la Bamba Rumba

2018夏アニメ~判断ポイントが深くて困る~(期末補記あり)

2018/08/15 15:52 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 2018夏アニメ
  • モールスP

 今期を見渡して思うのは、
・萌えのみ作品の終焉
 今期に始まったことじゃないですが、かつて萌えの代表格だったきらら枠すらシリアス寄りのスポ根路線に舵を切っていて、改めて実感します。
・切り/視聴継続の判断ポイントが深い
 1~3話で視聴を決めれる作品が減りました。5話くらいまで観ないと判断が難しいです。レビューアーとしては苦しいですが、一視聴者としてみると充実した内容の作品が増えて嬉しいです。どれだけ冒頭がキャッチーか、よりも期待を裏切らないことの方が大事だという考えが浸透したからなのでしょうか?
・ざーさん(花澤香奈)の活躍が目立つ
 BEATLESSの堤 美香、パンドーラのクイニー・ヨウ、Phantom in the Twilightのバイルー・トン、はたらく細胞の 赤血球、ハピシュガの松坂さとう、シュタゲゼロのまゆしぃ...演技の幅も増えて深化中で喜ばしい。

とまぁ雑感はこんなところで。ではレビュー行きましょう。

備考:
- 実際に視聴したものだけレビューを記載しています。
- 各枠内の記載順序は期待値順です。(とは言え今期もいずれも僅差。)
- 番組名後ろに視聴手段を記載しています。
- 数分~十数分のショートアニメは長さを分単位で記載しています。
- サムネにニコニコchか公式サイトへのリンクを設定しています。

(2019.05.05 完走したもののみ、事後レビュー追記)


■鉄板
 揺るぎないと思われるもの
オーバーロードIII(3期)ニコch//dアニメ/Netflix/Amazonプライム
 サービス終了したVRMMOに取り残された結果、変貌した異世界の中で、意思を持った配下のNPC達を、悪の大魔導士アインズ・ウール・ゴウンとして束ねることになったモモンガと、その部下たちの活躍を描いたダーク・ファンタジーの第三期。

脅威となりうる闇組織:八本指を、リ・エスティーゼ王国に恩を売りつつ、討滅することに成功したアインズは、配下の功労者たちを労う。だが主の命とあらば24時間働き続けることも厭わぬ彼らに、アインズは一計を案ずる。女性の階層守護者らには休暇を与え、男性の守護者らにも回覧板で一緒に入浴に誘うのだが....てな感じで始まります。

サラリーマンの感性と悪の組織の主としての責任の間で苦労する管理職コメディ、個性的且つ魅力的な部下たちの絡み合い、そして他勢力の思惑を如何に誘導して打ち砕くのかという展開が面白い作品です。今期は、拠点のナザリック地下大墳墓の東に位置する巨人族と、西の魔蛇が敵らしいです。どう関わり、どう平定するのか非常に楽しみです。

★★★★☆☆☆
作画/演出共に手が込んでいて納得の作品でした。ただ規定路線に乗っちゃってる感じが出て来て、少々目新しさには欠ける気も。早く次の展開が観たい。

♪OP:「VORACITY」/MYTH & ROID ダークファンタジーらしいデカダンス溢れる曲。

はねバド!ニコch(3日間)//dアニメ/Amazonプライム
 高校のバドミントン部を舞台に、競技に青春を燃やす女子部員二人を主人公にした、スポーツ根性もの。

全日本ジュニアバドミントン大会2回戦。新垣なぎさは、羽咲綾乃という選手と当たり、1点も取れずに負ける。翌年、北小町高校バドミントン部主将となったなぎさは、雪辱を晴らすため自他に厳しい練習を課すが、あまりの厳しさに他の部員は辞めていく。そんなある日、なぎさは、テニス部のコートに、宿敵:綾乃の姿を見つけ愕然とする....てな感じで始まります。

バドミントンに掛ける少女たちの情熱や想いがガチっと描かれ非常に熱いです。才能に恵まれつつも理由を失い辞めた綾乃と、才能の壁を努力で越えようとあがく なぎさの対比が良いです。彼女らを思う友人たちの情動を含め、試合シーン以外の描写も細かく引き込まれる良作です。

★★★★★☆☆
やはり試合描写が素晴らしかった作品。巨人の星の女子テニス版ですな。

バキ・最凶死刑囚編Netflix
 凶悪な死刑囚5人と、地下格闘技トーナメントの有力選手らが死闘を繰り広げる、格闘バトルもの。地上最強生物:範馬勇次郎、の息子:刃牙のトーナメントでの戦いを描いた「グラップラー刃牙」の続編。

日本中が謎の震えに襲われる中、刃牙は地下格闘技を仕切る徳川光成に呼び出され、驚くべき話を訊かされる。特殊設備に収監された凶悪な死刑囚5人がそれぞれ同じ言葉「敗北を知りたい」と言い残して脱獄し、一路東京を目指しているというのだ....てな感じで始まります。

脱獄死刑囚らの最凶最悪さをたっぷりと見せ、彼らを待ち受けるは先のトーナメントを勝ち抜いた猛者たち、という構図に期待が高まります。この期待を裏切らずに、だが予想外の方向から描く展開が秀悦です。作画も良く、原作と遜色ない描写で見応えがある作品。

★★★★★☆☆
原作のクオリティを維持したままアニメ化したところは凄い。しかし切れが悪いところで切るとは... 早急に続きを望みたい。

ちおちゃんの通学路ニコch//dアニメ/Netflix/Amazonプライム
 一介の女子高生が登下校中に遭遇する奇想天外な出来事を描いた、エクストリーム登校コメディ。

鮫島学園の1年:三谷裳ちおは、「中の下」を座右の銘とし目立たず無難に生きることをかかげたちょっと変わった女子高生。趣味は洋ゲーで、昨晩もゲームに熱中しすぎて寝坊してしまい遅刻のピンチに。いつもの近道を使おうとするが生憎工事中で、迂回路はとんだ遠回り。そんな時、ちおのゲーム脳が、「道路以外を移動すればショートカットできるんじゃね?」と閃き、行動に移すのだが....てな感じで始まります。

浅知恵や思い付きを即、実行に移す行動力溢れた「ちお」、彼女の悪友で並々ならぬ上昇志向を隠し持ち、その為なら手段を択ばないお調子者の「真奈菜」(まなな)、強面だが実は繊細で生真面目な暴走族のリーダー「安藤」等、個性的な登場人物が織り成す奇想天外なコメディが非常に楽しいです。主人公が、中の下を標榜しつつもカッコイイとかリア充への憧れを捨てきれない辺りに親近感を感じる作品。

ゆらぎ荘の幽奈さんニコch//dアニメ
 霊力を込めた拳で除霊を行う肉体派霊能力者の冬空コガラシは、霊媒体質のため、過去にデイトレーダーの霊に取りつかれた事があり多額の借金を背負いっていた。そのため普段は野宿ばかり。地縛霊を除霊したら家賃が只になるという噂を耳にしてゆらぎ荘にやって来る。だがゆらぎ荘は訳アリの女性ばかりの下宿アパートだった。闖入者として騒動になるが、大家さんの弁で幽霊部屋の入居者と判りひと段落する。その晩、件の幽霊を待ち構えるコガラシだったが、現れたのは壁から突き出た浴衣姿の尻だった....てな感じで始まります。

コメディとシリアス、ラッキースケベとバトルのバランスも良く、実に週刊少年ジャンプ掲載作品らしい作品。特に際立っているのは主人公コガラシの実直さ。ラッキースケベもハーレム展開もなんだか許せる。登場する女性キャラクターも皆可愛く、それでいて個性や深みがあって、観ていてほっこりする造りです。強烈に目立つタイプの作品ではないですが、安定した良作と思われます。

★★★★★★☆
爽快且つハートフルな展開が良かった。良く練られた良作。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術ニコch有料//dアニメ/Netflix/Amazonプライム
 コミュ症で引き籠りの坂本拓真は、MMORPGクロスレヴェリにのめり込み魔王ディアブロとして君臨するほどに強くなっていた。だがある夜、彼は気付くと、クロスレヴェリそっくりの異世界に、魔王ディアブロの姿で召喚されていた。召喚主は、傍らに居たエルフのシェラと豹人族のレムの二人の美少女らしい。どちらが召喚主か互いに言い争う二人を止めるため、拓真は魔王を演じて握手を命ずる。すると二人は強制的に握手させられ、首元に隷従の首輪が出現する。彼女らがディアブロに施した隷従魔法は、魔力反射の能力で反射され、二人がディアブロの奴隷になってしまったのだ。魔法の解除方法を探すため、二人の宿屋へ同行したディアブロだが、そこに魔術師協会の協会長セレスティーノが訪ねてきて...てな感じで始まります。

異世界転生ハーレムものとしては、恐ろしく出来が良く面白い作品。キャラクターの描写も細やかで、コメディ/ドラマとしても質は高い。主人公の能力も元々は、ゲームで培った努力の成果であり、それを仲間のために振るうので嫌味がない。ラッキースケベに遭遇しても根は小心なコミュ症なので、萌え死にそうになりながら魔王を演じており、むしろ楽しいコメディになっている。バトルシーンも一方的な俺ツェーではなく、「どうなるんだ?」という不安のある展開でなかなか魅せてくれます。案外、バランスの取れた神作なのでは?と予感が過る作品。

★★★★★★★
文句なし。なんというか1クールが凄く短く感じた作品。2期頼む。

はたらく細胞ニコch//dアニメ
 人体を構成する体細胞を擬人化し、人体の仕組みをコミカルに解説する教養コメディ。

人体各所に酸素や二酸化炭素を運搬する赤血球の新人(C.V:花澤香奈)は、まだ配送に不慣れで時々道に迷っていた。だがそこで進入してきた細菌に出くわす。襲われかけ、あわやというその時、白血球(好中球)に助けられる。細菌は倒され、仕事に戻る赤血球だったが、また道に迷ってしまう。迷い込んだ先でふたたび細菌に遭遇し逃げ出すのだが....てな感じで始まります。

細胞各種の性格や役割に見合ったキャラクターデザインとキャスティングが素晴らしい作品。何かと出会う白血球と赤血球の凸凹カップル、可愛い血小板の集団たち等、見どころも多いです。楽しく人体の仕組みを学び、また日頃の不摂生を省みさせられる良作です。

★★★★☆☆☆
キャスト/キャラデザは文句の付けようがなかったが、寿命や代わりがいくらでもいる細胞でラブコメ的シチュを作るのに少々無理を感じた。

働くお兄さん!の2!(2期)(4分)ニコch//dアニメ
茶トラ沢タピオとロシ原クエ彦の二匹が、色んな業種のバイトを遍歴するアルバイトコメディの二期。

大爆笑系ではないのだけど、ちょっとクスリと笑えたり、おぃ!と突っ込みたくなる投げっぱなしギャグがあったりで色々と楽しい作品。

兄に付ける薬はない!2-快把我哥帯走2-(12分)ニコch//dアニメ
 何事につけても横柄で横着な兄:時分(しーふん)と、乙女心を持ちながらも身体能力が異常に高く怒るととても狂暴な妹:時秒(しーみょう)の兄妹を主人公にしたギャグコメディの2期。

色々な意味で突き抜けたキャラクターが多く、突き抜けたオチも相まってなかなか面白い作品。作画も1期よりもこなれて来てて、どんな騒動を見せてくれるのか楽しみな作品。

★★★★★☆☆
短編ながら楽しませて貰いました。ただネタに偏りがあってもうちょい捻りが欲しかった気も。贅沢か。


■春からの継続枠
 春クールの内容から外れはないと思われるもの。中途から語っても仕方がないのでサックリと。

シュタインズ・ゲート ゼロ(2期後半クール)ニコch//dアニメ/Netflix
 秋葉原の貸し部屋を拠点に集う、とんでも科学ヲタクや、スーパーハッカー、レイヤー、未来人らが、タイムマシンを狙う悪の組織と戦う、タイムトラベルサスペンスの2期後半。

記憶喪失の少女の正体が判明し、ひと段落に思えた矢先、再び謎の失踪をする。手がかりを追う内、彼女が洗脳されていた事実が浮かび上がる。見えざる敵の脅威、果たして未来を変える選択を主人公はするのか....と期待と緊迫感が高まる展開です。

★★★★★★★
1期のここに繋がるかぁという展開で、感無量。大満足。

ペルソナ5 The Animation(後半クール)ニコch//dアニメ
 巨悪の中心人物の心の宮殿「パレス」に潜入し、妄執の核となる「お宝」を盗み出すことで改心させ、事件を解決する「ココロの怪盗団」のリーダーの少年が、逮捕後の聴取で語る回顧録形式の、冒険譚の後半。

いよいよメンバーも揃い、更なる巨悪に挑むといった展開で、益々面白い。

★★★★★★☆
なかなか怒涛の展開で面白かった。ただ後半クール+スペシャル回で完結なのでちょっとテンション保てなかった。一気見がお勧め。

あっくんとカノジョ(後半クール)(3.5分)ニコch/dアニメ
 ツンデレ彼氏:あっくんと、そんな彼を溺愛する良く出来た彼女:のん のちょっと変わった日常を描いたハートフル・ラブコメディの後半。

他の珍妙カップルの話も加わり、更に面白さ加速中。

★★★★★☆☆
小品ながら加速する面白さで印象深い。短いので忙しい人にもお勧め。

衛宮さんちの今日のご飯(13分)(毎月8日配信)ニコch//dアニメ
 Fate/Stay Nightの衛宮士郎を主人公にしたスピンアウト料理もの。元作品では悲惨な目に遭うキャラクター達が今期も幸せそうに、美味しい手料理に舌鼓を打ちます。

アットホーム感極まる作品。月に1度しか観れないのは待ち遠し過ぎるが、末永く続けてもらいたい作品。

★★★★★★★
この世界観で長編劇場版作ってくれよと思う程の作品。2018年の神。

信長の忍び~姉川・石山篇~(3期後半 #66~)(3.5分)ニコch//dアニメ
 信長と配下の武将たちと、他の敵対する勢力との戦いを、信長に仕える少女くのいち:千鳥の視点から描いた、史実に忠実だが笑えるショートギャグの続き。

いよいよ信長は、一向宗と対決。厳しい戦いだが果たして笑えるのか、非常に気になる作品。


■ピックアップ
 個人的な推し

ハイスコアガールNetflix
 得意なことはゲームの腕と知識だけな少年と、眉目秀麗、文武両道なお嬢様が、ゲーセンのレトロゲーをきっかけに知り合い、衝突しながらも打解けていくというノスタルジックなゲーム&ラブコメディ。

きちんとメーカーから許諾/協力を得た、そのまんまの懐ゲー画面もさることながら、当時の雰囲気をそのまま伝える少年の蘊蓄と、対照的に言葉少なに、視線や表情、仕草だけで心中を物語る少女との触れ合いが何とも胸に来る良作。

音楽少女ニコch//dアニメ
 音楽家の両親を持ちアイドル大好きな少女が、あるアイドルグループと出会った事で持ち前の才能を開花し、「アシスタント」として活躍する異色のアイドルもの。

鳴かず飛ばずのアイドルグループ「音楽少女」は、空港ロビーでのスポットライブと新メンバー発掘のための素人コンテストを開催する。音楽家の両親と渡航のため空港を訪れていた山田木はなこは、そのライブに熱中してしまう。ライブ後に音楽少女のメンバー達を称賛するはなこだったが、感動を語る身振り手振りでメンバーの難ダンスを完コピしてしまう。マネージャーの池橋と両親が旧知だったこともあり、その才能を見込まれ、コンテストのステージに上がるのだが....てな感じで始まります。

低予算系の作品ながら、つかみのある展開で一気に物語に引き込んでくれる、意外な良作。個々のキャラクターに対する愛情を感じさせる良ストーリーと、登場人物の感情や認識にスポットを当てた自然な演出とで、意外とほっこりさせられながら、楽しめる。アイドルの舞台裏:グラビア撮影や、衣装、化粧、メンタルなど意外と深い部分に踏み込んだストーリーも興味深い。作り手のアイドル愛を感じる、清涼感と深みのある良作。

★★★★★☆☆
作画的には厳しい回もあったのだが、なかなか斬新で意欲的なアプローチで何とか駆け抜けた作品。作り手の熱量が感じられる良い作品でした。

少女☆歌劇 レヴュースタァライトニコch(3日間)//dアニメ
 演劇学校の学園祭で上演される演目「スタァライト」の配役を巡って、毎夜密かに繰り広げられる少女達の演劇決闘「レヴュー」と、学園での日常が交錯する青春群像劇。

聖翔音楽学園に通う愛城 華恋(かれん)は、毎年開催される聖翔祭での演目「スタァライト」を目指して、他の生徒たちと共に練習に励んでいた。そこに黒髪の少女:神楽ひかりが転入してくる。彼女はかつて華恋と共に「スタァライト」の舞台に立つ事を約束し合った幼馴染だった。だが再会を喜ぶ華恋に対し、ひかりはつれない態度をとる。更に毎夜いずこかへ姿を消す。いぶかしんだ恋華が後をつけるが、見知らぬエレベーターを作動させてしまい、地下に移送される。そこでは、ひかりと他の演劇少女が舞台装置のような空間で激しく戦っていた。劣勢のひかりを救うべく、華恋は渦中へ飛び込むのだが...てな感じで始まります。

ともかく「レヴュー」のバトルシーンの作画が素晴らしく、そのためだけに観ても損はない作品。少女革命ウテナやユリ熊嵐に通じる作風で「レヴュー」の正体が何なのか明らかになる可能性は低いですが、互いに競い合う演劇少女達の心象風景を描いたものであると同時に、物語の制約を飛び越えた表演を可能にするメタ装置では?と推測されます。

個人的にはオネアミスの翼が思い出されます。東京タワーの赤鉄骨から建設中の発射台、乱舞する赤青白の衣装から終盤のシロツグと暗殺者のバトルが思い出されます。あのシーンも神作画であり多分リスペクトだと思われ。故に同等の期待感を持っています。

★★★★★☆☆
エンターテイメントとしては素晴らしいのだけど、振り返るとストーリーが曖昧にしか思い出せないw 考えるな感じろ!という作品。


■いろもの枠
 良い意味で突き抜けた作品

あそびあそばせニコch//dアニメ/Amazonプライム
 金髪碧眼ながら日本生まれ日本育ちで英語がさっぱりのオリヴィア、真面目な眼鏡っ子だがやはり英語ができない香住、資質には恵まれているものの貧相な発想と行動力が結びついて非リア充の華子ら三人が立ち上げた「あそび人研究会」を舞台にした、日常系シュールギャグもの。

日常の中のあそびを追求する美少女ものと思わせておいて、非日常的なシュールな絵が襲ってくるのが特徴の作品。文字で書くより絵で見せた方が早いので↓


嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい(5分)ニコch
 タイトルのまんまだが、そこそこ好意を抱かれている相手から言質を取り、信頼を対価に蔑意を買いながら下着を見せてもらうという、特殊なシチュエーションに特化した主観視点のフェティッシュ短編。

1話がメイドと主人で、2話以降、アイドルと古参のおっかけ、シスターと信者、巫女と若神主と、色んなシチュエーションが楽しめる作品w 正直、この企画を通した人たちの男気に敬意を表したい。見どころはおパンツではなく、会話の流れとヒロインの描写。ネタとしては下種なのだが、その細やかさにはちょっと感心する。昨今のラッキースケベ作品はこの辺りの描写が記号化されていて薄かったようにも思える。これを足掛かりに長編にも挑んでもらいたい。>制作様


じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~(3.5分)ニコch/Comic Festa Anime Zone
 ボロアパートの一階に住むフリーターの主人公と、天井が抜けて落ちて合体してしまった2階の女子と、元々好意を寄せていた大家さんとの間で始まる三角関係のエロコメディ。

先の「僧侶」以上に色即セクゥな作品。普通に考えるとあり得ないシチュエーションのエロがギャグとして機能していて、割とさらっと楽しめる小品。



■意外と面白そうな枠
 完走できる自信はないが、今のところ面白そうなもの。

プラネットウィズニコch(金12:00~土23:59)/dアニメ/Amazonプライム
 記憶喪失の謎の少年が、異星人組織:ネビュラの内、地球人を見守る「穏健派」に加担して、地球人を地球に封印しようとする「封印派」ならびに、反ネビュラ組織:グランドパラディンの能力者たちと戦う、ロボット風バトルSF。

二足歩行する猫のような生物:先生と、メイド姿の謎の少女:銀子と暮らす、高校生:黒井 宗矢は、転校してくる以前の記憶がない記憶喪失だったが、不自由は感じていなかった。
だが、ある日、不気味な巨大物体が世界中に出現し、その内1つが宗矢たちの住む街に向かって来る。空自の戦闘機が邀撃に向かうが、攻撃は無力化され、パイロットも洗脳光線で無力化されてしまう。
他の生徒たちと共に学校の体育館に避難させられた宗矢は、スマホのTV中継で、巨大物体に立ち向かう7人の能力者を目にする。そこへ銀子から連絡が入る。巨大物体ではなく、その七人を倒すため、開けた場所へ出ろというのだ...てな感じで始まります。

序盤、主人公の立ち位置が、悪なのか正義なのか、良く判らない状況から始まりますが、記憶を取り戻していく過程で、徐々にその辺りが解き明かされ、驚きの展開になります。
やや低年齢向けにも感じるコミカルな方向に振ったキャラクター/メカニックデザインですが、話やキャラクターの内面に噛み応えがあり俗悪なご都合展開はありません。先々の展開が楽しみな作品。

★★★★★★★
3話過ぎた辺りから、急速に面白くなった作品。少年ものとしては結構王道。それでいて単純な勧善懲悪でもない深さもあって、あなどれない作品でした。

中間管理録トネガワニコch//dアニメ
 帝愛グループの幹部:利根川 幸雄 を主人公にした、「カイジ」のスピンオフ。

利根川は、グループの黒服達を束ねる最高幹部の一人でありながら、悪魔的な暴君:兵藤会長の直下にいるため、間に立って苦慮する実質、中間管理職。今日も会長に呼び出され「退屈」を紛らわせるための、人の本性を露わにする様な「死のゲーム」の企画を命じられる。
早速、利根川は、部下の黒服たちを集め、企画会議を開くのだが...てな感じで始まります。

従来のカイジシリーズと比べると、ギャグ&コメディが多くちょっと雰囲気が違います。権力者が同席すると会議でアイデアが出なくなるとか、サラリーマンあるあるな感じのエピソードが多く、ビジネス・ハウツー的な楽しみもある作品。

♪ ED「隠岐手紙」/竹原ピストル 殺伐とした世界を生き抜く男の雰囲気が滲む良曲。


Phantom in the Twilightニコch//dアニメ
 ロンドンを舞台に、強力な道士の血を引く少女が、曾祖母に縁のある人外(=アンブラ)達と出会い、アンブラの組織:トワイライツの一員として、血に秘められた力を狙う謎の組織と戦う、乙女系伝奇バトルもの。

 親友ムー・シンヤオと共に英国の大学に留学することになったバイルー・トン。だが到着早々、見えざる何者かにスーツケースを引ったくられてしまう。後を追うも見失い、道にも迷ってしまったトンは、曾祖母リーシャンに教わった失せもの探しのまじないを試す。式を仕込んだ紙飛行機に導かれたトンは、喫茶店:カフェ・フォービドンの秘密の部屋に辿り着く。そこに居たのは奇妙な立ち振る舞いの4人の男たちだった....てな感じで始まります。

乙女系作品は、薄っぺらいイケメンキャラばかりだと素通りするところなのですが、本作は男女ともにキャラに厚みがあって、(ラブ)コメディとして十分楽しい作品。

好奇心旺盛でちょっとドジっ子のヒロイン:トンを演じるは花澤香奈で鉄板ですし、サブヒロイン:シンヤオも、受け身ながら芯の強い部分も垣間見せるなど、女性キャラの描写も充実していて、男でも楽しめそうです。男キャラの方も、ニヒルな二枚目を気取るが実は三枚目のバンパイア、普段は寡黙で折り目正しいが暴走すると最凶なキョンシー、ちょいワルジゴロだがブラコンの狼男、一番頼りなさげだが実は一番有能なゴーストと、意外性のあるキャラばかりで、掛け合いのコメディも楽しいです。

★★★★☆☆☆
割と古典的な展開の作品でしたが、原作(ゲーム)愛の感じられる演出で最後まで観れました。途中から出てくる敵キャラのヘルシングが良いキャラ。

アンゴルモア 元寇合戦記ニコch有料/Amazonプライム
 対馬に流された元鎌倉武士の青年が、他の流刑囚や御家人らと共に、圧倒的戦力の蒙古(元)軍と戦う様を描いたサバイバル・バトルアクション。元寇(文永の役)を記した八幡愚童訓を元にしたコミックが原作。

鎌倉武士:朽井 迅三郎は、ある罪で対馬へ島流しの刑にされる。同じく流された海賊の首領:鬼剛丸(おにたけまる)他と共に、移送中に起きた流刑囚の反乱を収め、島に渡り切る。意外な事に、島では迅三郎らは流人とは思えない歓待を受ける。実は蒙古の襲来が予見されており、対馬はその進路上の最前線だった。つまり防衛戦力として流されたのだった。対馬を治める宗 助国(そう すけくに)の娘、輝日姫(てるひひめ)は、迅三郎らに対し、罪人としての死罪か、島を守っての死かの二択を迫るが....てな感じで始まります。

主人公:迅三郎の男気溢れる立ち振る舞いが熱い作品。源義経の流れを組む流派:義経流(ぎけいりゅう)の遣い手でもあり、剣技と戦術/戦略の冴えがなかなか見ごたえあります。あと序盤ツンツンしている輝日姫がけっこうチョロインだったりとそっちも楽しいです。脇に控える他の流人たちも何やら特技がありそうで、どんな活躍を見せてくれるか楽しみです。状況的は圧倒的に多勢に無勢ですが、そこをどう立ち回り、どう戦っていくのか先の展開が気になる作品。

絵面を古美仕上げするために掛けられたフィルターが、レンズに張った油膜の様に見えて少々見辛いのと、迅三郎が時々別人に見える作画の荒れが若干ありますが、話の本筋は面白いのでそこは目を瞑りたいです。

★★★★☆☆☆
内容的には骨太で好きな作品ですが、展開と裏腹に作画が厳しいところがあってそこだけが残念でした。

ぐらんぶるAmazonプライム
 伊豆のダイビングショップを舞台に、酒と男の裸が躍るギャグ&ラブ・コメディ。一応ダイビングものでもあり、別名「汚いあまんちゅ」。だが(めったに潜らないが)ダイビングに関しては「あまんちゅ」にも引けはとらない真摯な作品で、全くの汚名とも言える。

 伊豆大学への進学を機に、叔父の営むダイビングショップ「GranBlue」に居候することになった伊織は、新たな生活に期待を膨らませるが、叔父に呼ばれ店の一階に入るとそこには野球拳に興じる屈強な男たちの一団が居た。驚いて逃走する伊織だったが、部員獲得を狙うダイビング部の先輩:時田と寿に確保され飲み会に参加させられる。結局、伊織も酔った勢いで野球拳に興じることになり、パン一の姿になるが、そこに従妹の古手川 千沙が帰宅して来て...てな感じで始まります。

飲酒&脱衣ギャグと(ラブ)コメディのバランスが良い作品。一見すると前者のインパクトが強く、それ一色に思われがちですが、意外と人物描写は細かく、各キャラの心根の部分の意外性がが程よいコントラストとなっていて、観ると陽気な気分にさせてくれる思わぬ良作。


はるかなレシーブニコch//dアニメ/Amazonプライム
 沖縄を舞台に、ビーチバレーを通じた少女たちの心の交流を描く、萌えるスポ根もの。

東京から沖縄に引っ越して来た遥は、南国の空気に期待を膨らませていた。空港でいとこのかなたに出迎えられ、祖母の家に着いた遥は、家の前に広がる沖縄の海に感動して駆け出す。そこでビーチバレーをする二人の少女に出会うのだが...てな感じで始まります。

きらら枠としては珍しく、シリアス/スポ根路線に振ったストーリーもの。日常描写もそれなりにはあるのだが、それよりは美少女の練習/競技中の肢体の描写に溢れる作品。燃えるスポ根ものというよりは萌エロ&スポ根ものといった感じである。悪くはないが、相互に引き立つ組み合わせではないので、はねバド!や異世界魔王の様に特化した作品と比較すると少々霞んだ感じ。

★★★☆☆☆☆
ビキニの尻が見せたかった訳ではないと思うのだが、それしか記憶に残らないw もう少しコンテ/演出考えようよと思う。

BANANA FISHAmazonプライム
 NYのストリート・ギャングを束ねる少年と、彼を取材するカメラマンのアシスタントとして訪れた日本人の少年の友情を描いた、麻薬犯罪サスペンス&バイオレンスアクション。

ゴルチネファミリーの子飼で、スラム街のストリートギャングを束ねるアッシュ・リンクスは、ある夜、撃たれた男を見つけ「バナナ・フィッシュ」という謎の言葉と謎の住所、銃弾型のペンダントを託される。男を撃ったのは、殺しを禁じていたはずの自分の配下だった。ゴルチネがアッシュの頭越しに命令したらしい。
「バナナフィッシュ」という言葉に聞き覚えがあったアッシュは、その謎を追い始める。
湾岸戦争から廃人同様の状態で帰還した兄:グリフィンが時折口にする言葉だったからだ。
そんな時アッシュは、自分を取材するため訪れた日本人カメラマン:伊部と彼のアシスタント:奥村 英二と出会う。同じくらいの年頃の方が本音を取材し易いだろうという伊部の計らいで、アッシュに同行する英二だったが...てな感じで始まります。

ヘヴィなドラマとアクションが詰まった見ごたえある作品。時代設定は今風にリメイクされていて、原作にあるベトナム戦争後の米国で渦巻いていた闇のインパクトはないけれど、作画/演出ともにスピーディで、良く出来た洋ドラを観る感じに楽しめる作品。


Free! -Dive to the Future-(3期)ニコch//dアニメ
 水泳競技に情熱を燃やす選手たちの青春をえがいた競泳もの。第三期/大学編。

大学に進学した遥は、かつて中学時代同じリレー・チームにいた旭と再会する。同じく上京していた真琴も加わり、喫茶店で思い出話に花を咲かせる。今度こそ一緒に勝とうと約束していながら、様々な理由で解散したチーム、そして今ここにいないメンバー:郁也の事が話題に上る。郁也の連絡先は誰も知らなかったが、水泳を続けていればきっと会えると前を向く遥たち。
関東地区の新人戦では、遥と旭は同じレースに出場し競い合う事になった。数年ぶりのフリー100Mの対決は遥が制す。だがその泳ぎを観ていた一人の男が「郁也の劣化コピー」だとつぶやく。試合後談笑しながら帰路につく遥の目に飛び込んできたのは、郁也の姿だった....てな感じで始まります。

京アニの作品であり作画/演出は文句なし。個性的で友人想いのキャラばかりで嫌いではないのですが、登場キャラが男ばっかりで少々しんどい作品。とりあえず紅一点の江(ごう)ちゃん見たさに観てますw 出番多いと良いんですが...


京都寺町三条のホームズニコch//dアニメ/Amazonプライム
 目利きで推理力に優れた骨董屋の息子と、それなりに観る目のある女子大生の二人が古美術品にまつわる事件を解決していく、ミステリー&ラブコメ。

京都寺町三条にある骨董屋兼カフェ「蔵」、そこの店番を務めるのは店主の息子:家頭 清貴(やがしら きよたか)。目利きの冴えと抜群の記憶力/推理力、そして苗字の当て読みからホームズと呼ばれていた。そんな蔵に一人の女子大生:真城 葵(ましろ あおい)が二本の掛け軸を持ち込む。葵の話を訊くや家頭は、葵の素性をこともなく言い当てる。そんな家頭による掛け軸の鑑定結果は....てな感じで始まります。

美術/骨董に関する謎解きではなく、それらが絡んだ人間関係を解決していくのがメインの作品。遠恋の果てにフラれた葵の傷心に光明を与えるなど、女性心理に踏み込んだ事件が多く、女性向けの模様。これで家頭が、単にイケズで切れ者のイケメンなだけだったら観ないのだが、過去に彼女をNTRれた挙句、手ひどくフラれた過去があり、その悔しさを糧に推理力を開花させた節があるので、爆発しろと言われる処まで行けよと応援したくなる、ちょっと面白い作品。

★★★★☆☆☆
意外と楽しめた作品。ネチネチと贋作家の禿が絡んで来て途中から僧侶枠にw ただ主人公はイケズというよりヘタレの鈍チンという気が...


■視聴が進んでない枠
 切るところまでは行ってないのだが、何故か観れてないもの。

殺戮の天使ニコch有料/Amazonプライム
 自分を殺して欲しいと願う少女と、迷宮から脱出できたら殺してやると約束した殺人鬼とのコンビが、迷宮からの脱出のため、各階層の殺人鬼と戦うサイコサスペンス。

ビルの地下の最下層で目を覚ました少女:レイチェルは、記憶がないことに気が付く。とりあえずビルからの脱出を試みて彷徨う内に、包帯だらけで大鎌を持った殺人鬼ザックと出会う。何がそうさせるのかレイチェルは自分を殺して欲しいとザックに頼むが、彼はここから脱出できたら殺してやると答える。各階にいる殺人鬼は、自分の階層で標的を殺せば脱出できるという謎のルールが存在するらしいのだが、ザックは最初から絶望し死んだ目をしたレイチェルには興が乗らないらしい。二人は共に脱出するため、上層を目指すのだが....てな感じで始まります。

何故、レイチェルは自身を殺して欲しいと望むのかという謎。殺してもらうために生き延びならなければならないレイチェル、殺すために守らねばならないザック。行きがかりで結んだ約束から、矛盾を抱えることになった二人の関係の変化が気になる作品。ただ映像化にあたって23分の枠が必要だったのかは疑問。原作の4コマならではの軽妙な味わいが、ガチのサスペンス・ホラーに仕立て上げられる過程で何処かへ飛んでしまった様に感じる。


重新機パンドーラ(後半クール)Netflix
 量子ドライブの暴走で発生した進化フィールドにより異常進化を遂げた動植物モンスター:B.R.A.I(ブライ)と、人類の存亡をかけて戦うチーム:パンドーラの活躍を描いた戦隊ものの後半。

ネオ翔龍(しゃんろん)シティをたびたび襲っていたB.R.A.Iや、市長襲撃の実行犯はいずれも、市長であるセシルの一族に因縁を持つ男:Mr.ゴールドが裏で糸を引いていた。度重なる襲撃により機能の低下したネオ翔龍を、Mr.ゴールド自らが操る巨大なムカデ型のB.R.A.Iが襲う。B.R.A.I.は都市周辺の重要施設を破壊しつつ、奇妙な塔を建てて回る。目的は不明だが、その行動の法則性に気付いたレオンは、都市防衛の要である無極砲で迎え撃つ計画を立てるのだが...てな感じで続きます。

重厚なSF展開を期待させておいて、なんか妙な方向に話が転がるので、???と思っていたら実は戦隊ものでしたw 戦隊ものとして見ると、敵味方共に、個性的なキャラが溢れていて、割と楽しいのだが、最初の先入観を拭うのが一苦労です。

★★☆☆☆☆☆
1期OPの期待感と疾走感を悪い方向に裏切った作品。無性に、中華揚げ練り菓子をつまみに、ビバップとロゴスを観返したくなる。

ISLANDニコch有料//dアニメ/Netflix
 奇妙な因習を持つ離島:浦島に漂着した、自称タイムトラベラーの記憶喪失の青年が、因習や思い込みに縛られた三人の少女を解放してくというハートフルサスペンスSF?

 浦島の海岸で全裸で発見された青年:刹那。記憶にあるのは自身の名とタイムトラベラーとしての謎の使命だけ。第一発見者の夏蓮(かれん)の事情と機転により、本土送還を免れた刹那だったが、島中の人々はいずれも謎めいた閉鎖的な言動を取る。
夜の海岸に出た刹那は、そこで銀髪の少女と出会う。何故か刹那の口から「りんね?」と言葉が漏れる。確かにその少女の名は凛音だった....果たして少女と刹那の関係は?....てな感じで始まります。

それぞれの少女が抱える問題が明らかになり、それを刹那が周囲を動かして解決していく展開で、作画やキャラ描写も丁寧でそう悪くはないのですが、元々個別攻略型のギャルゲーの原作を順次攻略化してアニメ化したもので、中盤時点では話が何処へ向かっているのか良く判らないです。話の展開は、情報収集と論破で打開するパターンで、刹那のキャラデの既視感もあって「その因習、俺がぶち殺す」と言わんばかり。悪くはないんだが、ちょっとモヤっとする作品。


ハッピーシュガーライフAmazonプライム
 「愛を知らない」と自認する人当たりの良い美少女が、合意の上での拉致軟禁中の幼女との暮らしを守るため、それを脅かすクズ共を(時に物理的に)排除していくというメンヘラ・サイコホラー。

正露丸糖衣を水なしで噛み砕いて食したような味わいの作品。個人的には「苦すぎ」て駄目でしたが、主人公:松坂さとう(CV:花澤香奈)のあまあまな声が、背筋の凍るような殺伐としたトーンに変わるのは、一聴の価値はあります。


すのはら荘の管理人さんニコch有料dアニメ/Amazonプライム
 女性ばかりの下宿アパートに住むことになった美少女っぽい少年と年上のたゆんたゆんな大家さん、他の個性的な住人たちとの、日常系(ラブ)コメディ。

構図的にはみなみけ+おねショタと言った感じ。描写はそんなに悪くないが、ショタ趣味の女性向けの需要も満たそうとしているみたいで微妙に煮え切らない感じがする。のんのんびよりの様に、童心に立ち返らせてくれるような、情景あるいは行間があるともうちょい視聴が捗る気がするのだが...。単に属性がないってことですかね?


ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王ニコch//dアニメ
 赤い霧により周囲から隔絶された首都:東京を舞台に、英血(えいけつ)の器という能力で武装した能力者たちが、状況打開のため、封印=東京を破壊しようとする集団と、英血を根絶やしにしようとする集団の2つに分かれて戦う異能バトルもの。

キャストやアーティストの人選、カット数の多さからは並々ならぬ力の入れようが伝わるのだが、止め絵から動いた途端に崩れる作画と、二派対立のバトルへとご都合感丸出しで進むストーリーとで、なんか残念な塩梅になっている。

もうちょいアニメとゲームのメディアとしての属性の違いに配慮して作って欲しかった作品。何を欠くと駄作になるのかを知る良い反面教師にはなりそう。


百錬の覇王と聖約の戦乙女ニコch//dアニメ
 国家が未成立の過去世界に転移した少年が、スマホから得た歴史上の戦術や兵法を駆使して他部族と戦い、覇王を目指す、バトルファンタジー&ハーレムもの。

戦術、兵法といった理詰めの部分と、ご都合の極致のハーレム展開がかみ合わない作品。そのミスマッチも炎上商法的な目論見があっての事だとは思うのだが、相反する方向性故に物語としては中途半端な感じに。ある意味、萌えハーレム構築のため、ご都合街道をひた走ったスマホ太郎は潔かったと思わされる作品。



■未視聴
 観たいが、放映時期、その他の事情で観れていないもの。

Fate/EXTRA Last Encore イルステリアス天動説(8/1(水)~)(11話~最終話)Netflix
 月に発見された霊子コンピューター:ムーンセルオートマトン。その中に構築された仮想世界で聖杯戦争を戦う、マスター:岸浪ハクノとそのサーバント:セーバーの戦いを描いたファンタジーSFバトルもの。冬クールに放送されたFate/Extra Last Encore(後付けのサブタイはオブリトォス地動説)の続き(11話,12話,最終話)。

8/1から配信と言っている割に、Last encoreのエピソードが10話から増えず、どういうこと?みたいに思ってたら、「シーズン」をプルダウンメニューで切り替えないとリストに出てこないという仕様らしい。 やっとラダーを見つけた気分w

先の10話が最終話でも、俺たたENDとして満足できる出来だったので、さて何を魅せてくれるんだろうという期待がある。

★★★★★★☆
未回収だった伏線もきちっと畳んだEDで満足。丹下桜演ずるセイバーが出色の出来。SAOアリシのカーディナルが下方互換に感じる程。地味だが深みのある神作品。

BEATLESS -Final Stage-(9/1(水)~)(21話~)Amazonプライム
 人智を越えた超高度AIによって生み出されたアンドロイド:レイシア級hIEたち。そのプロトタイプにして最後の機体レイシアと行きがかりで契約し、オーナーとなった少年:遠藤アラト。だがレイシアの正体はhIEを越えたものだった。このままではアラトのチョロさで世界がやばい。少年は事態を収束し、適切な未来を手にすることができるのか?という内容で、冬~春クールに放送していたBEATLESSの未放送分。21話~最終話。

予算が足りなくて、定期的に総集編を差し挟み、作画演出がえらい出来で炎上しましたが、せめて有終の美を飾ってもらいたい作品。

★★★☆☆☆☆
最初っから3期分の予算を出して総集編なし2クールでやってたらもっとマシになっていただろうと思わずにはいられない。後半に山があり、世界観の描写にお金が必要なSF作品にも関わらず、予算の付け剥がしをやったスポンサーがアホ。水島精二監督は悪くないと思う。Netflixでリメイクしてくれませんかね?

つくもがみ貸しますNHK総合/F.O.D.(フジテレビオンデマンド)
 江戸 深川で、付喪神を貸し出す損料屋(レンタル屋):出雲屋を営む、お紅と清次の兄弟が、貸し出した付喪神が耳にした情報を元に、街で起こる様々な事件を解決していくというファンタジック・ミステリー。番宣PVを見る限りでは、作画も流麗でかなり期待できそうな作品.

ネット配信はFODのみ。単話購入は、\200/話、FODプレミアムは\888/月。
めぼしいFOD限定配信作は、他は春クールから続くゴールデンカムイくらいなので、期末に1か月だけFODプレミアムに加入して一気見しようかとか考え中。


ざんねんないきもの事典(5分)(8/6~ 月~金 9:50~)NHK Eテレ/NHKオンデマンド
 - 進化の袋小路に行き詰ってしまった動物たちの意外な姿を紹介する教養系ショートアニメ。原作書籍が書店で推されてたりするので、ご存知の方もおられるかも。

少ない描線ながら味のある描写でなかなか面白い。突然歌うよなミュージカル演出とかは個人的にはツボったw ナレーション/CVが玄田哲章/日高のり子とこちらも非常に味のあるキャスティング。



■定額視聴ガイド
 各配信ポータル別の個人的感想です。

・ニコニコ動画
- ニコch/ニコ生共に配信期間が一週間と制約はあるものの基本無料。
- 画質は低めだが、逆を言うと低ビットレートの選択肢が豊富なので、データ量を気にするモバイル視聴向き。
- KADOKAWAの噛んでいる作品は概ね配信される。
- オンリーワンな作品が配信されやすい。(例:けもフレ、月たわ、URAHARA、嫌パン、他)
- 一部有料配信のみの作品もあり(クール辺り 2~3作品)

dアニメストア ニコニコ支店 (\432/月)
- 過去にニコ動で配信された作品の大半が定額で視聴できる。
- ニコ動の有料配信は1話\200程度なので、月に2番組以上有料視聴するならこちらの方がお得。
- ニコch/ニコ生の無料配信期間の1週間縛りから解放される。
- ニコchのコメントも共有される様になった。
- 視聴履歴がなく、何を何話まで観たかはマイリスト/ブクマによる自己管理が必要。
- 配信リストがテキストのみで、新規開拓用途に向かない。
- 稀に、dアニメストア(本店)では配信されてるのにニコニコ支店では配信されない作品もある。(Lostorage coflicted WIXOSS等)

Amazonプライム (\400/月 or \3,900/年)
- 一部作品が「見放題」独占配信のため、ここでないと定額で観れないものもある。
(亜人ちゃんは語りたい、正解するカド、恋は雨上がりのように、キリングバイツ、ハクメイとミコチ、BEATLESS、今期だと、BANANA FISH、殺戮の天使、邪神ちゃんドロップキック、ハッピーシュガーライフ、ぐらんぶる)
- Amazonの定額配送サービスも兼ねているので、まずは配送料の年間の支払い額を確認してみるべき。(\2,000以下の買い物の、通常配送\400, お急ぎ便\500, 当日お急ぎ便\600)
- 次話が自動再生されるので一気観がスムーズ。
- 視聴履歴が記録されているので、何話まで観たか判り易い。

Netflix (SD:\702/月、HD:\1,026/月、HD/4K:\1,566/月)
- オリジナル作品/独占配信作が多く、ここでないと観れないものも多い。(DEVILMAN Crybaby, Violet Evergarden, ひそねとまそたん、重神機パンドーラ、Fate/Extra Last Encore等)
- 玉石混合ではあるが、製作費が多く見ごたえのある作品が多い。(LOST SONG, Back Street Girls -ゴクドルズ-),他
- 視聴履歴が記録されているので、何話まで観たか判り易い。
- OP/EDスキップ、次話再生が容易。

F.O.D (単話 \200, プレミアム \888/月)
- フジテレビ系列の過去作品がほぼ全て定額で視聴できる。
(Amazonプライムで配信されていたフジ系列作品はクールENDにプライムから外れる傾向あり)
- 独占配信作は多くない。(ゴールデンカムイ、つくもがみ貸しますくらい)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事