Planetside情報局

暗黙のルール

2021/03/04 11:20 投稿

  • タグ:
  • FPS
  • Planetside2
  • プラネットサイド2

原文



先週のアウトフィット大戦の試合期間中、コネリーサーバーでコミュニティ全体の注目を集めるようなひと悶着がありました。2つのアウトフィットがもう1つの対戦相手を倒そうと、停戦協定を結んだのです。停戦協定を結ぶことで、その2つのアウトフィットは協力して拠点を攻撃したり防衛していました。これは、反撃の可能性に怯えることのない、2対1の状況を作り出すのに有効でした。今回はこの件に関して公式の見解を述べます。

たしかに、ある程度の集中攻撃や同盟のようなものは1対1対1の仕様上、想定されうることであり(むしろ、そういう状況が生まれるが故に盛り上がることもあると思います)、各帝国が勝利のための行動をとることも想定の範囲内でした。参加チームがお互いに全く戦わない事態になると、それはトーナメント形式や、このゲーム自体の方向性に背いていると言えます。そのような状況があからさまにライブサーバーで生じるならば、それは我々の行動準則に則るとグリーフィング(嫌がらせや迷惑行為の類)と判断されます。普段のゲームプレイではある程度まで許容されることかもしれませんが、報酬が配布されるような厳格な形式では、イベントの公平性を保つためにもこの行動準則を皆様に真摯に受け止めてもらう必要があります。

将来的に、イベントの本旨に反するような行動は厳格に罰することになります。罰則に関する尺度は以下を含みますが、これに限定されるものではありません。

・進行中のアウトフィット大戦における順位や得点のポイントへのペナルティ

・進行中のシーズンへの当該アウトフィット、若しくは、そのメンバーの参加不可・報酬剥奪

・今後のアウトフィット大戦への参加不可

・当該アウトフィットリーダー若しくはメンバーの、メインゲームにおけるアカウント停止又はバン。

・当該アウトフィットの解散

第三者のために意図的にイベントを台無しにしようとするプレイヤーやアウトフィットが現れるのは当然の事であり、罰則の厳格さは違反の重大性と違反者の前歴に応じて決まるものとします。

最後になりますが、我々はこのイベントをプレイヤー、視聴者、キャスター、コミュニティ全体の皆様に楽しんでいただきたいと思っています。そのためにはプレイヤーの方々からのサポートが欠かせません。

この記事によって皆様の間で認識を共有できれば幸いです。

-Wrel, Lead Designer


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事