Planetside情報局

【Planetside2】3/12”エスカレーション”アップデート【PC】

2020/03/11 12:56 投稿

  • タグ:
  • FPS
  • Planetside2
  • プラネットサイド2

原文:https://forums.daybreakgames.com/ps2/index.php?threads/march-11-2020-escalation-pc-mega-update.253556/

日本時間3/12の1時より4時間ほどのメンテナンスが入ります。


「今回の好機は我々の祈りが神に通じた結果だ」
と言うしわがれた声は人間のものというよりは感情を持たない機械に近かった。

「その通りですね、上官。八時間以内に次のワームホールが開く見込みです。すでに全軍を招集させ、航海への準備はできています。」
とジョセリン・アコライトは若者らしい熱をもって答えた。

上官であるアラムスは物思いに耽っているかのようで静かにその場にとどまったままだった。
このまま上手くいけばこの世界を作った方々に我々の存在を知らしめることができるかもしれない。オーラキシスでのくだらないいざこざを過去のものにして、人間性に満ちた未来を切り広げよう。


エスカレーションの世界へようこそ。
 7年目を迎えるPlanetside2史上最も大きいアップデートの一つとなるであろうこの“エスカレーション”を皆さんのもとにお届けできて感極まっています。このゲームを始めたてでまだ慣れていない人も、あるいは一度離れていて戻ってきたベテランも、オーラキシスの戦場は歓迎します。
 “アウトフィット”という仕組みは別のゲームではよく“ギルド”や“クラン”と呼ばれるようなものにあたり、新兵をこのオーラキシスでの終わりの見えない厳しい戦況下に順応させるのに役立ち、また、このゲームを他のゲームと一線を画すような戦略的なものにしている要素であるため、このゲームの循環をになう中核となる存在だといえるでしょう。
 今回のアップデートでは、アウトフィットとそれを取り巻くコミュニティをさらに盛り上げることを目的として、1つは将来的に拡充し続けられるようなアウトフィット毎に使えるような武装の設定、もう1つは各アウトフィットが自分のサーバーで自分たちの実力を示せるような競技的な要素、これら2つの視点からオーラキシスの日々の戦いに新たな形をもたらすことにしました。


バスティオン艦隊
帝国の力と決意は、鋼鉄として具現化し砲撃として声となる。
バスティオン艦隊が軌道上から舞い降りて、オーラキシスの戦場を端から端までを戦火の渦に巻き込むことになるだろう。


・準備に要する資源と時間は多大なものではあるが、すべてのアウトフィットは戦場にこの巨大戦艦を呼び出すことができるようになる。

・バスティオンにはいくつかの迎撃用タレットが備わっている他、指定した箇所に爆撃をすることや迎撃用戦闘機の発進基地ともなり、さらにはアウトフィット全隊のリスポーン拠点として使うことができるようにもなる。

・この戦艦は1人の船長により操船され、船長は弱点を守りつつ力を最大限に発揮するために上手く操作しなくてはならない。

・バスティオンを使用するためにはアウトフィット全体が一丸となり、多大な量の資源を投入しなければならない。また、それぞれの帝国ごとに戦場に存在できるバスティオンの数は1つまでとなっている。

・さらに、自軍陣地の上空にいる限りEmpireStrengthを獲得するのに貢献することもできる。

バスティオンの呼び出し方
・それぞれのアウトフィットはバスティオンを構成するいくつかのパーツを自分たちのOutfit Armoryで作成することができる。作成には、後程詳しく言及するが、戦場で獲得することのできる資源が必要となる。
・時間と資源をかけ、個々のパーツが完成した場合、アウトフィットの中で特別な権限を与えられたメンバーのみが各帝国のワープゲートにあるBastion Uplink Terminalからバスティオンを呼び出すことが可能になる。



バスティオンの使い方
・F1~F10までのキーを押すことで、バスティオン内の好きな機銃席に座ることができる。

・F1で選択できる一番席はバスティオンの操舵をする人(以下船長)が乗る場所だが、他の席は全て機銃席となっている。それに加えて48人分の歩兵を載せることのできる席が搭載されている。

・船長がバスティオンを操縦するにはマップ上かミニマップ上で移動したい箇所にウェイポイントを指定しなくてはならない。地上砲火についても同様にウェイポイントで指定することになる。砲火等の指令を継続するためには船長は船長席に座り続ける必要がある。

・バスティオンには今のところ2種類の人が座れるタレットが備わっている。1つはガトリング式の対空/多目的のもの、もう1つは対地用のものとなっている。

・バスティオンから下船した人はみな、脱出用の装備と特殊な武装を持つ戦闘機に乗ることになる。

倒し方
・それぞれのバスティオンには合計で8か所の弱点が甲板と舟艇に配置されている。車両にダメージが入る武器ならばどんな武器でもその弱点にダメージを与えることができる。

・弱点は修理することはできないが、それぞれ全体力の4分の1の値を持つシールドがありそれは時間経過で自動回復する。

・全ての弱点破壊された時にその栄光に恥じぬように自壊する。

War AssetsとOutfit Armoryに関して(以下アセットとアーモリーとする)
今回のアップデートではこれまでのアウトフィットの画面が一新され、ESCで開けるメニュー画面の真ん中に新しいアウトフィット用の区画が用意された。まだアウトフィットに入っていない方の場合、このボタンを押すことでアウトフィットを検索する画面を開くことができる。アウトフィットにすでに入っている方には、いくつか新しく素晴らしいものをお披露目できると思う。


必要なときに空から車両が降ってきたらいいなあなんて思ったことはないかい?今回のアップデートではアウトフィット専用で使える新たな秘密兵器が登場する。戦況を変えたり、より戦略的に攻略したり、戦術性の幅を広げるのにぜひ活用してほしい。



アセットはアーモリーのページから戦場で獲得したアウトフィット共有の資源を用いることで作成することができる。いくつかのアセットを紹介すると…

・スティールレイン(Steal Rain)
:マップのどこにでも自分の文隊員全員をまとめて降下させることができる。

・スィタデル シールド(Citadel Shield)
:巨大な半球型の敵の弾を防ぐ泡を一定の範囲に展開することで進軍を助けたり防衛を堅牢にすることができる。

・アンヴィル(A.N.V.I.L)
:大きさに応じて特定の車両を救援物資として指定した場所に降下させることができる。防衛の強化や移動手段の確保として利用しよう。

・オービタルサテライトアップリンク(Orbital Satellite Uplink)
:好きな場所にオービタルストライクを落として敵の機甲部隊を壊滅させられる。

アセットを使用するには時間と資源が大量にかかるため、各アウトフィットのリーダーは特定のメンバーだけを指定してアセットを作成する特権やアセットを使用する許可を与えることができる。


それに加えて、それぞれのアウトフィットで構成員に与えられた役職に応じて何をすることができて何をすることができないかを細かく設定することが可能になる。それに伴い、これまでの役職の段階にさらに3段階の役職を設けられるように設定しなおした。



アウトフィット用資源を回収しよう
このアップデート以降マップ上で、各領地に応じた新しいアウトフィット用のリソースを確認することができるようになるだろう。この資源は3つの稀少度に分けられて、一番普遍的な資源の“オーラキシウム”、2番目に稀少な“シンシウム”、そして最も稀少な“ポリステラライト”が存在する。


拠点の占領時には必ず一定量のオーラキシウムを入手することが可能で、もしその拠点を自分のアウトフィットが占領した場合は占領している間中5分おきに一度資源が供給されることになる。
ここで重要となるのがいかに自分のアウトフィットが拠点の占領支配をできるかということである。なぜなら旗を立てることができた場合、資源一定時間ごとに獲得できるだけでなく、メルトダウンアラートが始まった際にはその獲得量が大幅に増えるからである。

・メルトダウンアラートを開始した帝国の支配下にある拠点では5倍もの資源を獲得できるようになる。

・また、メルトダウンアラートに勝利した帝国も、その支配下にあるそれぞれの拠点で5倍の資源を獲得できる。

・戦闘区域が限定されたアンステイブルメルトダウンでも同様にもらえる量が増えるが、5倍ではなく2倍となる。

・メルトダウンアラートが終わり、大陸がロックされた時点ですべての基地の所有権は破棄される。

また、アーモリーにおいてエクスペディション(以下、遠征)を作成することができる。これは、低稀少度の資源消費することで、しばらくした後に高稀少度の資源を獲得することができるというものである。

遠征はアーモリーで作成したうえで、サンクチュアリ内のNascentExpeditions(ナセントエクスペディション:遠征隊-若葉)から受注しなくてはならない。

サンクチュアリに関して
ネナイトシステムは喜んで皆様をサンクチュアリに歓迎いたします。ここは戦争につかれた方々の家であり、交易の場であり、そして未来の探訪と拡大のための足掛かりとなる場所であります。サンクチュアリにいる間は、全ての帝国とその忠誠的な兵士たちが同じ場所を共有することになります。武器の使用やダメージの類は一切禁じられています。


区画について
今のところサンクチュアリは大きく“Atrium:大広間”と“Central Operations:中心制御室”2つの主要な区域に分かれている。

・大広間は大きく開けた空間でオーラキシスの世界をとそのさらに先を展望できる。その中心にはいくつかの商店や交易所などが様々なサービスが存在している。

・上階にはネナイトシステムの社員によって運営される中心制御室があり、サンクチュアリ衛星での様々な日々の仕事が統制されている。



商店に関して
様々な商人や販売員がサンクチュアリには乗船している。

レア武器や装備の購入
向かって左側の商店では、商人のスパーク33氏に話しかけ、新しいゲーム内通貨であるA7を使用することによてってアイテムを購入することが可能。




ワールド全体を通じてプレイヤーは隠されているちりばめられたデータを見つけることができるようになる。これらを発見し解読することで通貨であるA7を獲得することができる。
また、メルトダウンアラートに参加することでもA7は獲得可能。その獲得量は他の資源同様アラートに参加した時間が長いほど多くなり、勝利した帝国ではさらに多くの通貨が手に入るので懸命に戦うように。



アウトフィット用資源の交易と遠征資源の回収について
正面、真ん中の商店では遠征隊代表と遠征企画員に話しかけることができ、この2人とはアウトフィット用資源を用いた交易をすることができる。



遠征隊代表に話しかけることで、特定の稀少度のアウトフィット用資源を別の稀少度の資源と交換することができる。
遠征企画員は遠征の完了をアウトフィットに伝えるとともに、その遠征により獲得できた資源をアウトフィットに付与する。

アウトフィットに入ってアウトフィット用装備や装飾、ブーストを購入しよう
正面右の店では“Outfit Recruiter:アウトフィット紹介業者”と“Outfit Quartermaster:アウトフィット備品係将校”がおり、それぞれ“ロイヤリティ”“メリットと呼ばれるA7とは別の通貨とアウトフィット用の装備などを交換してくれます。



アウトフィットに入っている場合、プレイヤーはアウトフィットの他のメンバー一緒に拠点を占領したり防衛したりすることで、ロイヤリティを獲得することができる。
(ただし、敵の数があまりにも少なすぎる場合には獲得されないので注意)
ロイヤリティはバトルランクのようなものとして機能し、時間経過とともに増えていくがA7などの通貨のように消費されることはない。ロイヤリティが高くなればなるほどアウトフィット備品係将校が取り扱う品物も増えていく。ロイヤリティは一定時間アウトフィットとして活動しないことで減少していくので定期的にアウトフィット単位で遊ぶことを忘れないように。


ロイヤリティの他に、アウトフィットのメンバーと遊ぶことでメリットと呼ばれる通貨も獲得することができる。これも拠点の防衛や占領をアウトフィット員とともに行うことで獲得され、アウトフィット備品係将校の取り扱う商品のブーストや装備、装飾などと交換する通貨として機能する。

アウトフィット大戦
ここ数か月の間、ごく小規模でつかの間だけ現れるワームホールがオーラキシスの惑星周辺でわずかに観測され始めている。時がたつにつれ、その出現する時間や場所が同に予測可能になってきたため、各帝国は遠征隊を組み探索をしたいという誘惑に駆られ、その向こう側に何が隠されているのかを探索し暴きたいという情熱を燃やし始めた。

新しく設立されたディソレーションと呼ばれる場所でアウトフィット同士で競い合う新たなイベントに参加できるようになる。ディソレーションは古のVanuの方尖塔を隠すように存在する小惑星帯の中心であり、オーラキシスとはかけ離れた場所に位置する。



このイベントは毎月一度行われ、各サーバーにおいて影響力のあるアウトフィットにより3帝国の小規模な大戦が行われる。各イベントは毎回、招集、審査、準備、本戦の4段階を経て進行することになる。



申請段階(Enlist)
・Enlistment(申請)段階ではポイントの集計が開始される次段階である資格段階に参加するかどうかを決めることができる。
・申請段階ではそれほど大きな資源量は必要なく、ある程度量確保できた場合次の段階へ進める。

審査段階(Qualify)
・この段階が始まると、参加したすべてのアウトフィットは拠点の占領などを通じてポイントを稼ぎ、スコアボードの得点を競い合うこととなる。
・この時、スコアボードの上位に名前の挙がったアウトフィットのみ本戦へと出場し、同じように選ばれた他帝国の代表アウトフィットと戦うこととなる。
・代表として選ばれるアウトフィットには3つのティアーがあり、それぞれ上からゴールドシルバーブロンズというように分けられる。すなわち、各帝国から3アウトフィットずつ、計9つのアウトフィットが本戦へ参加することができるということ。

準備段階(Prepare)
・準備段階では本選参加資格を得たアウトフィットが自分のアウトフィット団員を集め、本戦へ向けてアセットなどを作成するための時間となる。
(たしか、配信ではこの期間中に本当に本戦へ出場するかを決めることができるとも言っていたはず。なので、どうしても人数がそろわなかったら棄権することもできると思います。)

本戦段階(Compare)
・この段階に入ると本選参加資格のあるアウトフィットのプレイヤーはアウトフィットメニューのアウトフィット大戦のUIウィンドウからディソレーションに入ることができるようになる。また、ワールドマップからも入場可能。
・その後、ディソレーションでアラートが開始され、それぞれのアウトフィットはできるだけ多くの拠点を占領し領地を広げるように競い合う。この時、占領数に基づいて時間経過とともにポイントが加算されていく。
・最も点数を稼いだ帝国か500ポイント先取した帝国の勝利となり、勝利したチームは追加の資源と報酬、それから自分の帝国への栄光を得ることができる。
(配信ではいずれサンクチュアリ内に優勝アウトフィットの名前などが表示されるようになるとか言っていたので、優勝すると自分たちの栄光を周知できるということだと思います。)

EmpireStrengthと大陸の仕組みに関して
よりマップをうまく使ったゲーム進行ができるように、既存の大陸ごとに起きるイベントから離れ、大陸制覇の過程としてEmpireStrengthが機能するように全体的な見直しをした。
ライブサーバーでの動向を見て、いずれまた、何かしらのイベントを復刻させることがあるかしれないけれども、現段階ではよりマップとそれぞれの拠点に焦点を当てたゲーム進行の流れを作ることに専念しようと思う。

・エアリアルアノマリーやマックスプレッシャーなどイベントは全てなくなる。

・41%大陸を占領することでEmpireStrengthポイントが5加算される。

・44%大陸を占領することでさらに5ポイント追加され、48%・52%・56%・60%ごとにも同様に5ポイントずつ加算される。

・バスティオンが占領区域に出現している間、ポイントが加算されていき最大で15ポイントまで入手することが可能。おおまかには17分間バスティオンを維持できればこの数字にたどり着くことができる。また、バスティオンが破壊されたとしてもそれまでに稼いだポイントは保持される。

・エサミアのEisaテックプラントを獲得した際のポイントは30ポイントから25ポイントへ引き下げられる。

・アメリッシュのアセントをのポイントは15から25に引き上げられる。

・同様にインダーのクラウンも15から25へと引き上げられる。



その他
・クリティカルチェインの効果が無限に続くバグの修正。

・MAXの足音がおかしくなっていたのの修正。

・ジャベリンのNESTランチャーが新しい音になった。

・バイオラボの気温管理装置が治り、雪解けが訪れた。

・クロークしたままのインフィルトレーターや車両がポイントを占領することはできなくなった。

・草を打った時に適切な弾の着弾パーティクルが表示されるようになった。

・ファルコンの弾道の煙が夜間に白く発光することはなくなった。

・歩兵用用銃の先端から出る煙は控えめになった。

・薬莢の大きさが少し小さくなった。

・High以上の設定でMAXの武器のまずるフラッシュが武器の先端の上に表示されていたバグの修正。

・インダーでの吹き上げられる粉塵は高めの画質設定でしか言えなくなり、全体的に大きさと不透明度が下がった。

・弾の着弾や爆発が終わった後に、数秒間光が残り続けていたバグの修正。

・一人称視点で個人のシールドに着弾したときのパーティクルが司会を妨げることはなくなった。

・炎上時のエフェクトが最適化された。

・拠点制圧時のFXが最適化された。

・ジェットパックのパーティクルが一人称視点でも見えていたのの修正。

・メディックのShield Recharging Field の中のスモークは明るさが引き下げられた。

・ゲーム内それぞれの通貨や資源に関してマウスを重ねるとどのようにして獲得できるかやその上限などを教えてくれる説明文が出るようになった。

・HUDの体力表示などをフレームレートを上げるために最適化した。

・フレイルのアイコンを正しいものに置き換えた。

・全大陸のいくつかのアンプステーションでマップ上やミニマップ上におかしな青い資格が表示されていたバグの修正。

・しばらくの間チュートリアルはなくなった。

・ライブサーバーで最も頻発していた物理的なクラッシュの改善。

・1大陸における人口差による人口制限はこれまで少人数用に調整されていたので、少し緩和し引き上げられた。

これからについて
ごきげんよう!!!やっとここまでこぎつけることができたという感じで、同時にいろんなことが起きすぎて困惑してるんじゃないでしょうか。ようやく我々新チームの多大な積み重ねと努力の結晶である最高峰のエスカレーションアップデートを皆様にお届けすることができます。このアップデートを売り込もうと頑張った宣伝は我々の予想以上に上手くいって、かつ、このアップデートと我々新チームを多方面に伝道してくれたコミュニティの手助けは我々が望んだ以上のものでした。エスカレーションはこのゲームの現状を改善するためだけでなく、我々の新しいチームとしての可能性や希望をみなさまにお伝えするという点でも非常に重要なものなのです。お気づきの通り、ここ最近は今までにないほど、コミュニティ全体と意思の疎通を図り、何に取り組んでいるのかやどんな問題が生じているのかについてもより鮮明に公開し、テストサーバーやテストのためのコミュニティの有志のチームを利用させてもらいました。我々運営はプラネットサイド2に全身全霊を注ぎたいと考えていて、これから先にもその考えをみなさまにより良いコンテンツをお届けするという形で証明していく所存であります。そのために、既存のバグや宙ぶらりんになっている要素を見直して修正を加えたり、今回のような大規模な変更をなるべたくさん導入してきたいと思います。そうすることで、その時々で何を遊んでいたとしても、みなさまに我々が目指すところを適宜確認していただけるようになると思います。今月末か来月初めの配信でまた今後のことに関してはお話ししようと思います。それまで、遊んでいただけることに心より感謝しますと共に、ぜひエスカレーションを楽しんでもらえるよう心より願っています!
-Wrel, Lead Designer



筆者からの一言
ようやく待ちに待ったエスカレーションが来たという感じですね。個人的にはソロで遊ぶことが多いのであんまり関係ないのかなーとか思いながらみてたりします。
うれしいことと言えばMAXアラートが消えてくれたことが一番朗報でしたね。もう二度と同じ轍は踏まないでほしい。あとはしゃがみインフがポイントをぬれなくなったのもありがたい。ストレスとなる要素が消えてくれてうれしい限りです。
エスカレーションの話に戻るならば、日本人はどうするんでしょうかね?今のところ活動的な日本のアウトフィットってのは48人もそろえられるところは一つもないと思うので静観するしかないんですかね。潜在的には48人以上日本人プレイヤーはいると思いますが、それこそ帝国をまたいで一致団結して日本人コミュニティを作るくらいじゃないと集まらないような気もしますね。各勢力から12人ずつ集めて、あとはその友達4人ずつ連れてくれば48人にはなる計算なので集めようと思ったら集まりそうですけどね。
それぞれ、日本人の各陣営で動きはあるみたいですが果たしてまとまれるのでしょうか。一応自分の方でも動いてみようといろいろしていますが、同時にあれこれしても分散するだけなので一応1か月くらいは様子見かなあと思ってます。その間にまとまれたら御の字ですね。
せっかくの新しい要素なので、これまでの諍いや争いを忘れて日本人として団結してソルテックに一泡吹かせてやりたいなとは思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事