麦のスカッシュを飲みながら人生

美少女猫、保護二日目。

2016/09/04 07:49 投稿

コメント:10

  • タグ:
  • ねこ
  • ネコ
  • 子猫
  • 日記
皆さん、猫さんのこと心配だろうから、ちまちまですが報告しますね。

( ´_ゝ`) 獣医さんからいただいたフロントラインを投与。

これ、本当に大丈夫か?ちゃんといきわたるのか?
今日は動物病院お休みだけど、月曜日まで注意深く体調を観察するつもりです。保護当時は、低い段差も越えられないありさまで、ご飯もあまり食べれなかったのですが、昨日から徐々に食欲が出てきて、今日は朝から「早く飯をよこせこの野郎」の催促でした。
夜のうちにおしっこだけしていたみたいです。
うんこ様、うんこ様、おいでください。
月曜日までうんこ様がおいでにならなかった場合、動物病院&蚤がいなくなっているか確認しますが、長崎、台風直撃なので、月曜日無理かもわからんね。タイミングがいいのか悪いのかわからない;
にゃんこ的には、台風の前に保護されて良かったという部分もあるでしょうけど、肝心の動物病院が休院してちゃなぁ…。
お食事に夢中のところ、フロントラインを投与すると、「あんたアタシに何やったのよ?」という目で見られました。何もやってませんよ、そのままお食事をお続けください。(白目)

\なにやったのよ?/


昨日より明らかに元気になってますが、子猫にしては活動範囲が狭いというか、すごくどんくさい子です。画面左の水入れにハマってびっくりしてました。人がいるととても甘えるのですが、抱っこは嫌いで、大人が立ち上がるとひどく怯えて逃げ出します。ただ、座っていると、猛烈に甘えてきます。
で、フロントラインをやってわかったんですが、この子、ちょっと毛足が長いです。パッと見、体つきがしっかりしてるように見えるのは、ほぼ毛のせいで、体に触れるとアバラが浮いて、背骨もぼこぼこ出ており、骨と皮だけです。毛の密集率が非常に濃く、お尻の方に行くにつれて毛足が長くなっています。尻尾の付け根がふさふさで、先の方は短毛という、尻に長い毛が集中している謎の仕様です。

簡易猫部屋は、浴槽の中です。
保護直後は段ボールハウスの中でぐったりしていたのですが、今は浴槽から出たり入ったりして自由に動き回っています。目立った寄生虫もいないみたいです。蚤もびっしりというほどついてなかったので、フロントラインでいなくなってくれればなぁ。ただ、この子の毛の密集度が高すぎてちゃんと薬が投与できているか不安です。獣医さんに相談だね。
鼻水垂れてくしゃみをしていましたが、少しずつ改善されています。
ふらふらだった足取りもしっかりしてきており、このまま体力を少しずつ回復していきたいです。ウェットフードがお気に入りでドライフードと混ぜていても先に食べてしまうため、念入りに混ぜ込んで与えています。

猫部屋にひとりでいると、いるかいないかわからないぐらい静かで気配がない子で、警戒心はやや強いと思います。あとは慎重な性格なのか、初めての物には決して近づかず、長いこと様子見して安全かどうか確認してから調べに行くという感じですね。
人に慣れるのまでちょっと時間がかかるかな?
出来るだけ私の手元で、人に慣れるように可愛がらないといけません。

( ´_ゝ`) 幸せにしてあげないとね!

まだ心配事は尽きませんが、嫁入り前の支度は台風がすぎてからだな~。

コメント

見瑠人 (著者)
No.8 (2016/09/05 08:23)
>>7 エニグマさん

二日目にして、ようやく私の膝におずおずと乗ってきて、甘えながら寝るという行為をしてくれました。人が立ち上がると相変わらず身構えるんですが、紐遊びを数十分続けていると気にしなくなってきて、初日に比べるとだいぶ恐怖心の方が緩和しているみたいです。
とっても美人ですが、一歩間違えば今頃死んでいたと思います。台風が通り過ぎたばかりですが、動物病院やら保健所やらに連絡して、いろいろと相談しなきゃいけません。たぶん、私の手元でワクチンや各種健康チェックをクリアさせてから、保護団体さんに一時預かりをお願いする形が一番理想的かなー。さすがに、ワクチンも打っていないのに、一時預かりなんてお願いできませんし。
彼女にとってもっともよい状態を維持しなければいけませんね。
コンボイ司令官
No.9 (2016/09/05 21:40)
なにウンコしたらビシャーチャに投げつけよう


最近飼い猫がなくなって(享年22)寂しいぜよ(´・ω・`)
見瑠人 (著者)
No.10 (2016/09/06 00:22)
>>9 コンボイ司令官さん

>ウンコ

春告げ悪霊さん、まだお仕事じゃないのに、人間側から突撃されてウンコ投げられるとか、可哀想。(無表情)

>猫

(´・ω・`) oh...お悔やみ申し上げます。
しかし、22年とはなんと長生きであることか。きっと幸せだったに違いないです。里親さんのスケジュールを聞いて、それまでに、猫風邪と体重の増加、体力回復に努めようと思います。保護猫ちゃんも、長生きしてくれますように…。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事