うつしみクーラー

肝が冷えたホラー映画

2015/11/30 20:30 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ホラー映画
  • 雑記

 pタグを手入力しながらこんばんわ。最近、何もかもが順調に滞っている私です。

 今回はホラー映画について書こうと思うのですが、既に文章を考えるのが面倒くさくなっております。仕事でやっている訳でもなし、面倒なら書かなければ良いのですが、まぁそこはそれ(どれ?)。


■ 紹介したいタイトル、それは……

 で、何の映画について書くつもりかというと(邦題)「ガバリン」って映画についてなのですが……、ご存知でしょうか?

 原題は「HOUSE」と言いまして、お察しの通り洋画です。で、さっき検索するまで知らなかったのですが、この映画シリーズ化されているみたいですね。へぇ~、と言う感じです。

 さて、この映画の特徴を説明しますと、「コメディとホラーを組み合わせたまったくあt(ry


■ ためてためて……びっくーり! ではなくて

 実際、この映画はそんなに恐くないです。コメディ要素が半分を占めているので、随分と緩急つけて揺さぶってくる感じなのですが、単純な恐さで言えば大したことはないのかな? と思います。

 それでも、個人的に恐ろしく肝が冷えたシーンが1つありまして……。

 それは、よくあるホラー物の、後ろからすーーーーっとカメラが寄って、振り返ってギャーーーー! みたいな感じの恐さではなく「不意にスッとつき刺さってくる」とでも表現しましょうか、「極度にゾッとした」ていうのが正しい表現かもしれません。

 具体的にどのシーンが恐かったのかは書きません。気になった人は映画を見てどのシーンか推理してみるといいですよ。

 とはいえ、この映画を見たのは小学校の6年生くらいの頃なので、今見れば大して恐くないかも知れませんが。


コメント

クマダガ
No.1 (2015/12/09 00:04)
タイトルだけは見たことがあるような気もするのですが、その手のタイトルがおいてあるコーナーで記憶に残ってるのは未来世紀ブラジルとアウターリミッツくらいですね。
翠ノ刺身 (著者)
No.2 (2015/12/12 00:29)
>> クマダガ 様
私の場合、スピーシーズのパッケージがやたら目に付いたのを覚えています。昔のレンタル屋のVHSコーナーの話ですが。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事