ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

麦のスカッシュを飲みながら人生

生理現象VS本能の試合結果

2015/11/07 21:38 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • 犬トーーク
今は亡き、親戚の家で飼われていた、優しい大きなワンコのお話。
彼は野良犬として誕生し、親戚に拾われたワンコでした。番犬として飼われていたのですが、人のことが大好きで、無駄吠えもせず、吠えるときは嬉しいときだけなど、番犬としては落第生。でも、本当に素敵なワンコでした。
親戚宅は既に子供世代が全員成人しており、ワンコと泥だらけになって遊んでくれる世代がおらず、お盆や法事などの親戚の集まりになると、当時まだ小学生だった私たちが、飼い主に代わってワンコと泥だらけになって遊ぶというのが定番。
ワンコもそれを理解していたので、お坊さんのお経が終わるのを、今か今かと犬小屋の中で待っていました。犬小屋でそわそわする度に、鎖が床にすれてチャラチャラと音を立てるので、お経の合間に聞こえる鎖の音に、こっちもそわそわしました。お経中って、どうしてあんなに笑いたくなるんでしょうね。ワンコのそわそわ度もツボってしまって、大変でした。

いざ、お経が終わり、お坊さんの説法の段になった時、私はお説法が苦手なので、大人に気取られることなく、大広間を離脱。そわそわが最高潮に達しているワンコの元に行き、鎖を外してあげました。
親戚の家は田舎の上に、持ち山の中腹にあるため、周囲に人家がなく、散歩の時は、ワンコは縄をつけずに、山を走らせてます。大喜びで山の開けた野原にダッシュするワンコ。私が脱走したことに気づいた弟たちも、ニンジャソウルを炸裂させて、大広間から大脱走。
脱走時に、ワンコが遊ぶ用のテニスボールを玄関から失敬し、私と合流しました。

ボール大好きなワンコは、当時野球クラブに所属していた弟にボールを投げてもらうのが大好きで、走っている最中に見つけて銜えていた木の枝を放り投げて、弟にボール投げて欲しいと催促しはじめました。
しかし、走り回った振動で、とってもウンピッピがしたくなったらしく、情けない顔しながら、地面の匂いを嗅ぎつつ、その場をぐるぐると廻りだし、腰を落としてウンピッピの体勢→いや、ここはウンピッピの場所じゃないと、再びひねり出す場所を捜索→腰を落としてウンピッピの体勢を繰り返しながら、原っぱの隅へ隅へ移動していき、最終的に、茂みの深いところで、ふんばりはじめました。

ワンコってどうして、ウンピッピするときに、あんなに切ない顔をするんでしょうか。茂みから覗くワンコの切ない顔を眺めていると、弟がこんな提案をしてきました。

「ワンコの奴、ボール大好きだけど、今ボールを投げたらどうするんだろうね?」

"排泄"という生物の物理的な生理現象が勝るのか。
それとも、"狩猟"という生物の本能的なものが勝るのか。

私の返事を待たずに、弟がボールを投げたところ、ワンコは弾かれたように茂みの中から颯爽と走り出てきました。クソをしながら。
"排泄"という生物の物理的な生理現象が勝るのか。
それとも、"狩猟"という生物の本能的なものが勝るのか。
両方否!
奴は生理現象にも、本能にも負けている。

弟は地域一の強肩であり、ボールは遠く遠くに飛んでいます。ワンコはクソをばら撒きながら原っぱを横断。その横顔は、とても幸せそうでした。ふざけんな。
その時ちょうど、説法が終わって家を出るところだったお坊さんと、見送りのために外に出ていた大人一同が、私たちが悲鳴を聞いて原っぱの様子を見に来てしまいました。そこには、クソを出しながら満面の笑みでボールを追いかける大型犬と、「地面とクソの区別がつかん!踏むかもしれん!!」と叫びながら、爪先立ちでその場から脱出を試みるアホの子三人(私と弟と妹)の姿がありました。まさに地獄、いろんな意味で地獄。
それを見たお坊さんが大爆笑。
すごい良い声でお経を読むお坊さん(ゴールデンバットを愛する愛煙家)で、その笑い声が山に響き渡り、それに気づいたワンコが、ボールを銜えてクソしながらお坊さんに走り寄っていく。

お願い、やめて。
もう、やめて。

その後、みんなでゲラゲラ笑いながらお坊さんをお見送りし(お坊さんも笑いが止まらなかった)、ワンコのクソまみれとなった原っぱはしばらく使用禁止となり、別の原っぱでワンコと遊びなおしました。説法大脱出は許してもらえました。説法は大人のためにあるもので、子供は野山を駆け回ることが大切だとのお坊さんのご意向です。
それ以来、散歩中にワンコが切ない顔でウンピッピモードになった際は、ワンコの興味をひくような行動は絶対に取らなくなりました。だって、まさかウンピッピしながらボールを追い始めるとは思わないじゃない、おかしいと思いませんか、アナタ!?
そのワンコももう10年以上前に大往生しました。
変なワンコでしたが、愛嬌のある子でした。

コメント

歌乃ことみ♀(湊♂)
No.4 (2015/11/08 11:28)
爆笑!
そうなるのか・・・。
絶対にうちの犬にはさせませんw
だって拾うこっちが大変だから・・・。
見瑠人 (著者)
No.5 (2015/11/08 15:49)
>>kanameさん

ワンコとウンコの文字の違いが、「う」の点ひとつだけということに今気づきました。
これは、ワンコとウンコとウコンを見間違える時代が到来したかもしれんぞ!
小学生の子供たちは、みんな一律にアホの子だと思いますが、私たち姉弟はかなりのアホの子だったと自覚しておりますww
見瑠人 (著者)
No.6 (2015/11/08 15:55)
>>歌乃ことみ♀(湊♂)さん

他の子が、ウンピッピモードの時に、ボールを投げられたとき、どう行動するのか知りたいという願望はありますが、一般道や、公園とかではやらないほうがいいと思いますw
私有地でよかったです…。
雑草生い茂る原っぱで、地雷原(クソ)を爪先立ちで脱出するのが一番恐ろしかったです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事