『ATさん』って呼ばれ馴れてきた。

サッカーワールドカップ大予想その2(GroupC&D)

2014/06/12 23:45 投稿

  • タグ:
  • スポーツ
  • サッカー
  • ワールドカップ
  • W杯
  • FIFA_WORLD_CUP
  • WORLDCUP
  • WORLD_CUP
というわけで続けて大予想かまして行くぜ〜

皆さんお待ちかねのGroupC

コロンビア/ギリシャ/コートジボワール/日本

日本
に関してはこちらのエントリーでも触れた通り、
守備が崩壊している現状なので多くを期待するのはやめといた方が無難。
真面目な話、初戦(コートジボワール)に勝てるかどうかですね。
引き分けならばギリギリ、負けたらOUTって事で。

まぁそれでもコロンビアはエースFWのファルカオが不在、
コートジボワールもエースMFのヤヤ・トゥーレが負傷、
ギリシャは主力DFのパパドプーロスが欠場、と
いずれも順調ではないのが救いと言えば救いでしょうか。

総合的に見ればやはりコロンビアが頭一つ抜けてると思います。
ファルカオ不在が響くだろうと思っていましたが、
直近の親善試合を見る限り、決定力は低下したんでしょうが
チームとしては充分機能していた様に見受けられました。
やはりCFというのはチームの最後のピースなんだな、と思いました。
フィニッシュの精度こそ違えど、そこへ持ってく課程が変わらなければok。
やはりCBやCHといった根幹/心臓になる選手が欠場するのとは話が違うな、と。
そう、ヤヤ・トゥーレパパドプーロスが欠場するのとは。

というわけで予想は1位コロンビア2位日本(!?)


いや、そこは、ほら、僕もジャパニーズですから^^;
難しいでしょうけど、期待してます。目一杯応援します。



続いてはGroupD
イングランド/イタリア/ウルグアイ/コスタリカ
難解のグループですね。確実なのは『コスタリカは無いな。』って事だけで。^^;
ここは対戦順がキモになると思います。
初戦がウルグアイvsコスタリカイングランドvsイタリアなんですが、
イングランドvsイタリアは初戦独特の引分け臭がパナイw
それにひきかえウルグアイは初戦が楽な相手なので、
ここでスアレスカバーニ世界屈指の2トップ
キッチリゴールを決めて勝ってエンジンをかけられるのは大きい。
なのでイングランドイタリアはそれに負けないくらいの勢いを
2戦目以降つけていかないと厳しい戦いになるでしょう。
イングランドについてはこちらのエントリーで触れた通り、若手の勢いが欲しい。
イタリアはストライカーのバロテッリの爆発があるかどうか、でしょうね。
バロテッリのかわりにカッサーノインモービレでも可。)

というわけで予想は・・・
あえての1位イングランド2位イタリア
これは各節の動向も含めて予想。
第1節
ウルグアイ(3)○-×コスタリカ(0)イングランド(1)-△-イタリア(1)
※前述通り。
第2節
ウルグアイ(3)×-○イングランド(4)コスタリカ(0)×-○イタリア(4)
※若手が奮起したイングランドが南米勢への強さを見せて下馬評を逆転。
第3節
イングランド(7)○-×コスタリカ(0)ウルグアイ(4)-△-イタリア(5)
※イタリアがギリギリでの強さを見せて2位の座を死守。
こんな感じで予想してみました。どうでしょ?

まぁあれですよ、ここでね、
スアレスカバーニすげぇ。ウルグアイ1位。』
って言うのは簡単なんすよ、えぇ。
でもそれじゃ予想ブロマガ書く意味無いっしょ?w

というわけで大胆予想()のブロマガ、続きは明日で〜 ノシ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事