プラミクPのブロマガ

アオシマボックスアート展

2020/03/26 00:11 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 模型
  • プラモデル
  • アオシマ




神保町の文房堂ギャラリーでやってるアオシマボックスアート展観てきました。
いちおうリアルタイムで知ってる世代ですが、正直当時はまったく興味無くて、キットも一度も買ったことなかったですw

今見てもやはりダサいデザインだなとか、あの時買わなかったオレは正解だなと思いつつも、ノスタルジー的な駄物感覚はそれなりに懐かしく愛おしい気もしますね。




展示されているのはボックスアートだけでなく、当時の広告用イラストやコミックスの原稿などもあるので、初見のものも多く貴重な作品を観ることができました。




会場は思ったより広く展示作品も多いので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください(3月28日まで)

しかし、ここでプラモの販売しないのは商魂に欠けるんじゃないですかね?>アオシマさん

※展示物の撮影は許可されています





コメント

ミコヤン
No.1 (2020/06/06 10:32)
昔は子供心に、
「ロボの生首乗っけたメカなんてないわwww」
「兵器なのにド派手な黄色とかwww」
なんてナメてましたが、むっちゃ頑丈なロボだったらどんな乗せ方
してもアリだし、強けりゃ迷彩して隠す必要ないし‥
こう思ったら無性にリファインしたくなるんですよね(笑)。

クォリティ昔のままでいいから再版しないかな~。
昨今の金型都合バリエーションロボより夢があるのかも。
(ガオガイガーや真ゲッターの生首乗っけたメカとかw)
女子高生抜き打ち尻毛検査 (著者)
No.2 (2020/06/11 12:14)
アトランジャーとか合体ヤマトなんかは数年置きに再販されてますが、他の小物については難しいみたいですね。 ネタ的にはアリかもしれませんが、再販したとして需要がどの程度あるのか・・・(;^ω^)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事