游希(ゆうき)のブロマガ

【ネタバレあり】劇場版アイドルマスター感想

2014/01/28 22:36 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイマス
  • 劇場版
  • 感想
  • ネタバレ

先日「THE iDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ」を見てきました。で、感想書きたかったのでブロマガ立ち上げました。

ネタバレあります。


あと、持ち上げてるのか落としてるのかよくわからん感じもあるんで、
そのへんもご了承を。



まず、点数つけるなら自分なら85点かな?すごく満足しました。
観た人の思い出ボムのストックが多いほど、今のアイマスに対する熱量があればあるほど楽しい映画だったと思います。(その逆も言えますが)
初見で普通に観てて気づくような作画がちょっとアレな部分もありはしましたが、
個人的には「まぁ気づきはするけどこの程度ならいいか」って感じなので。


全体的に超内輪向けな作りなので765のみんなのやり取りは一般の人が見れば意味不明だと思いますし、
元を知らないなら成長も感じられないと思います。
でもアニメを追ってきた自分には週刊誌に耐性ついてたり雪歩が候補生の相談に乗ろうとしてたりいろいろ各キャラが成長してる様子が見られてうれしかったですし、
でも伊織と真のやり取りだったり雪歩が穴掘ろうとしたりといった、
やっぱり相変わらずな765の面々って感じもあって楽しかったです。

あと、M@STERPIECEが良かったです。SSAライブが来月にあって劇場版ラストでの曲名がM@STERPIECEで「夢を初めて願って今日までどの位経っただろう」
なんて歌われたらアイマスを追いかけてる時間が長い人であればあるほど込み上げて来たんじゃないでしょうか?
自分は感動してましたwアイマスに出会ったのは5年前なので最初っから追いかけてたわけではないですが、すごい勢いでアイマスが成長して単独でSSAでライブできて劇場版もやれて、出会ったころとは比べ物にならない状態になったんだなーっと。
あとまぁこの先を考えると若干ネガポジ入り混じった感じにはなりますが、それはM@STERPIECEの歌詞通り「明日がどんな日になるか 誰だって解らないけれど それはどんな日にもできる事」ってことで。

ストーリーはまぁ確かにイマイチだとは思います。
でも、個人的にはM@STERPIECEを流すシーンのためのストーリーと思ってるのであんまり気にしてないです。
成長した様子から最初の様子を振り返らせてくれますし、候補生たちが練習していくうちに上手くできる組できない組に分かれてじゃあどうする?
ってのもTVシリーズでありましたし。自分REST@RTの練習で
そうやって以前を振り返らせる状況を作ってM@STERPIECEを流す、て感じで。



1回見ただけの憶測ですが、「みんなと一緒に」を大事にする春香さんですから普通の状況ならすぐに可奈を迎えに行っていたと思います。
でもあの場では本来のみんなの真ん中に経って調和を保つ立場というより、まとめて先頭で導くリーダーでしたから。
リーダーなので個人の気持ちは抑える。
でも優柔不断で踏ん切りはつかない。
それでなくてもリーダーとしてどうすればいいかわからない。
そんな感じで動けなかったですしライブはプロデューサーのためにも絶対成功させなければいけなかったですし。
それに失敗すれば候補生たちをスタートラインからつまづかせることにもなりますから、
リーダーとしての正しい答えを出そうとして動けなくなるのも仕方ないと思っています。

可奈との会話から最終的に春香自身の答えとして可奈を探しに行くわけですけども。
そこで先頭からまた真ん中に戻った感がしてます。
諦めきれていない可奈の未来を不本意な形で塞いでしまわないために、他の候補生たちのスタートを気分よく大成功させるために
リーダーとか抜きにベストだと思う行動として動いた。
そのあたり確かに春香さんだと思います。

ゲームでも「好きだから」でアイドル目指して、「何となく」で765のオーディションうけて、トップになってから「これからどうしよう」って悩む。計画よりも結構気持ち優先。
でも自分の答えや大事にしてるものはあっても状況が変わるたびに迷って、すぐにはうまくいかなくて、でも最終的には戻って来てちゃんとゴールまで行く。
そんなところが春香さんだな、って思うので。



1回見ただけで、日もまたいでるんで何かいろいろ書くことが抜けてる気もしてますが感想はそんなところです。
非常に満足しましたがまた観に行きたいです。あとBDはよ。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事