Acrisolの動画補足とかお知らせとか洋楽翻訳とか

サムネ制作編

2016/08/21 11:58 投稿

  • タグ:
  • サムネイル
  • 再生数
  • 技術
  • ゆっくり実況プレイ
  • VOICEROID実況プレイ
  • 実況プレイ動画
  • ニコニコ動画講座

目次に戻る


 サムネイルは動画の伸びを決める非常に重要な要素ですが、YouTubeのように再生数稼ぎのためガツガツするのは格好が悪いという風潮がニコニコには少なからずあります。(YouTubeではタグ検索の利便性や、細かなジャンル自体が未発達というか放置気味で、サムネで見るかどうかを100%決めることになる背景もある。)
 手をかけて作った作品はみんなに見てもらいたいもの。しかし変に主張したサムネで作品のイメージを貶したくはありません。YouTubeで研究された効果的なサムネをベースに、再生数を伸ばしながらもデザイン性の高いサムネを考えてみます。

スタート地点はこんな感じでしょう。

 サムネイルは非常に小さいため、動画内のワンシーンを切り取っても何が起こっているのかほぼ不明となり、ゲーム実況でも何のゲームかすらわからなくなるレベルの小ささです。つまり、サムネ専用の画像を作らないと、サムネが視聴者に与える情報はゼロになります。そんな状況でYouTubeで主流(というより某有名実況者の手法)となったのが、
ゲームのロゴ+内容デカ文字+顔
の組み合わせです。変顔とは限らないものの、目立つので多いですね。ニコ動のサムネはYouTubeのものより更に小さく、たったの160*90pxになります。

 上は大体のサイズ。サイズを小さくしても、題材がFallout4であること、この回はロマンス(要はベッドシーン)がメインであること、実況者はゆっくりにとりでギャグ路線の動画であることが分かります。これだけの情報を視聴者に与えることができるようになりました。

 しかしこの状態からは脱却したいもの。投稿者の個性が完全に消滅するのですぐに飽和してしまうでしょう。なので上述の「ゲームのロゴ+内容デカ文字+顔」の要素を抽出し、再構成していきたいところですが、既に成功例があります。



 過去に紹介した、「ゆっくり紹介する調剤事故事例」のサムネです。
ちょっと文字が小さいかもしれませんが、手描きの魔理沙が非常に目立ち、動画の内容が調剤事故事例だとわかります。手書きの人物イラストを使用したサムネイルは非常に効果が高く、理想的なサムネと言えます。

 ただ、イラストを手描きするのはあまりにもハードルが高いので、何かで代用したほうが無難だと思います。今回はMMDを使ってみました。

◯MMD本体
◯モデル
  (ルシール式魔理沙、G3A3をお借りしました)
◯PmxEditor(モデルの大きさ調整)
◯MMEffect(色味調整など)
◯エフェクト(ikClutをお借りしました)

以上を使用して、ライフルを構えるかっこいい魔理沙を作ります。


MMDは動画を作ろうとすると大変ですが、一枚絵を作る分にはそこまでの労力は要りません。



 しいて言えば手の形が面倒でしたが、MMDデータとは別にモデルのポーズを保存できるので、流用すれば手間はかからないと思います。


 MMDで静止画を出力し、AviUtlで文字などの編集を行います。AviUtlを使用すれば各素材やテキストにかけたエフェクトが、参照ファイルやテキストを変更しても引き継がれるため便利です。思い切って複雑なエフェクトをかけられます。


 広告チケットが大量に配布されているので、広告枠は付く前提で制作していいと思います。適当な動画から切り取って、重要な情報が隠れないかを確認しておきましょう。ロゴの優先度はやや低め。少なくとも顔とデカ文字が隠れないように。



 ニコ動においては「題名=内容」にするのも重要な要素(本来小説の帯に書かれる情報をタイトルにする)なのですが、それは予定通りならば次号「ポジショニング編」にて解説します。対テロ戦闘、戦術重視という情報をデカ文字で入れ、アップの魔理沙とロゴを含めたサムネに仕上げました。毎回全く同じ見た目になってしまうと最新回が上がったのかわからなくなってしまうので、物語の一区切りごとにキャラの絵とサブタイトルを差し替え、後ろのゲーム画面は毎回変更する必要があります。



 ゆっくり動画ならゆっくりキャラ素材を顔にしてもいいでしょう。レインボーシックスはアクションスリラーなのでMMDの方がかっこよさが出ます。

 ゲーム実況では毎回おもしろい事件が起こるとも限りません。なので内容を伝えるタイトルをデカ文字にしましたが、解説などでは毎回何かテーマを決めることが多いと思います。ヤマになる部分も多分出てくるでしょう。その辺りをデカ文字にすると効果が高いかもしれません。

目次に戻る


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事