とーけいさんのテキスト置き場

ミリオンライブ! UNI-ON@IR!!!! 仙台公演

2019/05/01 20:45 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスターミリオンライブ!
  • UNI-ON@IR!!!!
  • アイドルマスター
  • ミリシタ

ミリオンライブ!6thライブツアーに参加して

平成から令和へと時代の移り変わる中、いかがお過ごしでしょうか。
ミリオンライブ6周年ツアーの開幕を告げる仙台公演に参加しておりました。
DAY1は仙台市内のLV、DAY2は現地という日程でした。

「属性」を推すと言うよりも「MTGユニット」を推した公演

今公演、MTGシリーズ の各ユニットの衣装に基づいた衣装を実際に演者が着用。
CD表題曲とカップリング曲、さらには765AS 曲を歌唱というスタイルでした。
ユニット衣装で終盤まで演目を進行したこともあって、ユニット色が強いと感じました。
ゲーム内と違って、現実のライブだとお揃いの衣装が一般的なだけに印象的です。
※シンデレラでは既にそういうライブがありましたが…

そういえば、セットリストが公式から発表されていました(5thまではなかったはず)。
個別の楽曲については今さら言わなくてもいろんな同僚諸氏が大量にレポ上げてましたよね。

【ミリオン6th】仙台Angel STATION<DAY2>発表内容まとめ!

そして、いつものimas_DBさま

ミリオンライブ!の今後の方向性が示された6thライブ

まだ、仙台公演が終了しただけですが、今後の目指す方向が見えた気がします。
5thでは、ユニット曲をオリジナルメンバーにこだわらずに割り振りました。
※まあ「ジレるハートに火をつけて 」は特別視されておりましたが…

6thでは「765プロカバーコーナー」とは銘打たず765AS 曲を歌いました。
この流れは一部ソロ曲以外誰もが持ち歌以外を歌うことの端緒になるのではと思うのです。
もちろん、単なる憶測ですから外れる可能性もあります。
しかし、据置機(765AS)では歌唱メンバーシャッフルは当然とされてきました。
ミリオンライブ!は765プロ が舞台なので、そこに向かう可能性が高いと考えます。

後半の「コラボ・ソロコーナー」でもこうした流れでした。
今後はユニット曲から手始めといった感じで、歌唱メンバーシャッフルが進みそうです。
これは765ASがいつか「ミリオンライブ!」を冠したライブに参加する布石ではないかと。

舞台演劇のような演出

仙台公演に参加した同僚諸氏がほぼ同じ感想を持ったのが「Cleasky 」だったと思います。
im@sライブ は歌とダンスが中心という常識に対する挑戦だったのではないでしょうか。
手には小道具を持ち、マイクはヘッドセットという出で立ちは正直なところ驚きでした。
ダンスでなく仕草や表情の変化といったところに注目していたパートでもありました。
もちろん、ゲーム内の元々のダンスモーションの再現が可能になるという点も重要です。
このパートに関しては現地でモニターを見ていたり、LVの方がよかったのではと感じます。
それと同時に歌唱以外で「役者としてキャラを演じる」選択肢が増えたことが喜ばしいです。
個人的には仙台公演のユニットパートのMVPは演出含めて「Cleasky」だと考えています。
今回は「Cleasky」だけでしたけど、今後こういう方向で攻める形もありかも。

ということで、ライブ終了直後にも自分で書いてましたね。

鋭い刃の上で繰り広げられる調和(Harmony)

※まず最初に、今公演参加のDAY1がLVでDAY2が現地であることを念頭に置いていただければ幸いです

仙台公演で自分自身が気になったのは「Cleasky」だけではありませんでした。
4Luxury 」による歌唱力の共演(競演)も、今や定番といったところでしょう。
が、ここで自分には2日間で変化があったように感じられました。
DAY1は「9:02pm 」での4Luxuryの歌唱がぴらみさん R&B調突出に感じたのです。
ところがDAY2は残る3人(たかみな /すーじー /こーりー )の底力を見た感じです。

DAY1はぴらみさんがアクセル全開、残る3人はキャラに寄せた感じといった感じでしょうか。
それに対し、DAY2は残る3人もアクセル踏み込んできたという感じです。
その結果、DAY1ではやや不協和ぎみに感じたのが、DAY2では高次の調和を感じました。
この辺り、正直なところは賛否両論あると思います。
しかし、キャラという依り代を通した演者の切磋琢磨を見届けるのもアイマスの醍醐味。
特にユニットのパフォーマンスで「みんなスゴかった」と言わしめる努力たるや、です。

しかし、DAY2に「FIND YOUR WIND! 」を聴いたとき、底知れなさを感じました。
「ぴらみさん、まだアクセル全開じゃなかったの!?」が正直な感想です。
実際、中域から高域にかけての駆け抜けるような歌声は圧巻でした。
周年ライブ初披露が4thDAY2のこの曲ですが、当時はその後怒濤の連続歌唱。
そうした負担の少ない今回、より力強く歌うことが可能になったのではないでしょうか。
まさにこの歌詞の一節を体現しているかのようです。

青い空はどこまでだって広がっていく

だからね Find your wind!

君とならどこへだって行けるってわかる...

ライブ終了後のTwitterトレンドにもなっていたのも納得のソロでした。

もちろん4Luxuryだけでなく、各ユニットともに最高更新したことは論を待ちません。
が「歌唱力お化け =ぴらみさん」と組む演者がどう向き合うのか、今後も楽しみです。

最後に...

これだけは言っておきたい。

4th武道館以上にエレナ曲「ファンタジスタ・カーニバル 」で盛り上がったの嬉しい!
少しずつかもしれませんがエレナの担当やファンが増えているのを実感します。

そんなこんなですけど、5月中旬は神戸公演ですね。
今度はどんな物語が、演出が提示されるのかとても楽しみです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事