赤茶の猫 みかん先生のブロマガ

Star living things of Story 自分語り 3 生きる意味

2018/01/21 09:46 投稿

  • タグ:
  • SOS
  • 最低な自分
  • 生活保護
  • 悲劇のヒーロー気取り

[作業用BGM 命に嫌われている]


 これは前と同じように本人、著者直々の自分語り




 昔から僕は不思議だった

 四十歳を過ぎたり五十を過ぎた人達は何故生きている?

 何を目標として生きている?


 目標は遂げられたかもしくは遂げなられなかっただろうに

 それを何十年も生きて

 何故生きられるのか、もう辛くないか?同じ日々の繰り返しに


 僕には幸せというのが解らないから

 どうしてそこまで生きていられるのか理解できない

 死にたくないから生きている


 聞いた事がある、たぶん、真っ当な答えはそれぐらいだ


 僕は安楽死出来るのならすぐにでもする

 あまりに生きるというのは辛すぎるから

 最近、ある歌を聞いた


 命に嫌われているという曲

 この曲が気に入りすぎてやばい



 前に僕が嫌われる方法云々を書いていたよね

 だから本当の事を言おうか

 実は嘘をついていたんだ


 前に僕は職を失ったと書いたよね

 それは10月ぐらいの話なんだ

 そして僕の住んでいる場所は寮であり、金が掛かる

 もう18で今年19の癖に情けないよね


 当然親なんか頼りにならない

 僕は疲れきっていた、まぁ放送では普通の様をずっと
 喋りだけは普通に見せてたんだけども

 じゃあどうやってこの数ヵ月生活しているのか

 生活保護だよ

 障害者手帳を取るという話をしてはこの寮、というよりは施設の人と一緒に市役所に行って生活保護の手続きをとって、10月から生活保護の申請が通って国から出た金で生活している

 生活保護を申請する時に、もしも成人した親や兄弟から金が出せる場合、援助出来る場合、極力そうする手筈になっていたのだけども、誰も出すことはなかった、父も母も兄も。

 僕は家族に嫌われているからね、だから国から金が出ている。


 この数ヵ月、療養という事で何度も寝て

 少しでもストレスを溜めないように

 現実を見ないようにゲームに逃げた


 そうやっているうちに何度も何度も過去の事が思い出される


 僕だけが家族に雑に扱われてきた

 その雑さ故に人間性が普通ではない

 常識や知識が偏りすぎていたり知らない事が多くて

 小学三年の頃に父親が金がないという事で義母と一緒にブラジルに帰りながら僕と兄を父が嫌う母親の許へ引き取らせては、その非常識ぶりに母や義父に嫌われた。

 兄は嘘つきで何度も僕を騙した。近くにいた僕に何も教えず、非常識な僕を放置した、だから寮に来て兄が精神病で大学を止めたという話を聞いた時には電話を掛けて、ざまぁみろと怒鳴り散らしてやった。

 父には過去の事を探ったことに勘に触られては、最初の離婚で両方が悪いのに自分だけは悪くないと口にし続けてた事にずっとずっと反発し続けたから嫌われている。実際に暴力を振るわれて児童相談所の一時保護所に一ヶ月や二週間+福井県の三精病院で精神病の事で一週間程入院させられた事もある。


 家族に嫌われている

 だからそれも含めて縁を切った

 嫌われる原因と嫌う原因があったから切ってやった

 僕の過去は何度もブログに書いているから今は書かない


 そんな僕にはもう居場所はこの施設だけしかない


 僕は生活保護まで受けて生きている

 すぐに精神病を治して仕事に就いてやりたいとは思っているが

 心と体が、意思についていかない



 生活保護を受けてまで、国に守られて生きている

 そうまでして生きる価値は自分にあるのか?

 死にたいと生きたいは紙一重だ


 死にたいと思えば思う程、心の底に生きたいと思う気持ちが溢れる

 だから正当化しようとする自分もいる

 これは慰謝料だと

 僕はこの同じ国の人々に嫌われてきた


 同じ日本人なのにブラジルの顔の事で嫌われてきて
 それが根強くトラウマになっている

 誰も今さら責任なんて取れない

 親も雑に扱ってきておいて責任なんて取るはずもない

 そして非常識の僕を助けてくれなかった人達もいる

 誰も常識を教えてくれなかったり病気だと気づいてくれなかった


 まるで僕だけがいないように

 悪役のように、嫌われ者のように

 だからこれは慰謝料なんだって

 ここから生きる為に、立ち上がる為の慰謝料なんだって


 思っている自分がいる反対で死にたがる自分はそうは思えずにいる

 僕は今なら自分でも言える、ハッキリと言ってやれる

 僕は悲劇のヒーローだ


 前に言われた、何も知らない奴に悲劇のヒーローぶるなって

 でもじゃあ僕は何なんだ?

 誰にも理解されない傷を背負って空しく生きて

 家族には雑に扱われて理不尽に嫌われて


 親の過去を探った事、あれは知らなければならなかった
 知ったから親を軽蔑できる
 親の嘘まみれの言葉を信用しなくてもいい

 自分を擁護して他人を貶める親なんか、汚くて家族だと思いたくない

 命に嫌われているという曲でこんな歌詞がある

 寂しいなんて言葉でこの傷を表せていいものかって

 それに似たように僕は言葉で表せないぐらいに傷を負った


 それは本当に誰にも理解されないであろう傷だ

 家族にも、回りの人達にも、嫌われてきたから覚えたトラウマ

 前にも書いたように上手く噛み合って出来た最低な人生


 だから生きる喜びが解らないんだ、解りたくないんだ

 だから無駄に否定したくて聞くんだ

 どうして生きているのかって


 安楽死でなくても自分を殺せる理由が欲しいから

 誰かの不幸を理解できても回りがそれを理解しなくて貶す

 その光景を見たことがある

 そんな最低な日常が嫌だ


 僕は幸せになりたかった、いつもみんなが幸せに楽しくいてくれれば嬉しいのに、結局何も出来ずに救えなくて結局、堕落している。次は僕の番だと言われんばかりに落ちた。


 こうやって書いていると自分でも気づかないような本心が出てくる

 僕は人が好きで人が嫌いだ

 だから意味もなく生きていて欲しかったりする


 生きる理由はないにしろ





 ただずっと睡眠を取って、心の医療とか言われている通りに睡眠を取り続けて少しでも早く治そうとしているつもりだ。トラウマも全部、水に流して前に進まないといけない

 解ってるけど、そんな事出来る気がしない

 復讐したいなんて思わないけどこの怒りは消えない

 どの道、僕は今さら真っ当に生きたところで幸せにはなれないだろう


 前から書いている通り、親の性格を引き継いでいるから

 最低な自分がいるから結婚とか子どもとか作るつもりはない

 ただ独りで生きて、孤独に死にたい


 そう望んだから今がある気がする
 今の僕は孤独だ、天涯孤独にまでなった気分でもある

 そう軽々しく天涯孤独なんて使っちゃいけないと思うけども

 僕はもう、トラウマが治る気なんてしていないし

 長生きするつもりもない

 小学生の頃からずっと言っている30歳までには死ぬと


 本当に子どもの頃から芯に希望なんてなかったから、ただ幸せを一時でも堪能できればそれでいいだなんて考えていた。それが中学一年の頃のたった一年間の幸福だとすればそれはそれでいい。

 この18年、一年程度の本物の幸せ

 それでいい、これから幸せになんて絶対になりえないからそれでいい

 本当に本当にトラウマなんてなければ、傷なんてなければ

 こうはならなかったのに

 生きている理由がなくなる事態にならなかったろうに


 本当に運命とか神とかが本気で殺したがっているようにしか感じられない。

 どうして誰かが憂鬱ながらも生きているのか理解できない
 嫌なら死ねばいいのにって思う

 僕は痛みに、苦痛にトラウマがあるから安楽死を探しているし

 まだ生きたいって思っている


 だから足掻いているつもりだ

 何の才能もないし、ただただ生きているのが辛いけど

 それでも此処で死んだら負けな気がするから

 いいようにやられて、じゃあ死にますで死んで終われば


 まるで冤罪で捕まってはそれを受け入れて死刑を受けるのと変わらない

 助けとか本当に支えになってくれる人なんていないけど
 それでも足掻いてもう一度幸せになって死にたい

 普通の人として受け入れられていた

 寝屋川市の頃のように、もう一度だけ

 あの三年掛けた時間が実った一年のような時間をもう一度




追記


 言葉に言い表す事が出来ない

 言葉にしなければ人は理解出来ない

 ならどうやってこの痛みを、苦しみを理解されるんだ


 無理だ、不可能だ

 俺の痛みは絶対に理解なんてされない、させない


 最後に働いていた上司みたいなのが口にしていた
 俺は辛かった
 彼女が自殺して暫く記憶がなくてそれでも働き続けて.....

 あれだけの言葉を俺は理解出来ないし、出来ない

 生きている理由はなんですか?と聞いてそう憤りながら返されて

 自殺に気づけなかったお前が、一番近くにいた

 お前が悪いんじゃないのか?としか俺には思えない


 俺には元上司の辛さなんて理解できない

 それを乗り越えて結婚していて子どもも作っているような奴が

 生きる理由もなく生きているなんて口にすれば理解する気も失せる


 畠中という男だ

 もっと詳しく働いていた場所まで記載しようか?

 焼肉店本家 新羅 滋賀の堅田にある店の上司だ。

 どうして家族がいるのを知っているのかと言えば仕事上lineを交換した時に娘の写真を載せていたから解る、指に結婚指輪をはめていたから解る


 それなのに生きる理由はないと口にしたそいつが理解出来ないし

 彼女の死を自分の不幸として語るそいつが許したくない


 俺は一度も親友の事を自分の不幸のように書いた覚えはない

 今は親友と呼べるか怪しいが

 その親友の姉と面識があって喋った事もある中でその姉は中3の終わりに自殺した。ただ親友の話をよく聞くからにずっと災難というべきか不幸に見回れていたり、最低な父親を持っているからかそれが彼女を自殺へと追い込んだであろうに

 普段から自殺したがっていては、当然離れているから俺は何も出来ないし、親友は死ぬなら早く死ねばいいと言っていたがある時に、親友の話によれば金遣いが荒くなっていてはその後に部屋でブログを書き続けて自殺したとのこと


 親友はそれからはずっと様子がおかしい

 俺はただ回りの人が消えたという感覚しかない

 それを自分の不幸のように感じれない


 ただ自殺した

 もうこの世から消えた

 離れているからか、引っ越しのし過ぎで色んな人に会っては別れたからか、本当に最初は悲しかったがそれ以上の気持ちは表れない。


 親友に何も言ってやれない

 言葉に出来ない

 俺は親友の理不尽を理解できない


 父親は最低だが此方とは違うレベルで最低なんだ

 親友の兄は結婚した

 そして子どもを作ったが病気にかかって入院している


 まるで親友の回りに不幸が集まるように


 でもこれら全て自分とは関係がない

 上司と同じように

 離れていても喋れるだけであって自分が何か出来る訳じゃない


 もし親友が自殺しようとするのなら絶対に止める

 それで止められなかったとしても自分の不幸として語れる訳がない


 止められる人物が何もできていないのだから

 それでそれを自分の不幸として語るならそいつはとんでもなく


 恥知らずで人でなしだ



 他人が苦しんでいるときに何も出来ないなんておかしい

 知らないから?聞いてないから?頼られていないから?

 助けないのか?

 お前はいつも知らせてくれるのか、聞かせてくれるのか?頼られるのか?


 いつもいつも自分の足で近づいて、自分で聞こうとしないのか?

 来るのを待っているばかりで勝手に自己解釈しかしない連中に

 都合の悪い時やいいときに誤魔化す奴等を見てきた


 だから俺は人が嫌いだ


 その程度の不幸で、不幸にもならない不幸でも、それを最もな不幸であると語る連中ばかりに、都合が悪くなれば適当に外国の連中を口に出すような中身が適当な連中に

 人なんてそんな奴らばかりだ


 芯に理解しようとしない

 そんなのに本当に生きていて欲しいなんて俺は思わない

 俺は人が本気で嫌いだから


 俺がこうなったのもそういう連中が沢山いたからだ

 目の前で本当に苦しんでいる奴を見ないのが本当の人間だもんな

 俺は大人から子どもまでしっかりとその人間性を目に焼き付けてきた


 芯に優しい奴なんていない

 真面目に真っ当に生き続けている人間なんてきっといないだろう


 一時は真面目であったかもしれないが結局は全員、適当に生きるんだ

 家族がいようと友達がいようと好きな人がいようと恋人がいようと

 人間なんてそんなものだろ


 逆に一から百まで真っ当に生きた人間を教えて欲しいぐらいだ




 何となく自分は自分の見てきたモノに、誰かが書いてきたモノにも目を触れてみた事がある、図書館で本を幾つも読んでいた。本に書かれている実話の話ではやっぱり人は汚く適当で、人気のある仮想系の本に触れてみれば納得出来るような理解できるような人の汚さがそこに書かれていて

 大体、理解している人って自分は思う


 以前にも書いたけど

 自分の悩んでいる事とか、今、解らない事のほとんどが

 大体先人達が書き記してくれている

 理解されているんだ


 何も知らないのにただ生きて欲しいなんて口にする偽善者は

 俺は嫌いだ

 自分はただ何も思えない、言葉に出来ない


 自分の中では複雑だ

 色んな思いがあるからそれを分けるように一人称を使い別けている


 自分はただの厨二病だ

 それも自分を保つ方法の一つだって思っている

 別に生きたいとは思っていないけど、呆気ない終わりも嫌だから

 まだ生きてるつもりです


 俺は見た目は外国人だ

 そして自分の事を芯に理解してくれた人は誰もいません

 どれだけ、言っても

 どれだけ口にしたりメモにしても


 そういうものには見ようとしないから理解されない


 だから自分はどうでもいいですね
















 許されたい

 どうやったら許されるのか僕は解らない


  • 公式#ブラジル
  • #最低な自分
  • #トラウマ
  • #安楽死
  • #過去の事
  • #生活保護
  • #悲劇のヒーロー
  • #SOS
  • #不幸
  • #悲劇のヒーロー気取り

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事