ZOSOのブロマガ

2014年諸ベスト ~ダビンチより~

2014/12/25 07:24 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 読書
  • ダヴィンチ
  • ベスト10
暮れも押し迫まりました。早いもんです。
どこでも似たような企画をしているが、月刊誌「ダ・ヴィンチ」によると、以下の通りだそうです。

<小説部門>
①「マスカレード」東野圭吾
②「天の梯 みをつくし料理帖」高田郁
③「ペテロの葬列」宮部みゆき
④「明日の子供たち」有川浩
⑤「銀翼のイカロス」池井戸潤
⑥「女のいない男たち」村上春樹
⑦「ハケンアニメ!」辻村深月
⑧「村上海賊の娘」上・下和田竜
⑨「虚ろな十字架」東野圭吾
⑩「ビブリア古書堂の事件手帳5 栞子さんと繋がりの時」三上延

<コミック部門>
①「進撃の巨人」諌山創
②「ONE PIECE」尾田栄一郎
③「銀の匙」荒川弘
④「ハイキュー!!」古舘春一
⑤「鬼灯の冷徹」江口直美
⑥「きのう何食べた?」よしながふみ
⑦「海街diary」吉田秋生
⑧「月刊少女野崎くん」椿いづみ
⑨「大奥」よしながふみ
⑩「ちはやふる」末次由紀

…いかがでしょうか?
ZOSOはもっぱら古本中心の読書を行ってますので、小説部門はほぼ全滅。コミックで「巨人」と吉田秋生を読んだくらい。
皆さんのベストはどんなかんじでしょうか?もしお時間許せば、コメント等でお知らせいただくとまたそっから話が広がって面白いです。よろしくおねがいします。

@ZOSO

コメント

ZOSO (著者)
No.2 (2014/12/26 23:02)
>>1
了解です。いろいろな読書系生主がそれぞれのベストを出し合う、なんて企画も楽しそうですね。
たのしみにしてます。
るちょ
No.3 (2014/12/29 01:21)
どもどもノ
僕は今年に出版された本をおそらく1冊も読んでないんじゃないかな(笑)
読了本ベストについてはZOSOさんがいらっしゃるときにお話ししましたね。
ということでここだけの、今年読んだミステリ・サスペンス短編部門ベスト3

第1位 『一時不再理』(ポーカー・レッスン収録)ジェフリー・ディーヴァー著
第2位 『達也が嗤う』(山荘の死収録)鮎川哲也著
第3位 『カームジンと宝石泥棒』(犯罪王カームジン あるいは世界一の大ぼら吹き収録)ジェラルド・カーシュ著
ZOSO (著者)
No.4 (2014/12/29 02:12)
>>3
コメントありがとうございます。鮎川哲也は遠い昔に『ペトロフ事件』を読んだような気がします。他は初耳です。参考にさせてもらいます。ではでは。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事