ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

焦がしてみた製作所(仮)

【解説とか】電脳少女シロを焦がしてみた【裏話とか】

2018/08/16 00:17 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 作ってみた
  • 焦がしてみた
  • ウッドバーニング
  • 電脳少女シロ
こんにちは。
『シロちゃんを黒焦げにする』という文面だけ見ると、ものすごい謀反マンなうp主です。

さてさて、早速ですが今回うpした動画の写真マシマシ解説編ということで。
まずは動画。こちらになります。


前回のキズナアイちゃんと同様に、【痛イバル】のアレンジを加えた作品に仕上げました。
……このままVTuber四天王を全員やるかも!?その辺はまだ決まっていませんが。
ということで写真を載せつつ少々の解説やら何やらをしていこうと思います。
まずは今回の題材にさせていただいたイラスト。

公式アンソロジー本の表紙イラストですね。シロ組の皆さんに囲まれ、そしてその上に座るシロちゃん。なお焦がし作品では椅子になってるシロ組さんの目や口は焦がしませんでした。主役はシロちゃんだからね、仕方ないね。

それじゃいきなり完成の写真どーん。アレンジの有無を並べて掲載していきます。
  
製作にかかった時間ですが、痛イバル版で20時間、通常版で22時間くらい、でしょうか。
(注:これは元イラストのトレスや転写もコミコミの時間です)
が、一度に作業できる時間がなかなか確保できず、製作期間だけがどんどんと伸び。結果として誕生祭に遅れてしまうという失態……これは無念です。

  
お顔のアップ。色鉛筆の使用はウッドバーニングでは賛否があるような気がします。素材の色を活かしてないという意味で。ですがヨソはヨソ、ウチはウチで突っ走りました。
痛イバル版のほうですが、白髪をいかにして表現するかを悩みに悩んだ結果、影の部分だけを焦がすこと(と色鉛筆)で解決。
一方の通常版は、こちらも影の部分しか手を付けていませんが細い線を並べて髪の毛を表現する焦がし方(これは私は以前から取り入れていますが)で濃淡をつけてみました。

  
上半身のアップ。ここは痛イバル版と通常版で一番差がある部分ではなかろうか、と自己評価。
衣装の影や皺の部分をアレンジするだけにとどめつつ、その中で試行錯誤した痛イバル版、逆にそれら以外の全体の色調を肌の色含めて表現しようと焦がして削ってを繰り返した通常版(これが通常版のほうが製作時間が長い理由です)と、見ていて一番変化がある場所だと思います。

  
続いて下半身。痛イバル版の『イルカの白抜き模様』はコメントでも評価してくださって嬉しい限りです。欲を言えばもう少し『パッと見でイルカだとわかる』ようにしたかったですね。
通常版は動画内でもお話した、膝の立体感にはかなりこだわりました。写真だとわかりませんが、ニスを塗った後では光の当たる角度によって濃さが違って見えるので、現物を持っている自分だけの特権だとニヤニヤしておりますw

 
 
比較画像をまとめてご紹介。こうやって『物理的に近くに並べて比較できる』ってのも現物があるがゆえにできることですね。
今回の作品は個人的にも結構気に入った仕上がりになりましたが、皆様はどちらのシロちゃんがお好みでしょうか?

ここからはおまけです。まずはこちら。

痛イバル版で、色鉛筆を使う直前に撮った一枚。つまり彩色しなければこの状態で完成でした。
焦がしている自分自身や、あるいは隣に元のイラストを並べれば、これがどういうアレンジかすぐにわかるのですが、予備知識なしでパッと見た人にも伝わりやすいように、と色を塗った次第です。この状態も好きなんですけれどね。


おまけその2.こちらは『少女兵器対戦』に登場するシロちゃんです。実は動画の2作品よりもこちらを先に焦がしていました。
前作の動画内で「兵器時代のシロちゃんが似たようなデザインだ」というコメントを(痛イバルのデザインに対して)いただいておりまして、それがきっかけで製作したものです。
こちらも色鉛筆&痛イバルアレンジ(ただし、細い線を重ねて流れを表現するような改良?版です)とウッドバーニングのみ版の2種類を製作しました。こちらは電脳少女のシロちゃんよりもさらに淡い色や透明の部分(肩の羽根っぽいところとか)があり、これはこれで苦戦しました。


現在刊行されているVTuber公式アンソロジー本と並べてパシャリ。
この記事の冒頭で「やるかも?」と言っておきながらなかなか製作に踏み切れないのは、『本のタイトルがイラストに被ってるからデザインがわからん、全然わからん』という若干メタっぽい理由もあったりします。
ですが、たとえ時間がかかっても挑戦したいな、とは思っています。動画にする余裕があるかどうかはまた別ですが……その点毎日新しい動画をうpしているシロちゃんほかVTuberの皆様は本当にすごいと思います。

勿論、ほかにも気に入ったイラストがあれば今後も焦がし続けていきたいですし、皆様からリクエストなどいただければ、可能な限りお応えしていきたいとも考えております。

それでは、長くなりましたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。また次回の動画&ブロマガでお会いしましょうノシ

コメント

そーき(爪楊枝P)
No.1 (2018/08/16 22:19)
投稿おつですー。
今回も見応えがありました(´ω`) 痛イバルはぜろさんで知りましたが、焦がしてみたと相性が本当に良いですねー。次回作ものんびりまったりと楽しみにしております。
ぜろ (著者)
No.2 (2018/08/17 21:02)
おつありがとうございますー。
もともとのトライバル柄が部族のものだったりするからか、木材とは相性がいいみたいです(個人的感想)
いずれは革製品とかにもやってみたいですね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事