腐死烏のブロマガ

堀 江 ス ト ー ム制作話

2013/02/06 02:35 投稿

コメント:10

  • タグ:
  • レスリングシリーズ
  • 音MAD

暴れん棒将軍が50万再生行ったこととは関係ないですが
昨年、作らせて頂いた「堀江ストーム」についてお話ししたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが本作は「○ ○ ス ト ー ム シリーズ」
声優・堀江由衣さん(17)の演じるアニメキャラクターを使用した音MADになります。
※詳しくは大百科をご覧ください。

このシリーズの醍醐味はラスト15秒の一転構成にあるとのことです。
そこで、一転構成前と後とのジャンルでのネタ・ワードの関連性を利用し、かつ音ゲー曲MADらしく聴き心地を大切にした音MADに仕上げれるか腕の見せ所になります。

MADを作っている者としましては、仕込んだネタに気付いたコメントがあると嬉しいものだったりします。

今回は、投稿から時間も経ったこともあるので、レスリングシリーズの一転攻勢に至るまでの後半に仕込んだネタについてご紹介したいと思います。


・1:00の「ぬらりひょんの孫」の「雪女」のシーンの「ホ・レ・タ」の旗を揚げるシーンの「レ」をアップにした部分

制作するにあたり、まずこのシリーズの起源やMADの構成・形式から、
いわゆる「真夏の夜の淫夢」の語録を使用する視聴者がタグ検索によって見に来ることが想定されます。

淫夢では「申レN」などの言葉からレスリングシリーズを「レ」と表現するのを利用して、
ニコニコでの淫夢で狭義として使われている「ホモ」の「ホ」の字との対比を狙ったつもりです。
「掘れた」のコメントが結構ついたのは正直予想してなかったので面白かったです。
あと雪女を使ったのはゼEROで有名な634隊長リスペクトであったりもします。

余談ですが、元々このMADは淫夢民に「課長こわれる」の「課長」での一転構成を想定させることを狙っていた部分もあるわけですが、その辺のレスポンスに関しては個人的には微妙だったかと思います。
(堀江だからってカズマを連想したエア本民がいた。ゥチまぢできれるよヮラ


・1:00 「ひぐらしのなく頃に」の「羽入」のセリフ「あうあう」

これは皆さんご存知木吉カズヤのセリフです。雛見沢一強いお相撲さんだ。


・1:02~1:09 「いぬかみっ!」OP「ヒカリ」

ヒロインである「ようこ」を演じた堀江さんが歌うOP曲とのマッシュアップなわけですが、
この歌詞の一部が非常にレスシリを連想するものがありまして…

①救いはそこにありますか
②深い闇を癒せますか
③誰よりも強くなりたい

①③はカズヤの兄貴との試合での空耳ですね。
②は 深い→deep 闇→dark 単語からVAN様のセリフがイメージできますね(暴論)


・1:10 「ゆるゆり♪♪」の「赤座あかね」のセリフ

旬だったのでサムネイルにも抜擢したお姉ちゃんなわけですが、「がちゆり、始まるよー」の「ゆり」の音をいじって「むち」にしました。
ここが一番大事な一転構成ポイントなので聴きとってもらえるか不安でしたが、わかってもらえているコメントがあってよかったです。

関係ないですけど、題材が同じセクシャルマイノリティなので栄えますね。




ここまでがレスシリへの伏線なのですが、ついでに一転攻勢とその後の中の人×レスシリネタを説明したいと思います。


・1:11 パンツレスラー登場シーン
それぞれ空耳と関連したキャラを出してます。

1.トータス藤岡 「ToHeart」の「マルチ」  
トータスの空耳「マルチ♂ゲイ♂パンツ」からです。
悪いけど、一人でゲームするならToHeart

2.いかりやビオランテ 「アイドルマスターXENOGLOSSIA」の「萩原雪歩」

これもビオりん定番の空耳の「ダブル♂ゆきぽ」などからですがゼノグラってのがミソです。
ニコ厨の人には馴染みないかもしれないですが、良質なロボアニメなのでお勧めです。

3.兄貴 「乙女はお姉さまに恋してる」の「宮小路瑞穂」
知らない方に言っておきますが、このキャラクターは男です。
これは空耳ではないんですが、男女を問わず慕われ、瑞穂兄貴とも呼ばれていることを踏まえて使用しました。


・1:13 「いぬかみっ!」ED「友情物語」

兄貴たちのバックで流れている映像なので分かりづらいですが「いぬかみっ!」18話の1度だけで使用されたEDの映像です。



本編の方もかなりぶっ飛んでいて自分は好きでした。

おまけ
・1:24 「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」の「神泉やす菜」

ネットでも当時そこそこ話題になったあのね商法とクッキー☆の「あのさぁ…」と掛けたネタです。
知らない人からすれば唐突な使用に思われると思いますが、結構知っているコメントが多いのが意外でした。
ちなみに自分はこのアニメも好きでドラマCDまで聞いていたのですが、TV未放映話は当時レンタルもされてなく購入するしかなかったこともあり未だに見ていません。見たいとは思っているんですけどねぇ。




今回はもっとキャラクターを使いたい気持ちもありましたが、聴き心地とネタとのトータルバランスと、ネタを再現することでの労力と時間のコストパフォーマンスを考慮した上でこの形になりました。

レスリングつながりとして「ランブルローズ」の「藍原誠」を使おうとも考えてたんですが、プレイしたことはありましたがゲームソフトもってなかったので止めました。
あとは1:13からの「ラブひな」の「成瀬川なる」のコラのシーンは技を決めてるところよりは殴っているところを使った方が原作らしくてよかったなと後悔してます。
茂美を使ったのは「ゼロの使い魔」の「シエスタ」のつもりでしたが、これはもういいです。



最後に冒頭の京アニ版「kanon」の「月宮あゆ」の所についたコメントについて言いたいのですが


ニコファーレで公開されたボカロP兼フタエノキワミMAD作者の月宮あゆ好きの
かのたんこと神速カノン氏は関係ないだろ!いい加減にしろ!





以上、ありがとうざいました。

コメント

futatuike
No.8 (2013/02/06 20:18)
まさかこんなこだわりがあったとは…
Armstone
No.9 (2013/02/07 00:02)
コメントする方としても、ネタに気づいてるはいるが、ネタバレになってしまわないよう控えめにコメントを心がけました。
しかしここまでネタが仕込んであったとはたまげたなぁ・・・
リチャード
No.10 (2013/02/07 00:24)
深い制作裏話ええぞ!ええぞ!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事