ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

Acrisolの動画補足とかお知らせとか洋楽翻訳とか

コンテンツツリー登録の負担を軽減するツール 編

2017/04/20 18:00 投稿

  • タグ:
  • コンテンツツリー
  • ニコニコ動画講座
  • AviUtl
  • 親作品
  • ニコニ・コモンズ
  • 動画編集
  • 技術
  • ゆっくり実況プレイ
  • VOICEROID実況プレイ
  • 実況プレイ動画

目次に戻る


 はじめにこんなツールが登場しました。


 AviUtlで親作品登録したい素材が含まれる範囲をオブジェクトファイル(.exo)として出力しておきます。それをこのツールに読み込ませると、素材名・作者名・作品IDをまとめたcredit.csvと、作品IDのみを列挙したtree.txtというファイルを生成してくれます。作品IDは素材のファイル名から取得しているらしく、ファイル名をあらかじめ指定された形式にしておく必要がありますが、とても便利なソフトです。

 またこれを受け、AfterEffectsでも同じような事ができるツールが登場しました。


 当然といえば当然ですが、ファイル名からのID取得という性質上複数のコモンズ画像作品を統合して画像素材を作った場合のように、元の素材を加工してしまっているとファイル名を変えないわけにもいかないので、多少凝った素材の使い方をしている投稿者は気をつけないといけません。使う素材を自分でメモ帳に列挙しておく必要があります。



 そして上記の二件を受けて作られたのが、作品IDを入力していけばコンテンツツリーを一括で登録できるこちらのツール。親作品登録はIDを直接入力しても10件ずつしか行えないという非常に不便な仕様になっていますが、このツールはその仕様に囚われることなく、親作品登録数の上限である300件までを一気に登録できます。上2つのツールで生成されたファイルから作品IDをコピーしてこのツールにペーストすれば簡単に親作品登録が終わります。

※注意点
このツールではVer1.20時点で、親作品の追加登録はできません。
追記:Ver1.30で登録済み親作品を取得できるようになりました。取得した上で追加し、再度登録することで擬似的に追加登録できます。



 例えば既に数件分家3月号に親作品が登録されている状態で、右の枠内にsm9と打って登録をクリックすると、以前の親作品の登録は解除され、sm9(レッツゴー陰陽師)のみが親作品登録された状態になります。親作品を追加登録したい場合はニコニコ動画のコンテンツツリー登録画面から行うのが無難です。

 最後に、AviUtlをはじめ動画制作に使用したツールやゆっくりの立ち絵などの素材はexoファイル等からIDの抽出ができないため、コンテンツツリー親登録補助ツールに書き加えるのを忘れないでください。
ゆっくりの基本ツール編
でそのようなツールのコンテンツツリー登録用作品を紹介しています。使うものは大体決まっていると思うので、メモ帳にIDをまとめておくといいでしょう。

目次に戻る


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事