うつしみクーラー

ファミコンの「MOTHER」についての思い出とか フランクリンバッヂ

2019/01/04 21:33 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • ファミコン
  • MOTHER
  • レトロゲーム

 この記事は、ファミコンのRPG「MOTHER」に対しての個人的な思い出や偏見を延々書き書きするだけのものです。

 記事の性質上、ネタバレを含む内容ですので、今後まっさらの状態で初見プレイをしたい方は読まないでください。


◇『ファミコンの「MOTHER」についての思い出とか』バックナンバー

  1. 能書き編
  2. マイホーム編
  3. マイホーム編 その2
  4. マザーズデイ道中記
  5. 道中での発見
  6. ウェルカム トゥ マザーズデイ
  7. カナリヤのヒナを待ちながら
  8. 愛・ローラんど
  9. ヒーラーと広大な墓場
  10. ザ・墓場の攻略
  11. 墓場からの脱出と戦力的なアレ
  12. フランクリンバッヂ (今回の記事)


 恐るべきことに年が明けてしまいました。

 皆様、老けましておめでとうございます。


■ 続・ピッピツアー

 ピッピを連れ回して、気がすむまでレベル上げを堪能すると、そろそろレベルが7037くらいになると思います。

 今、なか卯で牛丼を食べながらiPhone4sでこの記事を書いているのですが、本当は電車で揺られている最中だったりします。つまり、どういう事かと言うと、この記事の草書は2017年9月13日に書いているのですが、これを推敲して清書してブロマガにUPするのはいつになるやら謎なのです。まぁ、滞っておりますねぇ。はい。で、今(2019年1月4日)というわけですよ。

 本題に戻りますが、やっと墓場から舞い戻ってきたところなのですよ。当初考えていた以上に進捗が悪いです。このシリーズはせいぜい10回分で終わるかと思っていたのですが……。と、こんなことを書いてるからムダに長くなるのです。

 改めて本題に戻りますが、墓場から帰還したのですよ。ピッピと別れる前のレベル上げタ~イムも終わったのです。で、いい加減ストーリーを進める訳ですね。

 まずはピッピとお別れします。しばらくつるんでいた場合は少々名残惜しいかもしれません。攻略を急ぐ人や、サッサとポリアンナが聞きたい人は、レベル上げはせずにお別れですかね。

 役場の二階で町長に話しかけるとお別れです。リアルタイムで遊んだ当時は、ピッピとか訳がわからなかったのでさっさとお役御免していたものでした。ナマステナマステ。私が町長です。


■ 魅惑のバッヂ

 で、最速でこの時にフランクリンバッヂが手に入ります! やったね! これがあればなんでもできる! 空だって飛べる!

 違います、確か墓場でピッピをデッカードした際に貰うのが最速だった気がします。どっちでしたっけ? 覚えていません。

 で、それはサテ置き。フランクリンバッヂ*1ですが、これはまぁ、持っていても空なんぞ飛べなくて、実際にはPKビームγを跳ね返す効果があるだけです。だけ、とか書きましたが食らえば即死のPKビームγを100%回避できるのですから神アイテムですね。

 で、ビームを反射するバッジなのですからさぞかしピカピカなのでしょう。むしろ鏡でしょうか? バッジなのでせいぜい瓶牛乳のフタ程度の大きさだと思うのですが、そんなんでうまいこと跳ね返せるのはたいしたもんです。ピンポイントバリア的なアレでしょうか? トラックボールで操作するのか? むしろルパソ三世が斬鉄剣の破片でレーザーを反射したシーンを思い出します。古いですね? 古いですよ。古すぎる。いや、当時で考えれば大して古くないのか*2

 *1 : ところで、この「フランクリン」というのはライデン瓶を使って雷が電気であると証明したあの命知らずのフランクリンさんが元ネタなのだと思いますが、そんな御仁の名前が冠されたバッジの効果がナゼにビーム反射なのかは謎です。確かmother2ではPKサンダーの無効化に変更されていた覚えがありますが……、PKサンダーが如何程脅威だったかは忘れましたが、たいして印象に残ってないので微妙だったのでしょう。それの対策アイテムなので存在感は言わずもがな微妙になっていたような覚えがありますがうろ覚えです。
 *2 : 古いです。



いつも気になるのですけど、コレって何のポーズなのか謎です

■ PKビームγ

 ていうか、「PKビーム」てなんなのでしょうね。生物によく効いてかつγて事はガンマ線なのでしょうけど危ないなあんた

 なんとなくですが、宇宙英雄ローダンシリーズに出てきたイワン・イワノビッチ・ゴラチンを思い出します。彼は、原発事故が原因で生まれた結合双生児の超能力者という設定で、その能力は「任意の場所に核分裂反応由来の大爆発を発生させる」という危ないものでした。今思えば設定の時点で色々とアウトな気がするのですが、よく発禁になりませんでしたね。ちなみに彼の風貌は映画「ミスターオセロマン」をイメージしていただければ大体そんな感じです。

 私が町長です。

 このフランクリンバッヂは販促品として現実世界に存在しており、まれにヤフオクなどで取引されている模様です。やー、ちょっと欲しいですが、どうせ高騰してるので買いません(買えません)。いいですか? ここに三原則があります。つまり、 買わない、買えない、作れない、です。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事