麦のスカッシュを飲みながら人生

保護猫「つむじ」の取り扱い説明書

2016/10/19 17:17 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • 保護猫
  • ねこ
  • ネコ
( ´_ゝ`) 保護猫の名前は「つむじ」ちゃん。

そして以下、長文。
ある日、つむじ風のようにやってきて、引っ掻き回した彼女。いずれは、頭のつむじのように、渦を巻いて幸せそうに眠れる日々を過ごせるようにという意味をこめて、「つむじ」と名付けました。(ただし写真は渦巻いていない件)
里親さんから全権ゆだねられたので、命名させていただきましたよ。
二か月一緒に過ごしてわかったことを、里親さんに文書化して渡そうと考えています。その方が、彼女との距離も早くに縮まるかもしれませんし、つむじちゃんのストレスも軽減できると考えています。



<食に関して>

つむじちゃんは非常に食にこだわりがあるみたいです。色々と試してみましたが、ウェットフードはお嫌いなご様子。ドライフードも何種類か試してみましたが、日清ペットフードさんから発売されている「懐石2.dish/4.dish」しか食べません。
メインは、「懐石2.dish 海のおいしさ瀬戸内海の小魚ペア」です。
二種類のフードが小分けで入っているのですが、それを交互に食べさせて飽きさせないようにしています。

・「小魚とカニカマ添え」の中に入っているカニカマは、細かくちぎって与えないと吐き出して食べません。

・「小魚とかつお節添え」の中に入っている鰹節は、細かくちぎって与えないと吐き出して食べません。

ふたつのフードの中には、煮干しが入っているのですが、この煮干しも指ですりつぶすようにして、細かくしてあげないと口にしません。また、ドライフードの上に、CIAOさんから発売されているジェル状のおやつ「ちゅ~る」をソースのようにかけてあげて、ドライフードと少しあえてあげないと、軽くキレます。
CIAOさんの「ちゅ~る」ですが、これが大好物。味がたくさんありますが、「ちゅ~る」に関しては何味でも良いようです。ホタテが一番好みのようですね。我が家では、「懐石2.dish 海のおいしさ瀬戸内海の小魚ペア」をメインで与えていましたが、ここ最近、露骨に「これ、厭きたんだけど?」といってきます。
そのため、懐石シリーズの「懐石4.dish 瀬戸内海の小魚バラエティ」というものを臨時で与えます。これは、メインの「懐石2.dish 海のおいしさ瀬戸内海の小魚ペア」に、「小魚と有明のり添え」と「小魚とまぐろ節添え」の二種類が新たに加わったものです。
とにかく、瀬戸内海しか食わん。
そして、若干「小魚と有明のり添え」は苦手なご様子です。食えこの野郎。
あ、有明のりは指で細かくしてあげてください。

(ヽ''ω`) このように、食事管理がけっこう大変です。

また、置き餌することができません。
彼女は袋から出したばかりの新鮮なドライフードしか口にしません。故に、タイマー式の自動給餌機が必要な模様。しかし警戒心が強いため、慣れるまでに時間がかかり申すため、どのみちドライフードを置いておく必要もあります。
一回の食べる量が少ないため、少量を定期的に与えて対応していましたが、時々本人も自分で調整して食べていたので、自動給餌機の時間に合わせられると思います。
お腹がすいたというアピールは、「人の足にまとわりつきつつ、ねっとりとふくらはぎを舐めまわしながら、ソフト噛みんぐして悩まし気に鳴き声をあげる」というものです。こちらが大急ぎで食事の準備をはじめると、それを床に横たわって肩肘ついて見物しています。少し時間がかかりすぎると、強めに噛まれます。ありがとうございます。

(ヽ''ω`) これを二か月やり抜いたぜ

また、彼女が食べている最中、横に座って食事に付き合わなくてはいけません。付き合わないと、わざわざ呼びに来たりします。食事に満足した場合は、少し移動して、優雅に毛づくろいをします。そしてお腹いっぱいなのに激しく遊びに誘いはじめ、遊ぶと動きすぎてゲロ吐きます。
遊びたいと我儘を言い出しても、そこは無視してお腹を休めるように促しましょう。キレて噛まれますが、ご褒美だと思ってください。ありがとうございます。
水は、置き水してもそこから飲みますが、最近、流水の魔力にとり憑かれ、私を洗面台に誘導し、水を手酌で飲ませろと催促するようになったため、循環式の水置きピュアクリスタルの設置が望まれます。
みんな聞いてくれ、里親さんはつむじちゃんのために、全部揃えてくださっている。なのに噛まれる運命にあるのです。猫コワイ!猫 is GOD。So, Good!!

保護猫第一号もそうでしたが、食べ物にこだわる子はとってもこだわるし、保護猫第二号のように全然こだわらない子はなんでも食う。つむじちゃんは、とにかくCIAOのちゅ~るが大好きなので、里親のおっさんはちゅ~るを使って、つむじちゃんに「僕はお嬢ちゃんにちゅ~るあげる素敵なおじさんだよ?(変態チック)」と覚えてもらうと良いかもしれません。
ちゅ~る、めっちゃ消費するので、覚悟重点な?やりすぎも良くないので、猫との駆け引きが大事。

(ヽ''ω`) 大体こんな感じです。

遊びにもこだわりがあって、大変。
里親のおっさんは猫と遊んで痩せると思う。ありがとう&頑張れです。

コメント

PNGN
No.4 (2016/10/19 20:31)
これは完全に組織に目をつけられましたなあ
見瑠人 (著者)
No.5 (2016/10/19 23:12)
>>3 S-eiさん

動物を飼う覚悟はしていたのですが、猫の場合は、ある程度自立していて扱いやすいのでは?と思っていた時期が私にもありました。そんなことなかったです、確かに自立していますが、それは「あんた、私のご飯を今すぐ用意しなさいよ」とか「遊びたいの、早くして」という命令してくる意味での自立(マイペース)でした。個体の性格によると思いますが、この子は特にこう…命じてくるぅーーー!!

正直な話、私があのタイミングで保護しなかったら、今頃はつむじは死んでいたと思います。それを…それを理解しているんか、お前ぇぇぇぇぇぇえおおうおうおう!!?
この子はこの子の力で奇跡を起こしたのだと思っています、それだけ魅力がある子ですから、きっと今後もずっと幸せなはずです。
そう信じたいっす(´;ω;`)ブワッ
見瑠人 (著者)
No.6 (2016/10/19 23:16)
>>4 PNGNさん

やめて! NNNさん、もう我が家は無理です。
でも実は、実家で保護した猫が三匹というだけで、家族がそれぞれ保護して里親を見つけた子が追加二匹となり、合計五匹を里子に出している件について!! やばい!これは確実に目をつけられている気配漂う!!もし次に猫を保護することがあるのなら、それは私がペットOKの物件に引っ越ししたタイミングになりそうです。
恐ろしい組織ですよ…。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事