよここまでだと思います。
ベスト16の壁を突破するにはまだまだ足りないモノがあるかな、と。

ベスト8のカードで最注目はやはりスイスvsドイツですね。
長いドイツサッカー史上でも屈指の指揮官である、
オットマー・ヒッツフェルト率いるスイスが誇る守備と
ドイツが誇る黄金の中盤による攻撃陣のぶつかり合いは
是非々々実現して欲しいカードです。両国に期待。

そしてベスト4予想がこちら↓
ブラジルvsドイツ
イングランドvsアルゼンチン
ここまで来てようやく最初のエントリーから
ずっとイングランドを推して来た理由が結実します。
ワールドカップの大舞台でこの2つのカードを見たい
という私の願望予想です。^^;

ブラジルvsドイツ
サッカーに詳しくない方でも『サッカー王国』と認識されていて、
毎回の様に上位に勝ち進み、何度も優勝している両国ですが、
意外な事にW杯では過去に一度しか対戦していません
そう、あの2002年大会日本横浜で行われた決勝戦です。
オリバー・カーンが涙にくれ、怪物・ロナウドが栄光を手にした
あの一戦以来の『王国の激突』をそろそろ見たいものです。

・イングランドvsアルゼンチン
こちらはサッカーに詳しくない方だと「何のこっちゃ」でしょう。
実はこの両国、浅からぬ因縁があるのです。
82年のフォークランド紛争に端を発した領土的・政治的対立から
不仲の両国ですが、86年大会で対戦し、伝説の試合になりました。
そう、あのディエゴ・マラドーナが大活躍した
神の手』&『ドリブル独走5人抜き』の試合です。
さらに98年大会ではデイヴィッド・ベッカムの痛恨のレッドカード
翌2002年大会ではベッカムのリベンジPKによる勝利、
というドラマも生まれました。
またそう言った背景だけでなく、単純に「手が合う」と思うんですよね。
メッシイグアインアグエロら強烈なFW陣を擁するアルゼンチンと、
長くイングランドを支えて来たジェラードランパードのベテランCHに
大会屈指のFWルーニーと気鋭の若手陣と絡めたイングランド攻撃陣とで
攻撃的なせめぎ合いが見れるのではないかな、と期待できます。
新たなるドラマの誕生に期待。

そして決勝戦&優勝予想は・・・








わかりません!
ゴメン嘘w
ドイツvsアルゼンチンドイツ優勝!!
と予想したいと思います。
順当に予想すればブラジルなんでしょうけどね。
攻防ともに死角ないしホームアドバンテージもあるし。
でもここはあえてドイツがアウェーでまさかの南米二強連破
大胆予想()で締めくくりたいと思います。

それではこれから約一ヶ月、みんなでこの祭典を楽しみましょう!!
あー疲れたw

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事